中島敦の『弟子』を解説!むずかしい登場人物を簡単に紹介します!

投稿日:

『弟子』とは?

『弟子』は、中島敦の短編小説で、中国の思想家・孔子の弟子である子路を主人公にした物語です。

温和な師匠である孔子と、真っ直ぐで気性の激しい子路の師弟関係が描かれています。

ここでは、『弟子』のあらすじ・解説・感想と、孔子とその弟子たちについての概要もまとめました。

この記事を読んで分かること

  • 『弟子』のあらすじ・概要
  • 『弟子』に出てくる孔門十哲の概略
  • 子路を殺した蒯聵(カイカイ)について
  • 『弟子』の感想 ~『弟子』の子路と『悟浄歎異』の孫悟空~



-あらすじ-

町の荒くれ者だった子路は、似非賢者を辱めてやろうと孔子の元へ赴きます。

しかし、問答のなかで孔子の尊大さを知った彼は、すぐさま孔子の弟子となります。

孔子は偉大な思想家だったため、その門を叩く人は多く、弟子を増やしながら彼らは中国各地を旅します。

旅の途中、小さなことでも気になる子路は、幾度も孔子に問答をしかけ、世の中のことや人間の生き方について学んでいきます。

その愚直さから一番手のかかる弟子の子路でしたが、それでも次第に貫禄が出てきて、最後には衛の一つの邑(ゆう※都市的な集住地)を治めるまでになります。

その真っ直ぐで潔い気性から、邑の者にも好かれた子路でしたが、数年後、魯に政変が起こります。

子路は当然主君を救おうと勇みますが、その意志叶わず返り討ちに遭い、切り裂かれて死んでしまいます

孔子はその報を遠く魯の国で聞き、さめざめと涙を流しました。

・『弟子』の概要

主人公 子路
物語の
仕掛け人
孔子
主な舞台 中国の国々
時代背景 春秋時代(前6世紀~5世紀頃)
作者 中島敦



-解説(考察)-

『弟子』は登場人物が多く、また聞き慣れない名前も多いです。

しかし、彼らのバックグラウンドを知ることで、作品がより分かりやすくなります

ですのでここでは、

  1. 『弟子』に出てくる孔門十哲について
  2. 子路を殺した蒯聵(カイカイ)について

二点を解説していきます。それではさっそくみていきましょう。

・『弟子』に出てくる孔門十哲の解説

「孔門十哲」とは、孔子の優れた十人の弟子を指した言葉です。

中島敦の『弟子』は、中国の思想家である孔子と孔門十哲が物語の下敷きになっています。

孔子?なんとなく聞いたことはあるけど・・・

そんな方に向けて、今から簡単にではありますが、『弟子』に出てくる

  • 孔子(こうし)
  • 子路(しろ)
  • 子貢(しこう)
  • 顔回(がんかい)

という、孔子と3人の弟子をピックアップして紹介します。

まずは孔子です。ぜひ物語の背景を知る参考にしてみて下さい。

・孔子

始めに紹介する孔子(こうし)は中国最大とも言われる思想家です。

知に富み、徳が高く、多くの弟子に慕われていました。

腕っぷしも強く、身長は2メートルを超えるとも言われ、まさに知・徳・体を兼ね備えた完璧人間です。

彼の教えは『論語』にまとめられ、2500年を経た現代でも愛読する人が多い書物です。

彼の優れた弟子たちは、

  • 孔門十哲

と呼ばれ、中島敦の『弟子』にもそのうちの何人かが登場します。次はその弟子たちを見ていきましょう。

・子路

子路(しろ)は『弟子』の主人公。

  • 学ではなく武を好み、ややこしいことが嫌いで真っ直ぐな性格

の持ち主です。

孔子が理性の人なら、子路は感情の人と言えるでしょう。

『論語』での登場回数が最も多く、孔子にも可愛がられていたことの分かる、人間味のある人物です。

・子貢

子貢は、

  • 孔子以上の実力

とまでもてはやされる優れた才能の持ち主です。

とくに弁が立ち、上手に相手を丸め込みます。

その長所をもって、外交や商売で手腕を発揮します。

・顔回(顔淵)

孔子に最も可愛がられたのが子路なら、孔子に最も愛されたのはこの顔回でしょう。

  • 孔子の教えを最も深く理解していた人物

として知られています。

孔子のお気に入りだった顔回は、十哲の仲間から度々嫉妬を受けており、『弟子』でも子貢から嫉妬されている描写があります。

顔回は秀才でしたが若くして死に、滅多に人前では泣かない孔子も声を上げて泣いたと言います。

こうしたことからも、孔子に非常に愛されていた人物であることが分かります。

 

以上、孔子と孔門十哲の弟子3人を紹介しました。

『弟子』では人物像が最低限に描かれているので、それぞれのキャラクターが分かりにくいという方もいたかもしれません。

そういう方はこれらの特徴を参考にして、『弟子』の物語を補ってみて下さい。



・子路を殺した蒯聵(カイカイ)について

物語の終わり、子路は蒯聵の命によって、石乞せききつ盂黶うえんの二剣士に殺されてしまいます。

「見よ! 君子は、冠を、正しゅうして、死ぬものだぞ!」

子路は叫び、勇敢な最期を遂げますが、その後の凄惨な死に姿は読者に鮮烈な印象を残します。

昔の中国には残酷な刑が多くありました。

子路が受けたししびしおとは、死体を塩漬けにすることで腐敗を防ぎ、罪人を長く人目にさらすことを目的とした塩漬けの刑です。

(孔子は)子路のししびしおにされたと聞くや、家中の塩漬類をことごとく捨てさせ、爾後じご、醢は一切食膳に上さなかったということである。

物語中の子路の真っ直ぐな生き方を見ていた私たちも、孔子の気持ちが分かる気がします。

このような刑を与えたのは、衛の国の荘公の座を奪った、

  • 蒯聵(カイカイ)

という人物です。

彼は前の王の息子として生まれるも、理由あって国を追われ、時期を見計らって再び衛国に戻ってきた経緯を持ちます。

実はこの蒯聵ですが、中島敦の『盈虚(えいきょ)』という作品で、主人公として描かれています。

ネタバレになるといけないので詳しく触れませんが、とても面白い作品です。

『弟子』のラストで出てくる蒯聵はどのような物語になっているのか。

気になった方は『盈虚』もチェックしてみて下さい。



-感想-

・『弟子』の子路と『悟浄歎異』の孫悟空

『弟子』では、「形」を嫌う子路と、「形」を重んじる孔子の対立が描かれています。

礼節は形を教えるものであるため、孔子はそれを教えるのに苦労します。

原文が分かりやすいので、少し引用してみます。

形式主義への・この本能的忌避ってこの男に礼楽を教えるのは、孔子にとってもなかなかの難事であった。が、それ以上に、これを習うことが子路にとっての難事業であった。

子路は、孔子という人間の大きさに惹かれたのであって、その教えに惹かれたのではありません。

孔子十哲に入りながら、子路が孔子の言葉を素直に受け止めないのもそのためです。

だから彼はいつも孔子に叱られてばかりいますが、孔子という人間に全幅の信頼を置いているので、一向に気になりません。

そんな彼らのやりとりは、どこか『悟浄歎異』の三蔵法師と孫悟空を思わせるところがあります。

西遊記の孫悟空

『悟浄歎異』とは、中島敦の西遊記物語です。

その物語に出てくる孫悟空も、子路と同じように感情の人であり、形式を嫌い、自分の信じた道をひたすらに進むタイプです。

『弟子』の子路というキャラクターが気に入ったという方は、ぜひ一度、中島敦の西遊記シリーズにも触れてみて下さい。

ここでは『悟浄歎異』と、その前篇である『悟浄出世』の解説もしているので、興味があれば覗いてみて下さい。

サムネイル画像
中島敦の西遊記!『悟浄出世』のあらすじと解説&感想まとめ

中島敦の『悟浄出世』は、『西遊記』の登場人物である沙悟浄(さごじょう)を主人公にした物語。沙悟浄が三蔵法師一行に出会うまでの物語がつづられます。ここでは、そんな『悟浄出世』のあらすじ・解説・感想をまとめました。それではみていきましょう。

続きを見る

サムネイル画像
中島敦の西遊記後編!『悟浄歎異』で沙悟浄は孫悟空から何を学ぶのか?

『悟浄歎異』は『悟浄出世』に次ぐ中島敦の西遊記シリーズ後編です。主人公・沙悟浄による、三蔵法師一行についての考察が描かれていきます。ここではそんな『悟浄歎異』のあらすじ・解説・感想をまとめました。それではみていきましょう。

続きを見る

ここまでお読みいただきありがとうございました!



-評価-

子路の熱さ

孔子の愛され度

『弟子』のひとことまとめ

  • 孔子と子路の師弟関係を、対比的に描いた物語。

・作品情報

  • 『弟子』(『中島敦全集3』筑摩書房)
  • 著者:中島敦
  • 発行者:山野浩一
  • 発行所:筑摩書房
  • 印刷所:三松堂井印刷株式会社
  • 製本所:三松堂井印刷株式会社
  • 発行:1993年5月24日

あらら本店ロゴ
▽こんな記事もおすすめ

サムネイル画像
中島敦『光と風と夢』のテーマは何?あらすじから解説&感想まで

『光と風と夢』は、中島敦の芥川賞候補作。英作家・スティーブンソンが晩年を過ごしたサモア諸島での日記をもとに物語が進む、伝記的な小説です。ここではそんな『光と風と夢』のあらすじ・考察・感想までをみていきます。

続きを見る

サムネイル
『文字禍』に出てくる”精霊”って何?あらすじから解説までをまとめました!

『文字禍』は中島敦の隠れた名作。アッシリア帝国時代を背景に、老博士ナブ・アヘ・エリバと文字の精霊の物語が描かれています。この記事では、読んだけど意味が分からない。文字の精霊って何?という方に向けて、『文字禍』のあらすじ・考察・感想までをまとめました。

続きを見る

2019/11/14

宇佐見りん『かか』の感想!内容&評価と見どころまとめ

この記事では『かか』の簡単なあらすじ・感想・評価をまとめている。『かか』は20歳の若さで第56回文藝賞を受賞した宇佐見りんさんの作品。方言と口語が混じる特有の文体と、様々な人間の「痛み」が見どころだ。

ReadMore

2019/11/13

尾崎一雄『暢気眼鏡』のあらすじ・感想!芥川賞初の短編集受賞作!

この記事では『暢気眼鏡』のあらすじ・みどころ解説・感想までをまとめました。『暢気眼鏡』は第五回芥川賞を受賞した尾崎一雄の小説。お金もなく職もない「私」と、その妻の芳枝。貧しくも暢気な二人の日常が描かれていく。

ReadMore

2019/11/12

冨澤有爲男『地中海』のあらすじと感想!第四回芥川賞受賞作

この記事では冨澤有爲男『地中海』のあらすじ・解説・感想までをまとめた。第四回芥川賞を受賞した本作は、パリに住む画家学生の主人公と、人妻である桂夫人の許されざる恋を描いた物語になっている。

ReadMore

2019/11/10

石川淳『普賢』あらすじ・解説・感想まとめ!二人のヒロインと饒舌な文体

この記事では『普賢』のあらすじ・解説・感想をまとめています。第四回芥川賞を受賞した石川淳の小説。饒舌体と呼ばれる怒濤の文体で、主人公と関わる人々や身の回りに起こる出来事が語られていく。

ReadMore

2019/11/8

小説『共喰い』のあらすじ・解説・感想!内容よりも構成で読まれるべき作品

この記事では小説『共喰い』のあらすじ・見どころ解説・感想をまとめた。田中慎弥さんの第146回芥川賞受賞作。川辺という海に近い小さな町で繰り広げられる、性の欲望をめぐる物語が構成的に描かれる。

ReadMore

2019/11/6

川上未映子『乳と卵』の感想と見どころ解説!豊胸手術と月経の苦悶

この記事では『乳と卵』のあらすじ・解説・感想をまとめた。この物語は「乳」の問題に悩む母親の巻子と、「卵」の問題に悩む娘の緑子の様子が、川上未映子さん特有の大阪弁口語調で描かれている。第138回芥川賞受賞作でもあり、『夏物語』の下敷きとなっている作品でもある。

ReadMore

2019/11/5

川上未映子『夏物語」の内容紹介と感想!『乳と卵』をさらに掘り進めた作品

2019年で一番力のある作品に出会った。この記事では『夏物語』の内容紹介と感想をまとめている。作品は二部構成。第一部は『乳と卵』に手を加えてボリュームアップしたものが、第二部ではそれから八年後の新たな物語が描かれる。

ReadMore

2019/11/3

小田嶽夫『城外』のあらすじ感想!主人公が感じた3つの疎外感とは?

この記事では小田嶽夫『城外』のあらすじ・解説・感想をまとめています。第三回芥川賞を受賞した『城外』は、主人公の疎外感と、下女・桂英との恋愛が描かれる物語。ここでは主人公が感じた「三つの疎外感」を元に作品を見ていきます。

ReadMore

Copyright© あらら本店 , 2019 All Rights Reserved.