果物のおすすめ本7選!図鑑から料理本まで!

果物のおすすめ本7選!

この記事では、果物の分かる分かるおすすめの本を7冊紹介しています。

図鑑から料理本まで紹介しているので、気に入った本があればぜひ手に取ってみてください。

1.『図説 果物の大図鑑』

日本果樹種苗協会 (著)他

この図鑑には、計870種類以上の果物が載っています。

流通時期や糖度、品種の特性が掲載されており、フルカラーで写真も綺麗です。

本のタイトルの通りまさしく『果物の大図鑑』で、各果物の情報量がとても多いです。さらには新しい果物の品種まで網羅しています。

果物図鑑のなかでは一番のおすすめです。

2.『果物図鑑ミニ』

一般社団法人日本果樹種苗協会 (監修)他

最初に紹介した『果物の大図鑑』の内容が再編集されたミニ図鑑です。

『果物図鑑ミニ』ということで、気軽に見ることができる文庫サイズ。

452種類なので、『果物の大図鑑』よりは、解説されている果物の種類が少なくなっています。

しかし、メインの果物は十分に掲載されているので、「気軽に果物図鑑が見たい」「持ち運びがしたい」そんな方におすすめです。

3.『からだにおいしいフルーツの便利帳』

この本では、各果物のおいしく食べる方法や雑学、調理法が掲載されています。

日本の果物から輸入果物まで。フルカラーで写真や図が多いので、見ているだけで果物への理解が深まる一冊。

「果物を毎日食べたい!」そんな方におすすめの一冊です。

4.『果物の美味しい切り方・むき方』

この本では、各果物の切り方、むき方、選び方、保存方法がイラスト付きで分かりやすく紹介されています。

「あまり果物を食べなかったけど、生活に取り入れてみたい」そんな方におすすめできる一冊。

この本さえあれば、果物初心者でも一番美味しい食べ方が分かる内容になっています。

5.『果物のひと皿』

スーパーでも購入できる果物10種類を使ったレシピが、140品紹介されています。

見た目も美しくかつ美味しい果物レシピが、ワインのおつまみからデザートまで網羅されています。

日ごろの食卓をおしゃれに演出できるノウハウも満載です。

「いつもの果物の新しい使い方を知ることができる」そんな一冊です。

6.『季節の果実をめぐる114の愛で方、食べ方』

果物は季節もの。この本では、春夏秋冬の旬の果物を使ったレシピが掲載されています。

果実を生のまま使ったメニューや、保存できるストックメニューまで、様々な食材の組み合わせレシピを知ることができます。

本書の写真もとても綺麗で、見てるだけでワクワクするような一冊です。

7.『季節をとじ込める果物とお菓子のレッスン』

「栗・杏・梅・サワーチェリー ・柑橘類」の加工や、瓶詰めのレシピをメインに、加工した果物を使った菓子のレシピ集を紹介しています。

初めて読むと、細かいレシピに驚くほど。各工程に写真と詳しい解説があり、まるで果物加工レシピの教科書のようです。

「加工レシピの永久保存版として持っておきたい」そんな一冊です。

以上、果物のおすすめの本を7冊紹介しました。気に入った本があれば手に取って、果物ライフを楽しんでみてください。