保存版!大阪を愛した織田作之助のおすすめ作品5選!

投稿日:2019年10月21日 更新日:

大阪を代表する作家!織田作之助

織田作之助は昭和初期に活躍した作家で、太宰治・坂口安吾らとともに無頼派と呼ばれる立ち位置にいます。

大阪出身で、作品にも大阪の町や風景を前面に描いたことから、大阪を代表する作家として親しまれてきました。

ここではそんな織田作之助のおすすめ小説5選を紹介します。



織田作之助のおすすめ小説5選!

1.『青春の逆説』

織田作之助:わが町・青春の逆説 (岩波文庫)

『青春の逆説』は、織田作之助初期の代表作です。

過剰な自意識と、女性にねじれた好奇心を持つ主人公・豹一の半生が描かれています。

当時の三高(現・京都大学)の様子が描かれているので、昔の学生の雰囲気を感じたい方におすすめの一篇です。

こんな方におすすめ

  • 織田作之助の初期作品に触れたい人
  • 大正時代の学生の雰囲気を感じたい人。

2.『天衣無縫』

織田作之助:天衣無縫 (角川文庫)

とりあえず読みやすい短編をという方には『天衣無縫』をおすすめします。

主人公の政子を通して、天真爛漫な夫・軽部清正の人間性が描かれる短編小説です。

登場人物の軽部は『青春の逆説』に出てくる「野崎」という人間と同じ人物像ですので、『青春の逆説』を読んだ方にもおすすめです。

こんな方におすすめ

  • 短編で気軽に読める織田作之助の作品を探している人。
  • 『青春の逆説』を読んで次の作品を探している人。



3.『夫婦善哉』

織田作之助:夫婦善哉 正続 他十二篇 (岩波文庫)

『夫婦善哉』は大阪のリアルな情緒を背景に、大人の男女の関係が描かれる物語です。

織田作之助の代表作で、自由軒のライスカレーが作中に出てくるなど当時の大阪の様子がありありと描かれています。

とにかくおすすめを教えて欲しい!という方には、この『夫婦善哉』をおすすめします。

こんな方におすすめ

  • 織田作之助の代表作を押さえておきたい人。
  • とにかく一番のおすすめを教えて欲しい人。

4.『土曜夫人』

織田作之助:土曜夫人 Kindle版

『土曜夫人』は織田作之助が死ぬ前年に発表された後期の代表作です。

京都を舞台に、さまざまな女性達の土曜日の物語が繰り広げられます。

紙の本が入手しづらいのが難点ですが、読みやすく非常に面白い作品です。

こんな方におすすめ

  • ストーリーが面白い織田作之助の作品を探している人。
  • 後期の織田作之助作品を読みたい人。

5.『俗臭』

俗臭―織田作之助「初出」作品集 (インパクト選書 4)

最後に紹介する『俗臭』は、織田作之助の芥川賞候補作です。

織田作之助の作品の中でも珍しく、主人公が金持ちに成り上がろうとするサクセスストーリーになっています。

岩波文庫の『夫婦善哉』にも収録されていますがそちらは短くなった改稿版ですので、芥川賞候補作になった『俗臭』を読みたい方は初出版の方を探してみて下さい。

こんな方におすすめ

  • 芥川賞候補作になった織田作之助の作品を読みたい人。
  • 分かりやすく読みやすい物語を探している人。



とりあえず買うならどれがいい?

以上、織田作之助のおすすめ小説5でした。

織田作之助作品の特徴は、当時の大阪の雰囲気や食べ物などのグルメが細かく描かれているところです。

宮沢賢治が岩手の人々に愛されているように、織田作之助は大阪の人なら特に読んでおきたい作家でしょう。

どの作品もとても面白いですが、一冊だけを選べと言われれば岩波文庫の『夫婦善哉正続』がおすすめです。

代表作の『夫婦善哉』が入っている上に、『雨』や『勝負師』など代表的な短編を集めた作品集になっているので、とりあえず織田作之助の作品に触れたいという方にぴったりかと思います。

もし作品が気に入れば、『織田作之助(ちくま日本文学全集)』などもおすすめです。織田作之助の作品選びの助けになれば幸いです。以上。

織田作之助:夫婦善哉 正続 他十二篇 (岩波文庫)

▽こちらの記事もおすすめ

サムネイル
太宰治のおすすめ小説9選!前期・中期・後期それぞれベスト3をピックアップ!

太宰治のおすすめ小説はこれで決まり!太宰の活動時期を前期・中期・後期に分け、それぞれの時期でベスト3を選出しました。全9作品のなかからお好みの作品を見つけてみてください。それではみていきましょう。

続きを見る

サムネイル
【決定版】芥川龍之介のおすすめ小説9選!ランキング形式で紹介します

芥川の作品が気になるけど、どれから読めばいいか分からない!ここではそんな人のために、読みやすさやスト-リー性などタイプ別に分けたランキングをまとめました。あなたに合った作品をぜひ見つけてみてください。

続きを見る

サムネイル画像
又吉直樹の「小説じゃない」おすすめ本5選!俳句・エッセイ本まとめ

又吉直樹さんは、芥川賞を受賞した小説『火花』をはじめ、俳句・エッセイなど多岐にわたる文筆活動をしています。ここでは、そんな又吉さんの「小説以外のジャンル」から、魅力溢れる本を5冊紹介していきたいと思います。又吉さんが好きだからほかの本のおすすめを知りたい!又吉さんの小説以外の作品も気になる!という方はぜひ参考にしてみてください。それではみていきましょう。

続きを見る

2019/10/21

保存版!大阪を愛した織田作之助のおすすめ作品5選!

織田作之助の小説を読んでみたいけど、どれから読めばいいか分からない。ここではそんな方に向けて、これを押さえておけば間違いないという織田作之助のおすすめ小説を紹介します。

ReadMore

2019/10/18

『土曜夫人』のあらすじ考察!来たるべき日曜日と戦後日本の行く末

『土曜夫人』は「誰もが主人公である」というテーマとともに、様々な女性の土曜日の夜が描かれる物語です。物語の終盤で唯一日曜日に登場する女性が、作品の重要な役割を担っています。ここではそんな『土曜夫人』のあらすじ・解説・感想をまとめました。

ReadMore

2019/10/13

織田作之助の『天衣無縫』ってどんな話?あらすじ・考察・感想まとめ

『天衣無縫』は、主人公の政子の視点を通して、夫の頼りなさが語られる物語です。しかしそんな夫もただ頼りないだけではありません。ここでは物語のあらすじ・考察・感想をまとめ、「天衣無縫」の意味や織田作之助のと作品との関連も解説します。

ReadMore

2019/10/12

織田作之助『青春の逆説』考察・あらすじ・感想まとめ!

過剰な自意識とねじれた好奇心を持つ主人公・豹一の半生が描かれる『青春の逆説』。大阪の作家・織田作之助の長編小説です。主人公の「女性受容」をテーマに物語は進みます。ここではそんな『青春の逆説』のあらすじ・解説・感想をまとめました。

ReadMore

2019/10/10

織田作之助『俗臭』のあらすじ&内容紹介。初稿版との違いも解説!

『俗臭』は織田作之助には珍しく、主人公が成功するサクセスストーリーです。この作品には、芥川賞候補になった初出版と改稿版のふたつの形があります。ここではそんな『俗臭』のあらすじ・考察・感想をメインに、初出版と改稿版の違いも解説していきます。

ReadMore

2019/10/9

織田作之助「或る意味で」の処女作『雨』のあらすじから解説まで

『雨』は織田作之助自らが「或る意味で私の処女作」という作品。お君という女性の変化を中心に物語が進行していきます。ここではそんな『雨』のあらすじ・解説・感想をまとめました。お君と豹一の「性の受容」を通して物語を見ていきます。ほかの織田作之助作品も紹介しています。

ReadMore

2019/10/8

織田作之助『夫婦善哉』に出てくる店まとめ!あらすじ・解説&感想も

ここでは『夫婦善哉』に出てくる大阪の店を整理・解説し、物語のあらすじから感想までをまとめました。大阪のリアルな情緒を背景に、蝶子と柳吉二人の関係を描く織田作之助の代表作。2007年に発見された『続夫婦善哉』も合わせて解説していきます。

ReadMore

Copyright© あらら本店 , 2019 All Rights Reserved.