おすすめ小説

【厳選】金原ひとみのおすすめ小説ベスト5!読みやすい本から珠玉の名作まで!

金原ひとみおすすめ小説ベスト5!

『蛇にピアス』しか読んでいないのは非常にもったいない!

小助
そんな叫び声を上げずにはいられない作家が、金原ひとみさんです。

芥川賞受賞時の2004年から2011年までは恋愛小説を書くまくり、二児の母となった2011年からは母視点の小説が増えました。

2018年にフランスから帰国したあとは、「女性」としての視点に立ち戻り、精力的に執筆されています。

ここでは、そんな金原ひとみさんの全作品20冊を読んだ僕が、おすすめの小説ベスト5を紹介します。

1.『ハイドラ』

『蛇にピアス』と似た構成・テーマで描かれた初期の小説。

描写力が格段に上がっているため、小説としてのクオリティがかなり高くなっています。

拒食症の辛さ克明に描かれていたところが印象的な一冊。『蛇にピアス』が面白かったという人におすすめです。

2.『TRIP TRAP』

初期の恋愛作品群から、母へと変わりゆく過渡期に刊行された小説。

主人公の半生が、6ヶ所への旅(彼氏の家、沼津、パリ、フリウリ、ハワイ、江ノ島)を通して描かれます。

短編の形式になっているので、少しずつゆっくり読めるのも嬉しいポイントです。

3.『マザーズ』

二児の母でもある金原ひとみさん。『蛇にピアス』しか読んでいない人は、こんな作品も書けるのかと驚くかもしれません。

母としての苦しさや辛さが正直に描かれた大作で、僕が金原さんのファンになったきっかけでもある小説です。

三人の母親が織りなす群像劇。女性はもちろんですが、個人的には男性にこそ読んでほしいと思います。

4.『クラウドガール』

しっかり者の姉と、甘えたがりで奔放な妹が織りなす、母を亡くした姉妹の物語。

金原作品の特徴である浮気や不倫、バイオレンスや性的描写といった要素がほぼない稀有な作品です。

読みやすい金原ひとみさんの小説を探している人は、『クラウドガール』か次の『ミーツ・ザ・ワールド』をおすすめします。

5.『ミーツ・ザ・ワールド』

腐女子の主人公が美人ギャルと出会い、人生が変わっていく物語。

『推し、燃ゆ』よりもポップなオタク系小説で最高に面白く、金原作品でも読みやすさはピカイチ。

2022年の作品ですが、近年の代表作と言える一冊です。とにかく面白い小説を読みたいならこれです。

以上、金原ひとみさんのおすすめ小説ベスト5でした。

小助
あと数冊紹介したいところですが、厳選しました。ここで挙げた5作はどれも本当に面白いです。

紹介した本を参考に、新しい金原文学の魅力にぜひ触れてみてください。