タイプ別!芥川龍之介のおすすめ作品ランキング

投稿日:2019年8月24日 更新日:

芥川のおすすめランキング!

芥川龍之介は35歳という短い生涯の中で、およそ150篇ほどの小説を残しました。

代表的な作品も数多くあるので、結局どれから読めばいいか分からない!と思う方は多いはず。

ここではそんなあなたのために、芥川の選りすぐりの作品を、

  • 読みやすさ
  • ストーリー性
  • 作家の素顔

の3つの項目に分けてランキング形式にしました。それではさっそく見ていきましょう。



読みやすさランキングベスト3

ここでは、ページ数の少なさと、言葉の簡単さと、分かりやすさを軸に選定しました。

それぞれ10分程度で読み終えることが出来ます。簡単なものから芥川の作品に触れてみたいという人におすすめです。

1位 『蜘蛛の糸』

・読みやすさ

・分かりやすさ

・語句の簡単さ 

・ページ数   4ページ

地獄に落ちたカンダタの目の前に、天から蜘蛛の糸が垂れてくる話

芥川が初めて書いた児童向けの文学です。

とはいえ大人も楽しめる作品になっているので、初めての芥川作品にはおすすめの一作

2位 『蜜柑』

・読みやすさ

・分かりやすさ

・語句の簡単さ 

・ページ数   3ページ

列車の中で、主人公と見知らぬ田舎娘の間に起こる出来事の話

『蜜柑』の物語は芥川作品の中でもトップクラスの短さです。ですが、その短い中でも、心を掴まれる秀逸な短編です。

3位 『トロッコ』

・読みやすさ

・分かりやすさ

・語句の簡単さ 

・ページ数   8ページ

トロッコを押してみたい少年の話です。

時代設定が現代であり、また語句も簡単なものが多いので、読みやすさはトップクラスでしょう。

大人になってから読み返してみれば、余計に面白い物語でもあります。



物語の面白さランキングベスト3

このランキングの選定基準は、盛り上がりのあるストーリーかどうか。また、独創的な世界観であるかどうかを軸にしました。

小説に慣れている人や、とにかく面白いものが読みたいという人におすすめのベストスリーです。

1位 『杜子春』

・ストーリー

・世界観

・怪奇性

・ページ数 18ページ

お金のない主人公と、不思議な仙人の話

ストーリーの起伏がしっかりとしていて面白いです。

また、物語の舞台である、昔の中国の異国情緒あふれる世界観もみどころです。

2位 『地獄変』

・ストーリー

・世界観

・芸術性

・ページ数 46ページ

天才絵師が地獄の絵を描く話

主人公のキャラクターも際立っていて、世界観もしっかりとあります。

迫力のある山場と物語の衝撃的な結末がみどころです。

3位 『河童』

・ストーリー

・世界観

・幻想性

・ページ数 68ページ

人間の主人公が河童の世界を旅する話です。

よく風刺的な作品だと言われますが、純粋に河童の世界の幻想性を楽しむことも出来ます。

日本版の不思議の国のアリスのような作品だといえば、分かりやすいかもしれません。



芥川の素顔に迫るランキングベスト3

ここでは芥川自身のことが主題になっている小説を、内容の濃さ赤裸々度合いで選びました。

芥川の素顔が知りたい!という人や、私小説が好きだ!という人におすすめの3作品です。

1位 『或阿呆の一生』

・芥川度

・赤裸々度

・ページ数  40ページ

芥川の二十歳の頃から死の直前までの印象風景を、五十一の場面にまとめたもので、死後発表された遺稿の1つです。

冒頭には「少くとも意識的には自己弁護をしなかつたつもりだ」という文章があり、ある程度正直な告白であることが信頼出来ます。

様々な人物が出てくるので、その関係性の中から芥川の外面を知ることができます。

2位 『歯車』

・芥川度

・赤裸々度

・ページ数 47ページ

『歯車』は、晩年の芥川の精神の動きに焦点が当たっている作品です。

『或阿呆の一生』が外面なら、『歯車』は芥川の内面が描かれていると言ってよいかもしれません。

精神的に死に近づく芥川の姿が映し出されています。

3位 『点鬼簿』

・芥川度

・赤裸々度

・ページ数 8ページ

『点鬼簿』は、芥川の死んだ両親と姉のことが、芥川の目線を通して描かれています。

タイトルの「点鬼簿」は過去帳という意味で、芥川の幼い過去が描かれているのはこの作品です。

ページ数も少ないので、簡単に読めるという点でもおすすめです。




-まとめ-

以上、芥川の作品のタイプ別ランキングの全9作品でした。

便宜上タイトルごとに文庫本を紹介しましたが、短編集を買って読むのが現実的かと思います。

こちらの短編集は、芥川の代表的な作品が程よく収録されているのでおすすめです。

また、青空文庫で探して読むのも良いでしょう。

芥川龍之介は、書く時期で作風が大きく変わる作家です。短い小説ばかりなので、ぜひあなたに合った作品を見つけてみてください。

ちなみに、筆者が個人的に好きなのは『河童』と『地獄変』です。

ここでは芥川の作品の解説や感想などもまとめていますで、読み終わった際にはぜひ参考にしてみてください。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

▽こちらの記事もおすすめ

サムネイル
太宰治を気軽に読みたい!短編作品おすすめ7選

太宰治の『人間失格』や『斜陽』は読んだことあるけど、それ以外の作品を知りたいと思ったことはありませんか?。ここではそんなあなたへ、太宰治の短編小説のおすすめ7選を紹介していきたいと思います。聞いたことがある作品も多いと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

続きを見る

サムネイル画像

2019/9/5

『あばばばば』の内容ってどんなもの?あらすじ・解説・感想までをまとめました!

『あばばばば』は主人公の視点を通して、ある女性の変化を描いた物語です。芥川作品の中でも私小説的な作風の「保吉もの」のひとつでもあります。ここでは『あばばばば』の面白さを紹介するとともに、あらすじ・考察・感想までをまとめました。

ReadMore

サムネイル画像

2019/9/4

芥川龍之介の『桃太郎』が面白い!たった3分で昔話との違いを解説

『桃太郎』は日本で最も広く知られている昔話のひとつで、桃太郎が鬼を退治する勧善懲悪の物語となっています。しかし、芥川の『桃太郎』は、客観的な視点で今までの桃太郎を捉え直しています。ここでは芥川龍之介の『桃太郎』を解説し、あらすじから感想までをまとめました。それではみていきましょう。

ReadMore

サムネイル画像

2019/8/29

芥川龍之介『歯車』を解説!目に見える歯車と目に見えない歯車とは?

『歯車』は、晩年の芥川自身を主人公とした私小説です。芥川の死後発表された遺稿の一つで、精神的な苦悩と陰鬱な生活が描かれています。芥川の最高傑作と評価する作家も多く、隠れた名作でもあります。ここでは、その『歯車』のあらすじから読解ポイント・感想を見ていきます。

ReadMore

サムネイル

2019/8/24

タイプ別!芥川龍之介のおすすめ作品ランキング

芥川の作品が気になるけど、どれから読めばいいか分からない!ここではそんな人のために、読みやすさやスト-リー性などタイプ別に分けたランキングをまとめました。あなたに合った作品をぜひ見つけてみてください。

ReadMore

サムネイル画像

2019/8/23

『或阿呆の一生』が3分で分かる!内容の解説と感想

『或阿呆の一生』は、死後に発表された芥川龍之介の遺作です。自伝的な内容で、二十歳の頃の回想から、死の直前までの印象風景が描かれています。
ここでは内容をざっと紹介し、細かい点を解説していきます。

ReadMore

サムネイル画像

2019/8/22

芥川龍之介『蜜柑』の内容が3分でわかる!あらすじから解説まで

『蜜柑』は芥川中期の作品です。列車の中での少女の行動を通して、主人公の移り変わる心境が描かれています。芥川本人の体験がそのまま物語になったもので、芥川作品の中では珍しい物語になっています。ここではそんな『蜜柑』のあらすじ・解説・感想を分かりやすく書いています。

ReadMore

サムネイル画像

2019/8/21

芥川『河童』を丁寧に解説。あらすじから感想まで!

『河童』は芥川龍之介の晩年に書かれた小説です。人間の世界とはあべこべな河童の国を描くことで社会を風刺している作品といわれます。ここでは河童の世界を解説することで、作品を理解しやすくします。それではまずは簡単なあらすじからみていきましょう。

ReadMore

サムネイル画像

2019/8/20

『芋粥』テーマは人間悪!あらすじから解説まとめ!

『芋粥』は芋粥をたらふく食べることが夢である主人公の話で、今昔物語集の話を元にして作られました。原話は教訓的な話ですが、芥川が書いたのは人間悪を全面に出した作品となっています。夢を叶えさせられた五位と、人の夢を奪った利仁という構図が『芋粥』には見えてくるのです。

ReadMore

Copyright© あらら本店 , 2019 All Rights Reserved.