又吉直樹の「小説じゃない」おすすめ本5選!俳句・エッセイ本まとめ

投稿日:2019年9月10日 更新日:

又吉直樹さんの「小説じゃない」おすすめ本を紹介します!

又吉直樹さんは、芥川賞を受賞した小説『火花』をはじめ、俳句・エッセイなど多岐にわたる文筆活動をしています。

ここでは、そんな又吉さんの「小説以外のジャンル」から、魅力溢れる本を5冊紹介していきたいと思います。

  • 又吉さんが好きだからほかのおすすめ本を知りたい!
  • 又吉さんの小説以外の作品も気になる!

という方はぜひ参考にしてみてください。それではみていきましょう。



『第2図書係補佐』

・おすすめ小説と又吉直樹を同時に知る!

『第2図書補佐係』は、又吉直樹さんが面白いと感じた「全47作」の小説が紹介されている内容です。

紹介される小説と又吉さん自身の関係について書かれており、それぞれの小説を知るにも、又吉さんの人物を知るにも良い一冊です。

巻末にある作家・中村文則さんとの対談も面白く、百読の価値ありです。

『カキフライが無いなら来なかった』

・笑える文学はここにある!又吉直樹の自由律俳句集

『カキフライが無いなら来なかった』はせきしろさんとの共著です。

自由律俳句とそれに緩やかに関係するエッセイ・写真が収められています。

ふたりの独特なユーモアと寂しさが混ざり合い、一個の作品として完成されていると言ってもよい本です。

又吉さんの俳句本はほかにもありますが、個人的に入門はこの本で決まりです。



『新・四字熟語(旧題・鈴虫炒飯)』

・又吉直樹の想像力に触れられる一冊

『新・四字熟語』は、又吉さんの創りだした新しい四字熟語を、書道家・田中象雨さんが芸術的な生命を与えた筆文字とともに楽しむ本です。

ユーモアのある辞書風の文体がおもしろく、ときには使用例を交えた丁寧な解説も魅力的。

又吉さんの想像と創造の力に触れたいならこの一冊がおすすめです。田中象雨さんの筆力も見どころ。

『東京百景』

・エッセイならこれ!美しい装丁も魅力

『東京百景』は、又吉さんが見た東京の景色とともに、自身の経験や記憶を交えたエッセイ形式の本です。

又吉さんの外にある情景と中にある情景が同時に描かれることで、他愛のない景色が意味を持ち始めるところに面白さがあります。

又吉さんのエッセイが読みたいという方はこの本がおすすめ。本の装丁がかっこよく、それだけでも手に入れたくなる一冊です。

『夜を乗り越える』

・なぜ本を読むのか?又吉直樹の思索に触れる

『夜を乗り越える』は、「なぜ本を読むのか?」というテーマを軸に、又吉さんなりの答えが書かれている一冊です。

又吉さんの読書体験や創作体験などを通してやさしく書かれているので、

  • 又吉さんがどのように小説と関わっているのかが知りたい
  • 本をあまり読まないので読書の楽しさが知りたい

という方におすすめです。

『第2図書係補佐』とは違った”ディープ”な思索を通して、又吉さんの人となりを知る手がかりになる本でもあります。

ファンでもファンじゃなくても必読の良書です。


又吉直樹のおすすめ本5選

以上、五冊を紹介してきました。全て自身を持っておすすめ出来る作品です。

ちなみにですが、最後に紹介した『夜を乗り越える』以外は、小説『火花』よりも以前に書かれたものです。

『火花』の芥川賞受賞で一躍有名になりましたが、ずっと文学表現を楽しんでやってこられていたことが分かります。

又吉さんの文学からはにじみ出るユーモアと寂寥感がありますが、それは俳句やエッセイで顕著だと思います。

小説を読んでそうした雰囲気が好きだったという方は、ぜひこれらの本にも手を伸ばしてみてください。

あえて、どうしても一冊を挙げろと言われたら、個人的には『東京百景』が良いかなと思います。

理由は装丁がかっこいいからです。

ほかにも紹介したい又吉さんの本はありますが、そちらは随時更新していけたらなと思っています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

▽こちらの記事もおすすめ

サムネイル
小説『劇場』の見どころは?ネタバレなしで作品のポイントと感想をチェック!

又吉直樹『劇場』は、ダメな主人公・永田と健気な優しさを持つ年下の沙希。二人の恋愛を描いた物語です。ここでは『劇場』の見どころポイントと感想を書いています。ネタバレなしなので、これから読もうと思っている方にもおすすめです。それではみていきましょう。

続きを見る

サムネイル画像
見どころポイントはここ!又吉直樹『人間』の感想・内容&評価

ここでは又吉直樹作『人間』の感想と見どころをネタバレなしでまとめています。『火花』『劇場』に次ぐ三作目の超大作でかなり面白い。今までにはない「個」のエグり方で人間の本性に迫っています。

続きを見る

2019/11/14

宇佐見りん『かか』の感想!内容&評価と見どころまとめ

この記事では『かか』の簡単なあらすじ・感想・評価をまとめている。『かか』は20歳の若さで第56回文藝賞を受賞した宇佐見りんさんの作品。方言と口語が混じる特有の文体と、様々な人間の「痛み」が見どころだ。

ReadMore

2019/11/13

尾崎一雄『暢気眼鏡』のあらすじ・感想!芥川賞初の短編集受賞作!

この記事では『暢気眼鏡』のあらすじ・みどころ解説・感想までをまとめました。『暢気眼鏡』は第五回芥川賞を受賞した尾崎一雄の小説。お金もなく職もない「私」と、その妻の芳枝。貧しくも暢気な二人の日常が描かれていく。

ReadMore

2019/11/12

冨澤有爲男『地中海』のあらすじと感想!第四回芥川賞受賞作

この記事では冨澤有爲男『地中海』のあらすじ・解説・感想までをまとめた。第四回芥川賞を受賞した本作は、パリに住む画家学生の主人公と、人妻である桂夫人の許されざる恋を描いた物語になっている。

ReadMore

2019/11/10

石川淳『普賢』あらすじ・解説・感想まとめ!二人のヒロインと饒舌な文体

この記事では『普賢』のあらすじ・解説・感想をまとめています。第四回芥川賞を受賞した石川淳の小説。饒舌体と呼ばれる怒濤の文体で、主人公と関わる人々や身の回りに起こる出来事が語られていく。

ReadMore

2019/11/8

小説『共喰い』のあらすじ・解説・感想!内容よりも構成で読まれるべき作品

この記事では小説『共喰い』のあらすじ・見どころ解説・感想をまとめた。田中慎弥さんの第146回芥川賞受賞作。川辺という海に近い小さな町で繰り広げられる、性の欲望をめぐる物語が構成的に描かれる。

ReadMore

2019/11/6

川上未映子『乳と卵』の感想と見どころ解説!豊胸手術と月経の苦悶

この記事では『乳と卵』のあらすじ・解説・感想をまとめた。この物語は「乳」の問題に悩む母親の巻子と、「卵」の問題に悩む娘の緑子の様子が、川上未映子さん特有の大阪弁口語調で描かれている。第138回芥川賞受賞作でもあり、『夏物語』の下敷きとなっている作品でもある。

ReadMore

2019/11/5

川上未映子『夏物語」の内容紹介と感想!『乳と卵』をさらに掘り進めた作品

2019年で一番力のある作品に出会った。この記事では『夏物語』の内容紹介と感想をまとめている。作品は二部構成。第一部は『乳と卵』に手を加えてボリュームアップしたものが、第二部ではそれから八年後の新たな物語が描かれる。

ReadMore

2019/11/3

小田嶽夫『城外』のあらすじ感想!主人公が感じた3つの疎外感とは?

この記事では小田嶽夫『城外』のあらすじ・解説・感想をまとめています。第三回芥川賞を受賞した『城外』は、主人公の疎外感と、下女・桂英との恋愛が描かれる物語。ここでは主人公が感じた「三つの疎外感」を元に作品を見ていきます。

ReadMore

あらら本店ロゴ

 

Copyright© あらら本店 , 2019 All Rights Reserved.