芥川龍之介『羅生門』を徹底解説!|下人はどこへ行ったのか?

投稿日:2019年2月13日 更新日:

「ある日の暮れ方のことである。一人の下人が、羅生門の下で雨止みを待っていた」

芥川龍之介(1997)『羅生門 蜘蛛の糸 杜子春 外十八篇』,p9, 文藝春秋.

『羅生門』とは?


『羅生門』は芥川龍之介の文壇的なデビュー作として知られています。高校の教科書にも載っているので、一度は読んだことがあるという人が多いのではないでしょうか。この『羅生門』ですが、元は『今昔物語集』に収められた盗人の話を、芥川龍之介が現代風にアレンジしたものになります。芥川龍之介は他にも多くの古典作品をアレンジ・リメイクしており、その作品群はジャンルによって王朝物や切支丹物、中国物と呼ばれています。

『羅生門』はその中でも王朝物の処女作とされている作品です。

ここではそんな『羅生門』について解説(考察)していきます。それではみていきましょう。

-あらすじ-

ある日の暮れ方、一人の下人が奉公先から暇を出された(解雇された)ので、羅生門の下でぼんやりと雨止みを待っている。

数年のうちに地震や火事や飢饉などが続いて起こったせいで京都は酷く荒れ果てており、空には死人の肉を狙う鴉が舞い、不気味なほどにひとけも少ない。

下人はさっきから「このままでは盗人になるよりほかあるまい」と考えているのだが、一方でその考えを強く肯定できず、どうしたものと思案している。

ともかく今日の寝床を確保しようと羅生門の楼の上に出るが、人のいないと思っていた楼の上には火がついていて、どうやら人がいるようである。

上にいたのは痩せ細った老婆で、死体の髪の毛を一本一本抜いている。それをみた下人は激しく憎悪し、老婆の前へおどり出る。

老婆は驚くが、「これとてもやはりせねば、饑死をするじゃて、仕方がなくする事じゃわいの」と言う。

それを聞いた下人は「きっと、そうか」と念を押し、「では、おれ引剥ひはぎしようと恨むまいな」と言うが早いか老婆の着物を剥ぎ取り、暗い夜の中にまぎれていった。

・『羅生門』-概要-

主人公  下人
物語の仕掛け人  老婆
舞台  平安京羅生門
時代背景  平安時代末期・晩秋
作者  芥川龍之介



-解説(考察)-

・下人はなぜ悪に走ったのか?

下人の自問自答・老婆とのやりとり

あらすじでもみたとおり、下人は職を失い、他に探せる職もありません。

そんな中、俺は盗人になるのか?それともどうにかして生きていくのか?いやどうにもならないだろう、やはり盗人になるほかあるまい、いや、でも、、、という自問自答が下人の中で際限なく繰り返されるのです。

盗人の他に道がないのであれば、論理的には下人は盗人になるしかありません。ですが、下人の道徳観がそれを押しとどめているという形です。

つまり、下人は善悪の狭間で揺れているのです。

では、下人はどのようにしてその自問自答にけりをつけたのでしょうか。

その決め手となるのが物語終盤の老婆とのやりとりです。そのやりとりは大体以下のようなものです。

武士
下人
こんなところで何をしている!(正義感)
し、死体から髪抜いて鬘にしようと思うて、、、
山姥
老婆
武士
下人
・・・
こ、この女(死体)も生前は蛇を魚や言うて売っておったです。悪いことじゃが生きるには仕方ないわな
山姥
老婆
であればな、わしのしてることも生きるためには仕方ないんじゃから、この女も許してくれるじゃろ?
山姥
老婆
武士
下人
そうか、、。では俺がお前の着物を盗っても文句はないな!
ひぃぃ!
山姥
老婆

 

少しポップに脚色しましたが、大体こんなところです。老婆の言い分にもうなずけるものがありますね。まとめてみると、老婆の論理はこういうものです。

  1. 女(死体)は生きるために蛇を売っていた。
  2. だからわし(老婆)も生きるために女の髪を毟ってかつらを売る

・生きるためには仕方がない

下人の論理

下人は羅生門の下で、盗人になるかならまいか思案していました。

しかし、自分で決断することが出来なかった下人は、老婆とのやりとりの中で悪事を肯定する論理(生きるためには仕方がない)を見出し、悪に身を委ねることにしたのです。

下人の論理をまとめるとこうなります。

  1. 女(死体)は生きるために蛇を売る。
  2. 老婆は生きるために女の髪を毟ってかつらを売る。
  3. じゃあ俺(下人)も生きるために老婆の服を剥いで売る

見事に悪の因果が続いていますね。こうした人間のエゴを芥川龍之介は見事に描いています。



・下人の行方は?

『羅生門』はハッピーエンドか

国語の授業などではよく、「作品のその後を想像して書きなさい」といった設問が見られたりします。この『羅生門』も例に漏れず、「下人の行方を想像して書きなさい」という設問は多いようです。

下人はその後盗人の世界で名声をほしいままにし、活動範囲は海をこえて広がりました。モンゴル帝国、東ローマ帝国へと移動しながら盗みの限りを尽くし、フランスでその盗みぶりは最盛を極めます。「怪盗ルパン」の元となったのはこの下人だと言われたり言われなかったり、、、

などと想像力を駆使して下人の行方を考えるのも楽しいですが、作品の論理(下人の論理)に立つと、実は下人の行方は容易に想像がつきます

「俺(下人)も生きるために老婆の服を剥いで売ろう」と考えた下人は、その時点で悪の因果に組み込まれています。

ですので、次には「別の誰かが生きるために下人の所有物を奪って売る」という場面が当然待ち構えているはずです。

つまり、羅生門の上にいた老婆の立場に下人が置き換わるということですね。

こうした『羅生門』の作品構成にしたがえば、残念ながら下人にハッピーエンドは待ち受けていなさそうにみえます。



『羅生門』-感想

・結局『羅生門』はどこがすごいのか?

比喩表現が巧みだった!

『羅生門』ってなんでこんなに有名なんでしょうか。もちろん、教科書にも載っていて結末(オチ)も面白いのですが、どうやらそれだけでもなさそうです。

次の文章を見てみてください。少し不思議な表現に気がつきませんか?

「羅生門が、朱雀大路にある以上は、この男のほかにも、雨やみをする市女笠や揉烏帽子が、もう二三人はありそうなものである」

芥川龍之介(1997)『羅生門 蜘蛛の糸 杜子春 外十八篇』,p9,文藝春秋.

注目してほしいのは、この「市女笠や揉烏帽子」という部分です。

この市女笠(いちめがさ)や揉烏帽子(もみえぼし)ってなんのことだか分かりますか?

これは、平安時代の女性や男性の被り物のことです。

 

揉み烏帽子市女笠

 

こんな感じのやつですね。市女笠が女性の、揉烏帽子が男性のかぶり物になります。

話を元に戻しますが、ここでの表現(「市女笠や揉烏帽子」)というのは実は比喩表現となります。

それって比喩なの?と思うかもしれませんが、例えるなら「おいそこのメガネ!」と言うのと同じですね。物を指しているにも関わらず、それを着けている人について言及しています。

比喩といえば「見ろ、人がゴミのようだ!(某大佐)」のような直喩や「お前はゴミだ!(ただの暴言)」のような隠喩が一般的です。

「おいそこのメガネ!」のような比喩は換喩といい、一般的には使われることの少ない比喩ですので高等テクニックだと言って良いでしょう(「花より団子」なんかもそうですね)。

そうした換喩を芥川龍之介はさらっと使い、しかも読者にほとんど違和感を残しません。

そうした小技が作品の随所に見られ、結果的に作品全体の質を高めることに繋がっています。



・下人はどこにでもいる普通の人なんだと思う

職を失って、明日から食べるものもない。もしこういう状況になったらあなたはどうするでしょうか?

いやいや、そんなことはあり得ないよ。日本は割と豊かだし、法や福祉の整備も割と整っているし。生きるために仕方なく悪行をするシチュエーションなんてなんてほとんどないよ。

たしかに今の日本で下人と同じ状況になることは考えにくいですが、時代が変わればこうならないとも限りません。

それに、そうなったら怖いなあ、あまり考えたくないなあ、という気持ちが、『羅生門』という作品を面白く読ませているのではないかと思います。

誰だって下人になりうる

下人と同じシチュエーションにはならないかもしれませんが、生きるためには仕方がないという論理は日常的にみることができます。

たとえば畜産なんかもそうですね。人間のエゴで毎年何億羽といった数のひよこが殺されています。これは食べられる数ではなく、食用になれない身体の弱い個体を廃棄する数です。

人間が生きるために効率の良い生産が求められ、その結果多くの命が失われていきます。これも、生きるためには仕方がないの論理と言えます。

こうした目を向けたくない人間の本質非情さありありと描いたからこそ、『羅生門』は高い評価を得て読み継がれてきたのではないのでしょうか。


『羅生門』と『今昔物語集』の違い

『羅生門』と『今昔物語集』「巻二十九第十八 羅城門登上層見死人盗人語(羅生門の上層に登りて死人を見る盗人のこと)」並びに「巻三十一第三十一 大刀帯陣売魚嫗語(帯刀の陣に魚を売る嫗のこと)」との違いはたくさんあります

一部を例に挙げるとこんな感じです。

『羅生門』 『今昔物語集』
主人公 下人 盗人
門の名称 羅生門 羅城門
羅生門にいた人 老婆
女(死体) 蛇を売っていた 嫗の主人
下人が奪ったもの 老婆の着物 嫗の着物と死体の着物と鬘

もし時間に余裕があれば、それぞれの作品の相違点から『羅生門』を読んでみると、面白い発見があるかもしれません。

しかしながら、そんな余裕ないよ!という方がほとんどだと思います。

そんな方は『羅生門』の元ネタがあるんだ〜くらいに思っておいて、参考までにその違いを上の表で見ていただければ嬉しいです。

今日のポイント! 『羅生門』の要点

  • 芥川龍之介初期の作品。王朝物と呼ばれる。
  • 今昔物語集の話が元ネタ
  • 比喩や誇張表現などが巧み
  • 善悪の狭間で揺れ動く下人を通して人間の本質を描いた



・作品情報

◆羅生門(『羅生門 蜘蛛の糸 杜子春 外十八篇,p9〜p18』)◆ 

◆ 著者:芥川龍之介
◆ 発行者:花田朋子
◆ 発行所:文藝春秋
◆ 印刷所:凸版出版
◆ 製本所:加藤製本
◆ 発行:1997年2月10日

◆ 『羅生門』初出:大正4年9月

あらら本店ロゴ

もっと読む↓

あばばばばタイトル

2019/9/5

『あばばばば』の内容ってどんなもの?あらすじ・解説・感想までをまとめました!

『あばばばば』は主人公の視点を通して、ある女性の変化を描いた物語です。芥川作品の中でも私小説的な作風の「保吉もの」のひとつでもあります。ここでは『あばばばば』の面白さを紹介するとともに、あらすじ・考察・感想までをまとめました。

ReadMore

桃太郎タイトル

2019/9/4

芥川龍之介の『桃太郎』が面白い!たった3分で昔話との違いを解説

『桃太郎』は日本で最も広く知られている昔話のひとつで、桃太郎が鬼を退治する勧善懲悪の物語となっています。しかし、芥川の『桃太郎』は、客観的な視点で今までの桃太郎を捉え直しています。ここでは芥川龍之介の『桃太郎』を解説し、あらすじから感想までをまとめました。それではみていきましょう。

ReadMore

2019/8/29

芥川龍之介『歯車』を解説!目に見える歯車と目に見えない歯車とは?

『歯車』は、晩年の芥川自身を主人公とした私小説です。芥川の死後発表された遺稿の一つで、精神的な苦悩と陰鬱な生活が描かれています。芥川の最高傑作と評価する作家も多く、隠れた名作でもあります。ここでは、その『歯車』のあらすじから読解ポイント・感想を見ていきます。

ReadMore

芥川龍之介おすすめ

2019/8/24

タイプ別!芥川龍之介のおすすめ作品ランキング

芥川の作品が気になるけど、どれから読めばいいか分からない!ここではそんな人のために、読みやすさやスト-リー性などタイプ別に分けたランキングをまとめました。あなたに合った作品をぜひ見つけてみてください。

ReadMore

或阿呆の一生タイトル

2019/8/23

『或阿呆の一生』が3分で分かる!内容の解説と感想

『或阿呆の一生』は、死後に発表された芥川龍之介の遺作です。自伝的な内容で、二十歳の頃の回想から、死の直前までの印象風景が描かれています。
ここでは内容をざっと紹介し、細かい点を解説していきます。

ReadMore

蜜柑タイトル

2019/8/22

芥川龍之介『蜜柑』の面白さが3分でわかる!あらすじから解説まで

『蜜柑』は芥川中期の作品です。列車の中での少女の行動を通して、主人公の移り変わる心境が描かれています。芥川本人の体験がそのまま物語になったもので、芥川作品の中では珍しい物語になっています。ここではそんな『蜜柑』のあらすじ・解説・感想を分かりやすく書いています。

ReadMore

河童タイトル

2019/8/21

芥川『河童』を丁寧に解説。あらすじから感想まで!

『河童』は芥川龍之介の晩年に書かれた小説です。人間の世界とはあべこべな河童の国を描くことで社会を風刺している作品といわれます。ここでは河童の世界を解説することで、作品を理解しやすくします。それではまずは簡単なあらすじからみていきましょう。

ReadMore

芋粥タイトル

2019/8/20

『芋粥』テーマは人間悪!あらすじから解説まとめ!

『芋粥』は芋粥をたらふく食べることが夢である主人公の話で、今昔物語集の話を元にして作られました。原話は教訓的な話ですが、芥川が書いたのは人間悪を全面に出した作品となっています。夢を叶えさせられた五位と、人の夢を奪った利仁という構図が『芋粥』には見えてくるのです。

ReadMore

地獄変

2019/8/19

『地獄変』はどこが芸術的なのか?解説とあらすじと感想

『地獄変』は芥川龍之介の芸術至上主義的な物語で有名な小説です。狂気的な芸術家である良秀を主人公として悪魔的に美しい物語が進んでいきます。ここでは『地獄変』の芸術を解説し、あらすじから感想までをみていきます。

ReadMore

藪の中

2019/8/18

『藪の中』の矛盾点を徹底解説!あらすじから感想まで!

『藪の中』は芥川龍之介の短編小説。登場人物どうしの矛盾する陳述によって、事件の真相が分からなくなる物語です。ここでは『藪の中』の矛盾点を具体的に解説しながら、物語の楽しみ方を紹介していきます。それでは見ていきましょう。

ReadMore

-芥川龍之介

Copyright© あらら本店 , 2019 All Rights Reserved.