「近代日本文学」 一覧

富嶽百景タイトル

『富嶽百景』の解説と感想!富士の様々な表情が映し出すものとは...

『富嶽百景』は、富士を通して主人公の精神的な成長を描いた太宰治の作品です。『人間失格』などで有名な太宰作品の中では、比較的明るい雰囲気の作品だといえます。ここではそんな『富嶽百景』について、あらすじから解説・感想をまとめました。

芥川龍之介おすすめ

タイプ別!芥川龍之介のおすすめ作品ランキング

芥川の作品が気になるけど、どれから読めばいいか分からない!ここではそんな人のために、読みやすさやスト-リー性などタイプ別に分けたランキングをまとめました。あなたに合った作品をぜひ見つけてみてください。

或阿呆の一生タイトル

『或阿呆の一生』が3分で分かる!内容の解説と感想

『或阿呆の一生』は、死後に発表された芥川龍之介の遺作です。自伝的な内容で、二十歳の頃の回想から、死の直前までの印象風景が描かれています。
ここでは内容をざっと紹介し、細かい点を解説していきます。

蜜柑タイトル

芥川『蜜柑』の面白さが5分でわかる!あらすじから解説まで

『蜜柑』の面白さはなんと言っても巧みな情景描写です。ここでは芥川龍之介の『蜜柑』のあらすじ・解説・感想を分かりやすく書いています。

河童タイトル

芥川『河童』を丁寧に解説。あらすじから感想まで!

『河童』は芥川龍之介の晩年に書かれた小説です。人間の世界とはあべこべな河童の国を描くことで社会を風刺している作品といわれます。ここでは河童の世界を解説することで、作品を理解しやすくします。それではまずは簡単なあらすじからみていきましょう。

芋粥タイトル

『芋粥』テーマは人間悪!あらすじから解説まとめ!

『芋粥』は芋粥をたらふく食べることが夢である主人公の話で、今昔物語集の話を元にして作られました。原話は教訓的な話ですが、芥川が書いたのは人間悪を全面に出した作品となっています。夢を叶えさせられた五位と、人の夢を奪った利仁という構図が『芋粥』には見えてくるのです。

地獄変

『地獄変』はどこが芸術的なのか?解説とあらすじと感想

『地獄変』は芥川龍之介の芸術至上主義的な物語で有名な小説です。狂気的な芸術家である良秀を主人公として悪魔的に美しい物語が進んでいきます。ここでは『地獄変』の芸術を解説し、あらすじから感想までをみていきます。

藪の中

『藪の中』の矛盾点を徹底解説!あらすじから感想まで!

『藪の中』は芥川龍之介の短編小説。登場人物どうしの矛盾する陳述によって、事件の真相が分からなくなる物語です。ここでは『藪の中』の矛盾点を具体的に解説しながら、物語の楽しみ方を紹介していきます。それでは見ていきましょう。

『杜子春』のあらすじ・解説・感想。黄金の場所が示す意味とは?

『杜子春』は芥川龍之介の代表的な小説です。この物語は仙人が登場し、黄金の場所を示します。その行為に隠された意味とはなんなのでしょうか。『杜子春』のあらすじから解説・感想までをまとめています。それではみていきましょう。

坊っちゃん

3分で分かる『坊っちゃん』下女の清は実の母親だった?あらすじ...

言わずと知れた名作『坊っちゃん』。『吾輩は猫である』に次いで夏目漱石が書いた第二作目の小説です。教科書で読んだという人も多いかと思いますが、教科書に載っているのは一部分だけ。ここでは全十一章をまとめた簡単なあらすじから、作品の押さえておきたいポイント・感想までをまとめました。それでは見ていきましょう。

Copyright© 小説ならあらら本店 , 2019 All Rights Reserved.