近代日本文学史とは?写実主義からポストモダンまで概要を簡単に紹介!

写実主義からポストモダンまで、近代日本文学史の概要を分かりやすくまとめました。近代日本文学の主流は「私小説」です。それを批判し乗り越えるかたちで、さまざまな派閥が生まれてきました。文学史を知れば、作品を時代背景の観点からも読めるようになります。

小説の名文冒頭まとめ!文豪11名の冒頭を簡単な解説付きで紹介!

この記事では、小説の名文冒頭を紹介していきます。文豪11名の11作品を簡単な解説付きでまとめました。「美しい日本語に触れたい」「有名な小説の冒頭を知りたい」という方は参考にしてみてください。

【41名】近代日本文学の有名文豪まとめ!押さえておきたい作家一覧!

この記事では、近代日本文学の文豪41名をまとめました。生没年・代表作・作家の特徴を簡単に知ることができます。ここでの近代日本文学とは、二葉亭四迷らの「言文一致運動」に始まり、古井由吉らの「内向の世代」までに書かれた文学作品です。

近代文学作品の年表一覧!明治~平成までの主要作品まとめ!

近代文学の年表を簡単にまとめました。この年表を見れば、作者が活躍した大まかな時代を簡単に知ることができます。また、詳しく知りたい方は、作者名をクリックすれば作者の略年表ページが開けます。近代文学史の概要把握にぜひ役立てて下さい。

言文一致体とは?代表作から概要までをサッと解説!

この記事では、言文一致体って何?言文一致運動の代表作は?といった疑問を解決します。言文一致とは、文章を話し言葉に近い「口語」で書こうという運動です。明治の初期頃から、二葉亭四迷や山田美妙らによって試みられてきました。

「文学」とは何か?という問いに答えは出るのか?

「文学」とか「文学的」ってなんなんだろう。そう思ったことはありませんか?ここでは「文学とは何か」についてこれまで考えられてきたことをまとめました。それではみていきましょう。

『走れメロス』作者が伝えたかったことは何か?あらすじから解説まで!

『走れメロス』で作者が伝えたかったことはなんでしょうか?この物語は中学校の教科書にも載っており、国民的にも人気のある作品です。走るメロスの姿は読者に様々な感情をもたらします。ここではそんな『走れメロス』のあらすじ・解説・感想をまとめました。

小説『トロッコ』芥川龍之介・あらすじ・解説・感想

芥川龍之介の『トロッコ』は名作として知られる。国語科の教材にも取り上げられており、その知名度は高い。ここでは『トロッコ』のあらすじや概要、要点などを核心を捉えながらも分かりやすく解説していく。

『富嶽百景』の解説と感想!富士の様々な表情が映し出すものとは?

『富嶽百景』は、富士を通して主人公の精神的な成長を描いた太宰治の作品です。『人間失格』などで有名な太宰作品の中では、比較的明るい雰囲気の作品だといえます。ここではそんな『富嶽百景』について、あらすじから解説・感想をまとめました。

芥川龍之介『羅生門』を徹底解説!|下人はどこへ行ったのか?

『羅生門』は芥川龍之介の文壇的なデビュー作として知られています。高校の教科書にも載っているので、一度は読んだことがあるという人が多いのではないでしょうか。ここではそんな『羅生門』について解説していきます。それではみていきましょう。

太宰治『女生徒』のあらすじ解説&感想!文体と物語の構造が面白い!

ある少女が目覚めてから眠りにつくまでの一日を描いたのが『女生徒』です。主人公の少女の感情や大人への抵抗が、告白するような文体で書かれています。ここではあらすじから物語を読むポイントまでを解説します。

小説『山月記』あらすじから解説まで|李徴には無くて袁傪にはあるものって?

『山月記』ってむずかしい?対比で読むと超簡単!ここでは『山月記』の影の主役に焦点を当てながら、あらすじから解説まで分かりやすく説明していきます。

小説『星の王子さま』のイラストに込められた意味が深い!ストーリーも含めて徹底解説!

『星の王子さま』はストーリーを読むだけでは分かりません。イラストに隠された意味があるからです。ここでは分かりやすいあらすじも含めてイラストに込められた意味を解説していきます。

『イワンのばか』のあらすじ&解説!トルストイのロシア民話を簡単に紹介!

この記事では『イワンのばか』のあらすじ・解説・感想をまとめています。『イワンのばか』は、ロシアの文豪・トルストイが書いたロシア民話。ばかなイワンを主人公に、社会システムに目を向けた寓話的な物語が描かれていきます。

モーパッサン『脂肪の塊』あらすじ&解説!「ラ・マルセイエーズ」の意味から時代背景まで!

この記事では、モーパッサンの小説『脂肪の塊』のあらすじ・解説・感想をまとめました。『脂肪の塊』は普仏戦争を背景に、「脂肪の塊」というあだ名の娼婦が主人公の短編小説です。しかし、彼女はただの脂肪の塊ではありませんでした。

『犬を連れた奥さん』のあらすじ&解説!テーマや浮気の論理まで!

この記事では、チェーホフ『犬を連れた奥さん』のあらすじ・解説・感想をまとめています。『犬を連れた奥さん』は、妻子持ちの中年男性が人妻に恋をする物語です。奥さんはなぜ犬を連れているのか?主人公はなぜ不倫をするのか?そうした疑問に迫ります。

『トーニオ・クレーガー』あらすじ&解説&考察!バイセクシャルで孤独な主人公の物語!

この記事では、トーマス・マン『トーニオ・クレーガー』のあらすじ・解説・感想をまとめています。暗い世界から明るい世界を見つめながら生きる芸術肌の主人公トーニオ。人間愛と厭世観が表裏一体になっている複雑な内面が特徴的な作品です。

ポー『黒猫』のあらすじ・解説&考察!壁の死体が声を出した原因は?

この記事ではエドガー・アラン・ポー『黒猫』のあらすじ・解説・感想をまとめています。なぜ壁の死体は声を出したのか?などについて考察しました。酒で破滅的になっていく主人公と、飼い猫である黒猫の怪奇的な現象を描いた短編小説。ポーらしい猟奇的な怖ろしさが詰まった作品です。

近代日本文学おすすめ小説22選!

この記事では純文学のおすすめ小説22選を紹介しています。読書で大事なことは「一つの作品を読み切る」こと。ですのでここでは読みやすさを重視しつつ、長い年月のなかで高い評価を得てきた純文学作品でおすすめのラインナップを組みました。

又吉直樹の「小説じゃない」おすすめ本5選!俳句・エッセイ本まとめ

又吉直樹さんは、芥川賞を受賞した小説『火花』をはじめ、俳句・エッセイなど多岐にわたる文筆活動をしています。ここでは、そんな又吉さんの「小説以外のジャンル」から、魅力溢れる本を5冊紹介していきたいと思います。又吉さんが好きだからほかの本のおすすめを知りたい!又吉さんの小説以外の作品も気になる!という方はぜひ参考にしてみてください。それではみていきましょう。

【決定版】芥川龍之介のおすすめ小説9選!ランキング形式で紹介します

芥川の作品が気になるけど、どれから読めばいいか分からない!ここではそんな人のために、読みやすさやスト-リー性などタイプ別に分けたランキングをまとめました。あなたに合った作品をぜひ見つけてみてください。

太宰治のおすすめ小説9選!前期・中期・後期それぞれベスト3をピックアップ!

太宰治のおすすめ小説はこれで決まり!太宰の活動時期を前期・中期・後期に分け、それぞれの時期でベスト3を選出しました。全9作品のなかからお好みの作品を見つけてみてください。それではみていきましょう。

【決定版】中島敦のおすすめ小説9選!代表作から隠れた名作品まで紹介!

中島敦といえば『山月記』ですが、ほかの作品も面白いものが多くあります。とはいえ、どんな小説があるのかあまり知られていないのも事実でしょう。ここでは中島敦のおすすめ小説を9作品まとめました。ぜひ彼の作品を知る参考にしてみて下さい。

宮沢賢治の童話おすすめ9選!代表作から有名な童話まで!

ここでは、宮沢賢治のおすすめ童話9選をまとめました。宮沢賢治の代表的な童話を知りたい、有名な作品を読みたいという方におすすめです。宮澤賢治は愛する岩手を舞台として、数々の幻想的な生み出した童話作家です。民話的な系譜を継ぎながらも、独特な世界観で今でもなお多くのファンを魅了しています。

作家一覧から探す