読書タイムにおすすめの飲み物5つ!カフェオレ?コーヒー?アルコール?

読書タイムになにを飲むか?

どうも、読書ブロガーの小助です。年間300冊ほど本を読みます。

ここではそんな僕が、

みんなが読書タイムに何を飲んでいるか気になる・・・

という方に向けて、読書タイムにおすすめの飲み物5つを紹介します!

読書タイムにおすすめの飲み物5つ

・カフェオレ

カフェで本を読むとき、または自宅でまったり本を読むときは、カフェオレを飲むことが多いです。

舌が子どもなのでカフェオレですが、コーヒーの方が好きという人はコーヒーでも良いですね。

コーヒーはおいしいものを

家で飲むときのコーヒーは美味しいものが良いので、豆を挽いて淹れています。

  • 電動ミルと豆

  • 水出し用ボトルボトル

  • フレンチロースト

画像はスクロールできます

夏は水出しで、冬になるとドリップを淹れます。

ドリップしながら本のことを考えたりするので、コーヒー作りから読書タイムは始まっているようなものですね。

手動のミルも趣があっていいですが、僕はめんどくさいので電動ミルを使ってます。

一瞬で挽けるし、水で丸洗いできるし、かなり便利です。

豆選びも楽しい

カフェオレにするので、豆は深煎りフレンチロースト。

今飲んでいるのは「澤井珈琲」水出しコーヒー用の豆ですね。

僕は大阪在住なので、「土居珈琲」や「ウニール(Unir)」などで買うこともあります。自分で作ると色々な豆を試せるのが楽しいですね。

500g×3個/深煎り/豆のまま

香りが良い

豆を挽くコーヒーって、挽いたコショウと同じで香りが良いんですよね。

僕はカフェよりも家の方が読書に集中できるので、家で美味しいカフェオレを飲むのが好きです。

少しのお金で良い読書タイムが作れるので、コーヒーセットは良い投資でしたね。

・ココア

難しい本を読むときなどは、糖分が欲しい気分になるのでココアが多いです。

定番ですがバンホーテンのココアが好き。

学生の頃はピュアココアから手鍋で作っていましたが、今は面倒なのでスティックが多いですね。

冷めてもおいしいので読書にもピッタリです。

・水

お風呂で読書をするときや、30分程度の時間で読書をするときは水を飲みます。

ほかの飲み物と違って味覚を使わないので、短時間でも読書に集中しやすんですね。

温度変化でまずくなりにくいので、お風呂にも持って入りやすいです。

ペットボトルではなく、よくある普通の浄水器の水を飲んでます。水は浄水器が一番コスパ良いですよね。

・牛乳(ホットミルクも)

小腹が空く15時くらいの読書は牛乳を飲むことがよくあります。

このときに読むのはほとんど短編小説ですね。

物語の冒頭2~3ページを読みながら牛乳を飲み、一緒にクッキーを食べることが多いです。

最初の数分で牛乳を飲んで、クッキーを食べて、手を拭いた頃には物語世界が構築されています。そこから30分~1時間くらいで一気に読む。

今思うと、僕の読書ルーティンのひとつかもしれません。冬はホットミルクのときもあります。

・お酒

海外文学を読むときはお酒を飲むことが多いです。主に夜の読書ですね。

とくにドイツ文学やフランス文学あたりの独特な内向性が醸し出されている作品を、お酒によって回らない頭で読むのが好きです。

基本的には簡単に作れるジュースカクテルです。オレンジジュースとかパイナップルジュースとか、コーラとかを混ぜることもあります。

ウォッカ。飲みやすい

女の子が飲みそうな甘いやつですが、甘いもの好きなので美味しいです。

アメリカ文学だとウィスキーのロックが合うのでたまに飲みます。日本文学は梅酒がいいですね。

正直に言って、お酒を飲みながらの読書は遊びの要素が強いかもしれません。

読書タイムのお酒なのか、お酒タイムの読書なのか、だんだん分からなくなってきます。

でもそれが楽しいんですよね。大人の特権だと思います。

まずはコーヒーorカフェオレがおすすめ

以上、読書タイムにおすすめな5つの飲み物を紹介してきました。誰にでもおすすめなのはコーヒーかカフェオレですね。

家で作れるうえに、カフェ感もあって読書気分が高まります。

水出しコーヒーやドリップコーヒーだと簡単なので、電動ミルと豆さえあればすぐに始められますよ。

自分の好きなドリンクを飲みながら、素敵な読書タイムをお過ごし下さい。

それでは!

© 2020 あらら本店