現代日本文学

宇佐見りん『かか』の感想!内容&評価と見どころまとめ

この記事では『かか』の簡単なあらすじ・感想・評価をまとめている。『かか』は20歳の若さで第56回文藝賞を受賞した宇佐見りんさんの作品。方言と口語が混じる特有の文体と、様々な人間の「痛み」が見どころだ。

川上未映子『乳と卵』の感想と見どころ解説!豊胸手術と月経の苦...

この記事では『乳と卵』のあらすじ・解説・感想をまとめた。この物語は「乳」の問題に悩む母親の巻子と、「卵」の問題に悩む娘の緑子の様子が、川上未映子さん特有の大阪弁口語調で描かれている。第138回芥川賞受賞作でもあり、『夏物語』の下敷きとなっている作品でもある。

川上未映子『夏物語」の内容紹介と感想!『乳と卵』をさらに掘り...

2019年で一番力のある作品に出会った。この記事では『夏物語』の内容紹介と感想をまとめている。作品は二部構成。第一部は『乳と卵』に手を加えてボリュームアップしたものが、第二部ではそれから八年後の新たな物語が描かれる。

【感想】『そして、バトンは渡された』人生をそのまま受け止める...

『そして、バトンは渡された』のあらすじ・紹介 森宮優子は3人の父と2人の母を持つ女の子だ。 何度も名字が変わり、高校生の今では、血の繋がっていない「森宮さん」と一緒に暮らしている。 けれども彼女は明る ...

町屋良平『1R1分34秒』のあらすじ・感想・見どころ紹介!勝...

この記事では町屋良平さんの『1R1分34秒』のあらすじ・見どころ・感想を書いています。読んだ人には物語の解説にもなっているので、ぜひ参考にしてみて下さい。世の中上手くいく人もいれば、上手くいかない人もいる。勝利と敗北に伴う人間心理を描いた、第160回芥川賞受賞作です。

『むらさきのスカートの女』スカートとストーカーとカースト

ここでは『むらさきのスカートの女』の感想・考察をまとめています。ネタバレなしの解説なので、未読の方も既読の方も楽しめます。意味・内容がよく分からなかったと思った方はぜひ参考にしてみて下さい。

川上弘美『某』の感想・内容紹介!名前を持たない者達が紡ぐ異色...

この記事では川上弘美さんの『某』の感想と、内容・みどころ紹介をしています。アイデンティティや生と死がテーマとなっている物語で、僕としてはかなり読み応えのある作品でした。SF的な世界観のなかに川上弘美さんらしい空気感もあって、心地よく面白い小説です。

サムネイル画像

見どころポイントはここ!又吉直樹『人間』の感想・内容&評価

ここでは又吉直樹作『人間』の感想と見どころをネタバレなしでまとめています。『火花』『劇場』に次ぐ三作目の超大作でかなり面白い。今までにはない「個」のエグり方で人間の本性に迫っています。

サムネイル

小説『劇場』の見どころは?ネタバレなしで作品のポイントと感想...

又吉直樹『劇場』は、ダメな主人公・永田と健気な優しさを持つ年下の沙希。二人の恋愛を描いた物語です。ここでは『劇場』の見どころポイントと感想を書いています。ネタバレなしなので、これから読もうと思っている方にもおすすめです。それではみていきましょう。

サムネイル画像

又吉直樹の「小説じゃない」おすすめ本5選!俳句・エッセイ本ま...

又吉直樹さんは、芥川賞を受賞した小説『火花』をはじめ、俳句・エッセイなど多岐にわたる文筆活動をしています。ここでは、そんな又吉さんの「小説以外のジャンル」から、魅力溢れる本を5冊紹介していきたいと思います。又吉さんが好きだからほかの本のおすすめを知りたい!又吉さんの小説以外の作品も気になる!という方はぜひ参考にしてみてください。それではみていきましょう。

Copyright© あらら本店 , 2019 All Rights Reserved.