井伏鱒二

井伏鱒二『黒い雨』のあらすじ・解説|白い虹と鰻の意味とは?

この記事では井伏鱒二『黒い雨』のあらすじ・解説・感想をまとめています。焼けただれた人々の身体や、無残に転がる死体。肉に群がる蠅と漂う臭気。良く耳にする「原爆反対」という言葉がこの作品の中では痛切に響き、写真や教科書では分からない人々の息づかいがにじみ出ている作品です。

井伏鱒二『山椒魚』のあらすじ考察!なぜ蛙は怒らなかったのか?

物語中、意地悪になった山椒魚は蛙を閉じ込めてしまいますが、なぜ蛙は怒らなかったのでしょうか?この記事では、蛙が怒らなかった理由や、『山椒魚』のあらすじ・感想までをまとめました。

Copyright© あらら本店 , 2019 All Rights Reserved.