あらら書店

SDGsがよく分かる本5選!基礎知識&今日からできるSDGsな生活まで!

SDGsとは何か知りたい人に!

この記事では、SDGsがよく分かるおすすめ本を5冊紹介します。

  • SDGsについて初歩から学びたい
  • 具体的にどう行動すれば良いか知りたい
  • SDGsの先にある未来を見たい

このような人はぜひ参考にしてください。

SDGsがよく分かるおすすめの本5選

1.『こどもSDGs(エスディージーズ) なぜSDGsが必要なのかがわかる本』

「SDGsとは何か?」といったところから、分かりやすくSDGsの基礎を知ることができる一冊。

小助
SDGsの初心者本はほかにも5冊ほど読みましたが、本書が一番分かりやすかったです。

タイトルには「こども」と入っていますが、 SDGsの知識が網羅的にまとめられているので、大人にもおすすめできます。

イラストも多いため読みやすく、 まずは基本的なことを知りたい人におすすめのSDGs本です。

2.『あなたとSDGsをつなぐ「世界を正しく見る」習慣』

社会問題をテーマにしたチャンネルを運営するユーチューバー・原寛太さんのSDGs本。

僕たちの身近にあるアパレル産業・スマートフォン・肉食文化などが世界へ及ぼす影響を、事実ベースで語ってくれます。

アフリカの問題や貧困についての思い込みがなくなり、SDGsの問題を自分ごととして捉えることができる良書です。

世界に対する認識を新たにしてくれるので、SDGsの問題をより具体的に考えることができます。

3.『SDGsな生活のヒント: あなたの物の使い方が地球を救う』

SDGsのことや問題は分かるけど、実際に何を行動すれば良いの?という人に、非常におすすめしたいのが本書です。

生活で使う様々なモノのカーボンフットプリント(製造→廃棄→リサイクルに至るまでの総CO2排出量)が一覧で分かる、辞典的な一冊になっています。

100以上の身の回りのものが紹介されているので、生活の中で何を減らせば環境に良いかが一目で分かります。

これはどれくらい環境に悪いのだろう?と思ったときにも参考にできるので、SDGsな生活を意識したい人は持っておくと重宝します。

4.『WE HAVE A DREAM 201カ国202人の夢×SDGs』

201カ国202人の人々が、自分の国や自分自身が抱える問題を話し、それを乗り越えていくための夢を語る一冊です。

それぞれの話には、関連するSDGsの番号(17の持続可能な開発目標)が書かれており、 その人の話とSDGsを紐付けて理解することができます。

世界中のひとの生の声を聞くことができるので、SDGsの概念を知るだけでなく、リアルな問題意識を得たい人にもおすすめです。

5.『SDGs思考 2030年のその先へ 17の目標を超えて目指す世界』

ビジネスマンに向けたSDGs本。

SDGsが目指す世界を知ることで、これからの社会・経済・企業の方向性や、自分たちの生き方を考えることができます。

実際の社会で自分たちができることや、取り組むべき課題を知りたい人におすすめの一冊です。

以上、SDGsがよく分かるおすすめ本5選でした。

地球と私たちの未来のために、SDGsを理解しておくことはとても大切です。

ここで紹介した本を参考に、みんなで一緒に出来ることから始めていきましょう。