近代日本文学

石川淳『普賢』あらすじ・解説・感想まとめ!二人のヒロインと饒...

この記事では『普賢』のあらすじ・解説・感想をまとめています。第四回芥川賞を受賞した石川淳の小説。饒舌体と呼ばれる怒濤の文体で、主人公と関わる人々や身の回りに起こる出来事が語られていく。

井伏鱒二『黒い雨』のあらすじ・解説|白い虹と鰻の意味とは?

この記事では井伏鱒二『黒い雨』のあらすじ・解説・感想をまとめています。焼けただれた人々の身体や、無残に転がる死体。肉に群がる蠅と漂う臭気。良く耳にする「原爆反対」という言葉がこの作品の中では痛切に響き、写真や教科書では分からない人々の息づかいがにじみ出ている作品です。

【厳選】これだけは読みたい!高見順のおすすめ小説3選+α

高見順の作品が気になるけど、どれが良いのか分からない。この記事ではそんな方のために、高見順のおすすめ小説3作品をまとめて紹介しています。厳選された3作品ですのでどれも面白いですが、それぞれ特徴に違いがあるので、自分に合った内容を探してみて下さい。

井伏鱒二『山椒魚』のあらすじ考察!なぜ蛙は怒らなかったのか?

物語中、意地悪になった山椒魚は蛙を閉じ込めてしまいますが、なぜ蛙は怒らなかったのでしょうか?この記事では、蛙が怒らなかった理由や、『山椒魚』のあらすじ・感想までをまとめました。

坂口安吾『桜の森の満開の下』のあらすじと考察|ラストへ繋がる...

この記事では『桜の森の満開の下』のあらすじ・解説・感想をまとめています。物語は、山賊の男が美しい女に出会ったことをきっかけに、世界の様々なことを認識していく話です。彼は物語の途中で狂ってしまったのではないか、というのが個人的な読み方です。

坂口安吾『白痴』考察|人間と人間以下の境界線はどこにあるのか...

この記事では坂口安吾『白痴』のあらすじ・考察・感想をまとめています。『白痴』は襲いかかる戦火の中で人間の本性に迫った坂口安吾の代表作です。東京空襲と白痴の女性を通して人間の奥深くに眠る感情が描かれています。

坂口安吾『風博士』は笑っておけばいい。あらすじから考察まで

おかしみと不思議な切なさが残る坂口安吾の『風博士』。ここではそんな『風博士』のあらすじ・考察・感想をまとめました。この作品で5分くらいの無声アニメーションをつくればきっと面白い物が出来ると思う、そんな作品です。

高見順後期の傑作!『いやな感じ』のあらすじ・考察・感想まとめ

『いやな感じ』は昭和初期を舞台に、アナーキストの加柴四郎を通して死と生が描かれる物語。高見順の最高傑作のひとつです。ここではそんな『いやな感じ』のあらすじ・解説・感想までをまとめました。

保存版!大阪を愛した織田作之助のおすすめ作品5選!

織田作之助の小説を読んでみたいけど、どれから読めばいいか分からない。ここではそんな方に向けて、これを押さえておけば間違いないという織田作之助のおすすめ小説を紹介します。

高見順『如何なる星の下に』のあらすじ内容考察まとめ!

東京・浅草で繰り広げられる弱き者たちの物語『如何なる星の下に』。ユーモアのある作風で、主人公と不思議な因縁を持つ三姉妹の関係が描かれます。ここではそんな『如何なる星の下に』のあらすじ・解説・感想をまとめました。

Copyright© あらら本店 , 2019 All Rights Reserved.