小説のベストセラーランキング!150万部以上売れた小説37作を紹介!

この記事では、国内で発売されて150万部以上売れた小説のベストセラー本を、ランキング形式でまとめました。ベストセラーを参考に、読みたい本を探してみて下さい。

【全37作品】アフリカ文学の名作まとめ!

アフリカ文学の名作37選! アフリカ文学は、多くがアパルトヘイトや独立運動、レイシズムやセクシズムなど、アフリカで起こっている問題を主題にした小説です。 それから、アフリカの神話・宗教・自然観を織り交ぜて描かれるアフリカンユーモア的な小説(『やし酒飲み』など)もあります。 ここではそんなアフリカ文学の名作をまとめました。まずは評価の高い小説9作品から紹介し、残る28作品を後にまとめています。 アフリカ文学の名作ベスト9! 1.『崩れゆく絆』チヌア・アチェベ 崩れゆく絆 (光文社古典新訳文庫) チヌア アチ ...

【決定版】芥川龍之介のおすすめ小説9選!ランキング形式で紹介します

芥川の作品が気になるけど、どれから読めばいいか分からない!ここではそんな人のために、読みやすさやスト-リー性などタイプ別に分けたランキングをまとめました。あなたに合った作品をぜひ見つけてみてください。

又吉直樹の「小説じゃない」おすすめ本5選!俳句・エッセイ本まとめ

又吉直樹さんは、芥川賞を受賞した小説『火花』をはじめ、俳句・エッセイなど多岐にわたる文筆活動をしています。ここでは、そんな又吉さんの「小説以外のジャンル」から、魅力溢れる本を5冊紹介していきたいと思います。又吉さんが好きだからほかの本のおすすめを知りたい!又吉さんの小説以外の作品も気になる!という方はぜひ参考にしてみてください。それではみていきましょう。

太宰治のおすすめ小説9選!前期・中期・後期それぞれベスト3をピックアップ!

太宰治のおすすめ小説はこれで決まり!太宰の活動時期を前期・中期・後期に分け、それぞれの時期でベスト3を選出しました。全9作品のなかからお好みの作品を見つけてみてください。それではみていきましょう。

読書の秋におすすめ!文豪による「秋」がテーマの小説・詩&エッセイまとめ

毎年やってくる読書の秋。なんとなく本は読もうかなと思うけど、何を読めばよいか分からない。ここでは読書の秋にちなんだ、「秋」がテーマの小説・詩・エッセイを紹介します。せっかくの秋。どうせなら秋の雰囲気を感じられる作品に触れて、夜長のおともにしてみてください。

小説『トロッコ』芥川龍之介・あらすじ・解説・感想

芥川龍之介の『トロッコ』は名作として知られる。国語科の教材にも取り上げられており、その知名度は高い。ここでは『トロッコ』のあらすじや概要、要点などを核心を捉えながらも分かりやすく解説していく。

芥川龍之介『羅生門』を徹底解説!|下人はどこへ行ったのか?

『羅生門』は芥川龍之介の文壇的なデビュー作として知られています。高校の教科書にも載っているので、一度は読んだことがあるという人が多いのではないでしょうか。ここではそんな『羅生門』について解説していきます。それではみていきましょう。

『走れメロス』作者が伝えたかったことは何か?あらすじから解説まで!

『走れメロス』で作者が伝えたかったことはなんでしょうか?この物語は中学校の教科書にも載っており、国民的にも人気のある作品です。走るメロスの姿は読者に様々な感情をもたらします。ここではそんな『走れメロス』のあらすじ・解説・感想をまとめました。

小説『山月記』あらすじから解説まで|李徴には無くて袁傪にはあるものって?

『山月記』ってむずかしい?対比で読むと超簡単!ここでは『山月記』の影の主役に焦点を当てながら、あらすじから解説まで分かりやすく説明していきます。

『やまなし』で宮澤賢治が伝えたかったことは何か?あらすじから解説まで!

この記事では、『やまなし』で宮澤賢治が伝えたかったことについて解説していきます。結論から言うと、『やまなし』で宮沢賢治が伝えたかったことは「死の怖さと生の喜び」です。その理由を知るために、まず作品の対比構造を押さえておかなければいけません。

芥川龍之介『蜘蛛の糸』を考察!読み解くカギは「蓮の花」にある!

『蜘蛛の糸』は芥川龍之介が初めて書いた童話です。教科書にも載っており広く知られている作品だといえるでしょう。ここではそんな『蜘蛛の糸』を蓮の花に焦点を当てて読解していきます。

『カンバセーションズ・ウィズ・フレンズ』どのあたりが「ミレニアム世代」なのか?感想とあらすじ!

『カンバセーションズ・ウィズ・フレンズ』の感想とあらすじの記事です。作者は「ミレニアム世代の代弁者」と呼ばれており、僕は1994年生まれなので、本書の売り文句を見て興味が湧いて読んでみました。どのあたりがミレニアム世代なのか?ということをまとめました。

『草は歌っている』のあらすじ・内容・感想まで!ローデシアが舞台のアフリカ文学!

『草は歌っている』の内容・あらすじ・感想までを書いています。黒人を人間扱いしない白人が、どのように黒人と接し、関わっていくのか。ジリジリと暑い太陽に照らされる1970年代の植民地ローデシアを舞台した、ノーベル賞作家ドリス・レッシングのデビュー作です。

『少年の日の思い出』あらすじ&解説!エーミールとぼくのサナギ的な人物像

『少年の日の思い出』のあらすじ・解説・感想をまとめています。この作品は、構成やシチュエーション、それからエーミールという模範少年を通して、「ぼく」のサナギ的な人物像が浮かび上げられている物語です。ほとんどの教科書に載っており、日本でもっとも読まれている翻訳文学とも言われます。

『小さきものたちのオーケストラ』あらすじ&感想!守り神の語りからイボ族の宇宙観まで!

『小さきものたちのオーケストラ』のあらすじ&感想をまとめました。「西洋文化に引き裂かれる恋愛」が描かれていくイボ文学。イボの宇宙観(ひいてはアフリカの精霊思想や土着信仰の精神世界)を文学的に示したという点において、アフリカ文学史に残りうる作品です。

『象の旅』あらすじ&感想!映画「ジョゼとピエール」で描かれたサラマーゴ晩年の作品!

ジョゼ・サラマーゴ『象の旅』のあらすじ・感想をまとめています。人生の過酷さや虚しさが、象の旅を通して描きだされる物語。しかし時折、誰かと本当に心を通わせられる瞬間があり、そこには愛が一瞬だけきらめく。ジョゼ・サラマーゴらしい人生観が出ている良作です。

『やし酒飲み』あらすじ&解説!ヨルバ的なグロテスク&ユーモアの作品

『やし酒飲み』のあらすじ・解説・感想をまとめています。作者のエイモス・チュツオーラは「アフリカ文学の先駆者」と言われたりしますが、個人的には「ヨルバ文学の父」という表現が妥当でしょう。ヨルバは呪術的な系譜を持ち、チュツオーラの小説にもその傾向はよく表れています。

近代日本文学史とは?写実主義からポストモダンまで概要を簡単に紹介!

写実主義からポストモダンまで、近代日本文学史の概要を分かりやすくまとめました。近代日本文学の主流は「私小説」です。それを批判し乗り越えるかたちで、さまざまな派閥が生まれてきました。文学史を知れば、作品を時代背景の観点からも読めるようになります。

「文学」とは何か?という問いに答えは出るのか?

「文学」とか「文学的」ってなんなんだろう。そう思ったことはありませんか?ここでは「文学とは何か」についてこれまで考えられてきたことをまとめました。それではみていきましょう。

近代文学作品の年表一覧!明治~平成までの主要作品まとめ!

近代文学の年表を簡単にまとめました。この年表を見れば、作者が活躍した大まかな時代を簡単に知ることができます。また、詳しく知りたい方は、作者名をクリックすれば作者の略年表ページが開けます。近代文学史の概要把握にぜひ役立てて下さい。

言文一致体とは?代表作から概要までをサッと解説!

この記事では、言文一致体って何?言文一致運動の代表作は?といった疑問を解決します。言文一致とは、文章を話し言葉に近い「口語」で書こうという運動です。明治の初期頃から、二葉亭四迷や山田美妙らによって試みられてきました。

【41名】近代日本文学の有名文豪まとめ!押さえておきたい作家一覧!

この記事では、近代日本文学の文豪41名をまとめました。生没年・代表作・作家の特徴を簡単に知ることができます。ここでの近代日本文学とは、二葉亭四迷らの「言文一致運動」に始まり、古井由吉らの「内向の世代」までに書かれた文学作品です。

小説を書くためのアプリまとめ!縦書き&プロット作成まで実際の使い心地を解説!

小説をスマホで書くためのアプリが知りたい!ここではそんな疑問にこたえます。縦書きができるアプリや、プロット作成アプリなど、小説作りに便利なアプリを紹介します。

作家一覧から探す