高見順後期の傑作!『いやな感じ』のあらすじ・考察・感想まとめ

投稿日:

『いやな感じ』とは?

高見順:単行本 – 2019/6/26(共和国)

『いやな感じ』は高見順の後期の作品。

昭和初期の動乱の中、アナーキストとして社会と過激に闘う主人公を描いています。

ここではそんな『いやな感じ』のあらすじ・解説・感想をまとめました。

この記事を読んで分かること

  • 『いやな感じ』のあらすじ・概要
  • ・解説1 隠語による独特な文体
  • ・解説2 作中の「いやな感じ」
  • 『いやな感じ』の感想 ~高見順の最高傑作のひとつ~
  • まとめ・評価・関連記事



『いやな感じ』のあらすじ

加柴四郎はアナーキストとして、資本主義社会を破壊しようと志しています。

彼は革命を起こすために様々な仲間と画策し、国家転覆をはかりますが、なかなか上手くいきません。

彼は当局から目を付けられる要注意人物になっていきますが、持ち前の度胸の良さと命知らずな性格で数々の難所をくぐり抜けていきます。

そして最後の革命を起こそうと加柴は中国へ向かい、ある出来事をラストに物語は幕を閉じます。

・『いやな感じ』の概要

主人公 加柴四郎
物語の
仕掛け人
砂馬慷一
主な舞台 東京→北海道→中国
時代背景 1930年代前後
作者 高見順



-解説(考察)-

・隠語による独特な文体

『いやな感じ』の特徴は隠語が多用されていることです。

  • スケナゴ=女
  • ムシニン=囚人
  • ギシュ=社会主義者
  • ヤマアラシ=暴動

など、おそらく普通の人なら分からない言葉でしょう。

こうした隠語を用いることで主人公のゴロツキ感を出したり、作品に独特な雰囲気を演出しています。

また、物語の主軸には「血を流す過激な革命」があるので、隠語を散りばめることで諧謔的な効果を狙ったのかもしれません。

いずれにせよ、物語中の隠語は『いやな感じ』という作品の特徴的な言語表現であり、高見順はその効果を巧妙に用いていると言えるでしょう。



・作中の「いやな感じ」

読んだ方は分かりますが、『いやな感じ』は

  • (いやな感じ)

を描いた作品です。

作中では6回のいやな感じが描かれます。

  1. 性病の治療で男性器の尿道から紫色の液体を注入するときの生理的ないやな感じ
  2. アナーキストの主人公が結局はブルジョアの私利私欲のために命を捧げることのいやな感じ
  3. 主人公が矢萩という人物に付け狙われるいやな感じ
  4. 日本刀で人の首を切るときのいやな感じ
  5. 同上
  6. 同上

このような心理的・生理的ないやな感じが随所に表現されることで、「いやな感じ」という言葉が作品の中で流動的に拡大していき、最後には作品独自のいやな感じが完成されます。

また、主人公はテロリストとして死にたい願望を持っているのですが、周りだけが死に、自分は死ぬ機会に恵まれません。

そうした主人公の煮えきらなさや喪失感も、いやな感じとして主人公にまとわりついています。

ちなみに5.6は同上としていますが、未読の方のための配慮で、正確には少し違います。まだ読んでいない人はぜひ読んでみて、いやな感じを捉えてみてください。



-感想-

・高見順の最高傑作のひとつ

『いやな感じ』はかなり面白い作品です。

独特な隠語を用いた文体が味を出していて、ぐんぐん惹き込まれます

作中では隠語にカッコが付けられているので意味が分かるようになっていますが、素で読むと何を言っているのか分かりません。

「ガゼビリにしちゃ、ハクイナゴだ」」

こうした言葉の微妙な効果も面白いポイントでしょう。

長編小説で読むのに時間はかかりますが、高見順の最高傑作として僕は断然おすすめします。

最近新しく刊行もされたので、『激流』や『大いなる手の影』などほかの後期作品より入手しやすい点も魅力的です。

高見順:単行本 – 2019/6/26(共和国)



-評価-

いやな感じ

『いやな感じ』のひとことまとめ

  • 主人公のアナーキスト活動を通していやな感じが描かれる物語。

・作品情報

  • 『いやな感じ』文春文庫
  • 著者:高見順
  • 発行者:西永達夫
  • 発行所:文藝春秋
  • 印刷所:凸版印刷
  • 製本所:加藤製本
  • 発行:1984年

あらら本店ロゴ
▽こちらの記事もおすすめ

サムネイル画像
太宰治『桜桃』のあらすじと考察&感想まとめ!

『桜桃』は、太宰治が遺した最後の短編小説です。妻と子を持つ主人公の心情が、桜桃(さくらんぼ)を通して表現されています。ここでは、作品のあらすじ・考察・感想までをまとめました。それではみていきましょう。

続きを見る

サムネイル画像
『人間失格』はバッドエンドか?あらすじ・解説・感想をまとめました!

『人間失格』は暗くて重い小説として有名です。しかし、この物語は本当にバッドエンドなのでしょうか?ここでは、太宰文学の金字塔とも言える『人間失格』のあらすじ・解説・感想をまとめました。それではみていきましょう。

続きを見る

サムネイル
太宰治『ヴィヨンの妻』のヴィヨンって誰?解説・感想・あらすじを一挙公開!

『ヴィヨンの妻』は、戦時中に太宰治が疎開先で書いた短編小説です。若い妻の苦悩や生き方が描かれていく物語です。ここでは『ヴィヨンの妻』のあらすじ・考察・感想までをまとめ、詩人ヴィヨンと太宰の関係についても解説します。

続きを見る

2019/11/17

【読みやすさ重視】近代日本文学おすすめ小説21選【純文学】

この記事では純文学のおすすめ小説21選を紹介しています。読書で大事なことは「一つの作品を読み切る」こと。ですのでここでは読みやすさを重視しつつ、長い年月のなかで高い評価を得てきた純文学作品でおすすめのラインナップを組みました。

ReadMore

2019/11/16

『ニムロッド』の解説・感想まとめ!価値を通して描かれる人間存在

この記事では『ニムロッド』のあらすじ・内容解説・感想までをまとめた。良く出来た作品という印象だ。「塔」という分かりやすいシンボルを軸とした社会構造や、仕事、恋愛、友情、夢、SFまで、『ニムロッド』には小説を楽しむ要素が詰めこまれている。

ReadMore

2019/11/14

宇佐見りん『かか』の感想!内容&評価と見どころまとめ

この記事では『かか』の簡単なあらすじ・感想・評価をまとめている。『かか』は20歳の若さで第56回文藝賞を受賞した宇佐見りんさんの作品。方言と口語が混じる特有の文体と、様々な人間の「痛み」が見どころだ。

ReadMore

2019/11/13

尾崎一雄『暢気眼鏡』のあらすじ・感想!芥川賞初の短編集受賞作!

この記事では『暢気眼鏡』のあらすじ・みどころ解説・感想までをまとめました。『暢気眼鏡』は第五回芥川賞を受賞した尾崎一雄の小説。お金もなく職もない「私」と、その妻の芳枝。貧しくも暢気な二人の日常が描かれていく。

ReadMore

2019/11/12

冨澤有爲男『地中海』のあらすじと感想!第四回芥川賞受賞作

この記事では冨澤有爲男『地中海』のあらすじ・解説・感想までをまとめた。第四回芥川賞を受賞した本作は、パリに住む画家学生の主人公と、人妻である桂夫人の許されざる恋を描いた物語になっている。

ReadMore

2019/11/10

石川淳『普賢』あらすじ・解説・感想まとめ!二人のヒロインと饒舌な文体

この記事では『普賢』のあらすじ・解説・感想をまとめています。第四回芥川賞を受賞した石川淳の小説。饒舌体と呼ばれる怒濤の文体で、主人公と関わる人々や身の回りに起こる出来事が語られていく。

ReadMore

2019/11/8

小説『共喰い』のあらすじ・解説・感想!内容よりも構成で読まれるべき作品

この記事では小説『共喰い』のあらすじ・見どころ解説・感想をまとめた。田中慎弥さんの第146回芥川賞受賞作。川辺という海に近い小さな町で繰り広げられる、性の欲望をめぐる物語が構成的に描かれる。

ReadMore

2019/11/6

川上未映子『乳と卵』の感想と見どころ解説!豊胸手術と月経の苦悶

この記事では『乳と卵』のあらすじ・解説・感想をまとめた。この物語は「乳」の問題に悩む母親の巻子と、「卵」の問題に悩む娘の緑子の様子が、川上未映子さん特有の大阪弁口語調で描かれている。第138回芥川賞受賞作でもあり、『夏物語』の下敷きとなっている作品でもある。

ReadMore

Copyright© あらら本店 , 2019 All Rights Reserved.