転向文学の代表作!高見順『故旧忘れ得べき』のあらすじ・解説・感想まとめ

投稿日:

『故旧忘れ得べき』とは?

『故旧忘れ得べき』は、高見順の芥川賞候補作で、転向文学の代表的な作品として知られています。

左翼活動に傾倒した学生時代と現在の生活の比較を通して、主人公とその友人達の自我の乖離が描かれる物語です。

ここではそんな『故旧忘れ得べき』のあらすじ・解説・感想をまとめています。

この記事を読んで分かること

  • 『故旧忘れ得べき』のあらすじ・概要
  • ・解説1
  • ・解説2
  • 『故旧忘れ得べき』の感想 ~~
  • まとめ・評価・関連記事



『故旧忘れ得べき』のあらすじ

主人公の小関は、母と妻と三人で貧しい暮らしをしている。

もとは高等学校を出たエリートだったが、左翼活動の波に呑まれて良い職に就けず、コネで入った雑誌社で安月給をもらっているのだ。

頭に禿が出来て、知り合いの医者である旧友のに診てもらおうと病院に行ったとき、偶然に同窓の篠原辰也に出会う。

篠原は神戸の金持ちの息子で良い身なりをしているので、小関は自分の薄給を情けなく思う。

しかし、小関は篠原との出会いから旧友達との交友が再び活発になってゆく。

保険外交員の松下長造、新聞記者の友成達雄や、彼らに関係する女性達。

そして終盤には転向した沢村稔という友人の自殺が描かれる。

旧友たちは彼の追憶会を行い、「故旧忘れ得べき(蛍の光)」を唄って物語は幕を閉じる。

・『故旧忘れ得べき』の概要

主人公 小関健児
物語の
仕掛け人
篠原辰也
主な舞台 東京
時代背景 昭和初期
作者 高見順



-解説(考察)-

・『故旧忘れ得べき』のテーマ ~乖離した自我~

『故旧忘れ得べき』の物語のテーマは、

  • 乖離した自我

です。広く知られているように、この物語はマルキシズムから転向した人々が描かれています。

マルキシズムとは?

マルキシズムとは、ロシア革命家のマルクスやレーニンなどが発展させた共産主義的な思想です。

資本家が労働者から搾取する経済システムを廃止し、共同で平等に運営する社会システムを唱えました。

日本でも大正~昭和初期にかけてマルキシズムが流行しましたが、日本帝国政府側の弾圧によって勢力は弱まります。

そうした弾圧で、共産・社会主義的な思想を捨てさせられたことを「転向」と言います。

高見順・中野重治などは転向をテーマにした作品を残しており、『故旧忘れ得べき』もその代表作です。

思想を強制的に捨てさせられるというのは、これまで生きてきて培ってきたアイデンティティを矯正されることと同じです。

主人公の小関や篠原は、マルキシズムに傾倒していた学生時代と、大人になり普通に働いている現在との乖離を感じながら生きています。

ほかの登場人物たちも、学生時代の自分と大人になった自分のかけ離れた姿に戸惑いを隠せません。

たとえば、柔道部で豪放だった松下長造は今では保険の外交員に。また当時は天才的な才覚を見せた友成達雄も、今では凡庸な新聞記者として描写されています。

このように、『故旧忘れ得べき』は学生時代とは違う、もっと言えば思想を持っていたときとは違う、彼らの乖離した自我がテーマになっている作品です。

ほかにも、転向に伴う主人公の心情を描いた村山知義の『白夜』。転向後にどう生きるかを描いた中野重治の『村の家』、島木健作の『再建』などは、「マルキシズムと転向」というテーマを掘り下げている作品です。

『故旧忘れ得べき』の「転向」というテーマが共通しているので、深く知りたい方はそれらもまとめて読むと理解しやすいと思います。



・『故旧忘れ得べき』のタイトル

この作品を面白くしているのが、『故旧忘れ得べき』という題名に関連する音楽です。

ある曲のタイトルである「Auld Lang Syne」の意訳が「故旧忘れ得べき」であり、日本では「蛍の光」という楽曲名で知られています。

閉店の音楽などで身近な「蛍の光」ですが、原曲はスコットランドの民謡で、実は世界中で親しまれている唱歌です。

ラストでは故人を偲んで男達が「蛍の光」をしめやかに合唱するのですが、メロディを知っているだけに切ない場面になっています。

冒頭でも以下の歌詞が引用されており、物語の中心になっていることが分かります。

Should auld acquaintance be forgot,
And never brought to min,?
Should auld acquaintance be forgot,
And auld lang syne?

Robert Burns
高見順『昭和文学全集12』小学館,p531

大意

旧い友達を忘れてしまってもいいのだろうか。
あの頃の日々は忘れ去られるものなのだろうか。

登場人物たちはこの「蛍の光」を大声で歌うのではなく、「胸の中のモダモダを吐き出すような侘しい」気持ちで歌います。

つまり、歌詞の内容に身を任せて感傷的になっているわけではなく、やりきれない侘しさとやるせなさで歌うのです。

こうした音楽の効果を用いて雰囲気を作りあげることで、作品に独特な哀愁が漂っていることが『故旧忘れ得べき』の特徴にもなっています。



-感想-

・顔を出す作者

『故旧忘れ得べき』では、物語の途中で度々「作者」が顔を出します。

読者よ!とこちらに向かって呼びかけたり、描写の至らなさを許して欲しいとお願いしたりしてくるのです。

こうした手法は饒舌体と呼ばれて高見順の特徴でもありますが、この作品ではそれがとくに顕著でした。

個人的な感想で正直に言うと、最初は少し顔を出しすぎるなあと思う気もします。

ですが、途中からはむしろ作者と一緒に読んでいる感じがしてきて、物語の端に常に作者の姿が見えるようになり、慣れてくるとあまり気にならなくなりました(太宰の作品でも作者がたまに顔を出してきますが、あれとは少し違った感じでもっとぐいぐい来ます)。

こうした「作者」の独特な介入も、『故旧忘れ得べき』の特徴だと思います。

解説では「転向文学」としてこの作品を読み解く形でしたが、もちろん「転向」を気にせず物語を楽しむことも出来る作品です。

実際、僕はこの小説や『村の家』などが転向文学だということを読んだ後で知りました。

それでも面白かった記憶があるので、まだ読んだことのない人は難しいことは気にせず読んでみて下さい。



-評価-

作者の介入度

『故旧忘れ得べき』のひとことまとめ

  • 登場人物たちの現在と過去の比較を通して自我の乖離が描かれる物語。

・作品情報

  • 『故旧忘れ得べき』(『昭和文学全集12』小学館)
  • 著者:高見順
  • 発行者:相賀徹夫
  • 発行所:小学館
  • 印刷所:凸版印刷
  • 製本所:凸版印刷
  • 発行:1987年

あらら本店ロゴ
▽こちらの記事もおすすめ

サムネイル画像
太宰治『桜桃』のあらすじと考察&感想まとめ!

『桜桃』は、太宰治が遺した最後の短編小説です。妻と子を持つ主人公の心情が、桜桃(さくらんぼ)を通して表現されています。ここでは、作品のあらすじ・考察・感想までをまとめました。それではみていきましょう。

続きを見る

サムネイル画像
『人間失格』はバッドエンドか?あらすじ・解説・感想をまとめました!

『人間失格』は暗くて重い小説として有名です。しかし、この物語は本当にバッドエンドなのでしょうか?ここでは、太宰文学の金字塔とも言える『人間失格』のあらすじ・解説・感想をまとめました。それではみていきましょう。

続きを見る

サムネイル
太宰治『ヴィヨンの妻』のヴィヨンって誰?解説・感想・あらすじを一挙公開!

『ヴィヨンの妻』は、戦時中に太宰治が疎開先で書いた短編小説です。若い妻の苦悩や生き方が描かれていく物語です。ここでは『ヴィヨンの妻』のあらすじ・考察・感想までをまとめ、詩人ヴィヨンと太宰の関係についても解説します。

続きを見る

2019/11/17

【読みやすさ重視】近代日本文学おすすめ小説21選【純文学】

この記事では純文学のおすすめ小説21選を紹介しています。読書で大事なことは「一つの作品を読み切る」こと。ですのでここでは読みやすさを重視しつつ、長い年月のなかで高い評価を得てきた純文学作品でおすすめのラインナップを組みました。

ReadMore

2019/11/16

『ニムロッド』の解説・感想まとめ!価値を通して描かれる人間存在

この記事では『ニムロッド』のあらすじ・内容解説・感想までをまとめた。良く出来た作品という印象だ。「塔」という分かりやすいシンボルを軸とした社会構造や、仕事、恋愛、友情、夢、SFまで、『ニムロッド』には小説を楽しむ要素が詰めこまれている。

ReadMore

2019/11/14

宇佐見りん『かか』の感想!内容&評価と見どころまとめ

この記事では『かか』の簡単なあらすじ・感想・評価をまとめている。『かか』は20歳の若さで第56回文藝賞を受賞した宇佐見りんさんの作品。方言と口語が混じる特有の文体と、様々な人間の「痛み」が見どころだ。

ReadMore

2019/11/13

尾崎一雄『暢気眼鏡』のあらすじ・感想!芥川賞初の短編集受賞作!

この記事では『暢気眼鏡』のあらすじ・みどころ解説・感想までをまとめました。『暢気眼鏡』は第五回芥川賞を受賞した尾崎一雄の小説。お金もなく職もない「私」と、その妻の芳枝。貧しくも暢気な二人の日常が描かれていく。

ReadMore

2019/11/12

冨澤有爲男『地中海』のあらすじと感想!第四回芥川賞受賞作

この記事では冨澤有爲男『地中海』のあらすじ・解説・感想までをまとめた。第四回芥川賞を受賞した本作は、パリに住む画家学生の主人公と、人妻である桂夫人の許されざる恋を描いた物語になっている。

ReadMore

2019/11/10

石川淳『普賢』あらすじ・解説・感想まとめ!二人のヒロインと饒舌な文体

この記事では『普賢』のあらすじ・解説・感想をまとめています。第四回芥川賞を受賞した石川淳の小説。饒舌体と呼ばれる怒濤の文体で、主人公と関わる人々や身の回りに起こる出来事が語られていく。

ReadMore

2019/11/8

小説『共喰い』のあらすじ・解説・感想!内容よりも構成で読まれるべき作品

この記事では小説『共喰い』のあらすじ・見どころ解説・感想をまとめた。田中慎弥さんの第146回芥川賞受賞作。川辺という海に近い小さな町で繰り広げられる、性の欲望をめぐる物語が構成的に描かれる。

ReadMore

2019/11/6

川上未映子『乳と卵』の感想と見どころ解説!豊胸手術と月経の苦悶

この記事では『乳と卵』のあらすじ・解説・感想をまとめた。この物語は「乳」の問題に悩む母親の巻子と、「卵」の問題に悩む娘の緑子の様子が、川上未映子さん特有の大阪弁口語調で描かれている。第138回芥川賞受賞作でもあり、『夏物語』の下敷きとなっている作品でもある。

ReadMore

Copyright© あらら本店 , 2019 All Rights Reserved.