高見順

【厳選】これだけは読みたい!高見順のおすすめ小説3選+α

高見順の作品が気になるけど、どれが良いのか分からない。この記事ではそんな方のために、高見順のおすすめ小説3作品をまとめて紹介しています。厳選された3作品ですのでどれも面白いですが、それぞれ特徴に違いがあるので、自分に合った内容を探してみて下さい。

高見順後期の傑作!『いやな感じ』のあらすじ・考察・感想まとめ

『いやな感じ』は昭和初期を舞台に、アナーキストの加柴四郎を通して死と生が描かれる物語。高見順の最高傑作のひとつです。ここではそんな『いやな感じ』のあらすじ・解説・感想までをまとめました。

高見順『如何なる星の下に』のあらすじ内容考察まとめ!

東京・浅草で繰り広げられる弱き者たちの物語『如何なる星の下に』。ユーモアのある作風で、主人公と不思議な因縁を持つ三姉妹の関係が描かれます。ここではそんな『如何なる星の下に』のあらすじ・解説・感想をまとめました。

転向文学の代表作!高見順『故旧忘れ得べき』のあらすじ・解説・...

『故旧忘れ得べき』は高見順の芥川賞候補作で、転向文学の代表的な作品として知られています。左翼活動に傾倒した学生時代と普通のサラリーマン生活を送る現在の比較を通して、登場人物たちの自我の乖離が描かれます。ここでは『故旧忘れ得べき』のあらすじ・解説・感想をまとめています。

Copyright© あらら本店 , 2019 All Rights Reserved.