『土曜夫人』のあらすじ考察!来たるべき日曜日と戦後日本の行く末

投稿日:

『土曜夫人』とは?

『土曜夫人』は織田作之助が死ぬ前年に発表された後期の代表作です。

戦後の混乱の中、京都を舞台にさまざまな女性達の土曜日の物語が繰り広げられます。

個人的には、次の日曜日に土曜日の女性達とは対照的な女性を描いたことで、戦後の日本を象徴的に描いた作品だと思います。

ここではそんな『土曜夫人』の簡単なあらすじ・解説・感想をまとめました。

この記事を読んで分かること

  • 『土曜夫人』のあらすじ・概要
  • ・解説1 『土曜夫人』のテーマ
  • ・解説2 『土曜夫人』の人物相関図
  • ・感想 ~来たるべき日曜日と戦後日本の行く末~
  • まとめ・評価・関連記事



『土曜夫人』の簡単なあらすじ

土曜日の夜、様々な女性達が描かれる。

美人ダンサーの陽子、同じくダンスが上手な茉莉。家出少女のチマ子に、靴磨きのカラ子や、バーの夏子。浮気者の芳子に、パトロンを持つ貴子はチマ子の母親だ。

そんな彼女たちを取り巻く、カメラマンの木崎、元侯爵の春隆、女慣れしている京吉、若手事業家の章三といったの面々。

彼ら彼女らが複雑に絡まり合い、それぞれの出来事が起こるうちに土曜の夜は更けていく。

日は変わり、日曜日になると物語は再び動き始める。

・『土曜夫人』の概要

主な舞台 京都
時代背景 戦後直後
作者 織田作之助



-解説(考察)-

・『土曜夫人』のテーマ

『土曜夫人』の物語には、

  • 誰もが人生の主人公なのだ

というテーマがあります。

主人公がひっきりなしに入れ替わる物語なので、誰が本当の主人公か分からない。そんな物語の構図から、このようなメッセージが読み取れる作品になっています。

このテーマについては、作中で「作者自身」と言われる人物が解説しているものが分かりやすいです。長いですが引用します。

この物語の主人公は、ダンサー陽子であろうか、カメラマンの木崎であろうか、それとも田村のマダム貴子であろうか、そのパトロンの章三であろうか、またはかつてのパトロンの銀造であろうか、その娘チマ子であろうか、田村の居候の京吉が主人公だともいえるし、京吉を兄ちゃんと呼んでいるカラ子も主人公の資格がないとは言い切れない。乗竹春隆もむろんそうだ。
そう言えば、アコーディオン弾きの坂野も、その細君の芳子も、その情夫のグッドモーニングの銀ちゃんもセントルイスのマダムの夏子も、貴子の友達の露子も、素人スリの北山も、清閑荘の女中のおシンも、上海帰りのルミも、芸者の千代若も、仏壇お春も、何じ世相がうんだ風変りな人物である以上、主人公たり得ることを要求する権利を持っているのだ。(中略)
いわば、彼等はみんな主人公なのだ。十番館のホールで自殺した茉莉ですら主人公だ。しかし、同時にまた、この人物だけがとくに主人公だということは出来ないのだ。

要するに、物語の登場人物の誰もが主人公であると同時に、この人物だけが主人公ということは言えないということを言っています。

『土曜夫人』は、日本が敗戦国となった戦後の混乱期に書かれた小説であることから、こうした「誰もが主人公だ」というテーマは、そのような時代に向かって放たれた言葉のようにも読み取れます。

とはいえ、作品が一連の流れに基づいた物語である以上、やはり主軸となる部分は存在します。

次の項目では、『土曜夫人』の人物相関図を見ていくことで、作品の構図や主軸となる人物を明らかにしていきます。



・『土曜夫人』の人物相関図

『土曜夫人』には30人ほどの登場人物が出てきます。

ここではその中から主要な人物を相関図にまとめてみました。

この相関図を見て分かることは、

  • 陽子
  • 京吉

にたくさんの関連線が集まっていることです。

カメラマンの木崎や、料亭田村のママ・貴子など、物語のメインにいる人物と比べてもその差ははっきりしています。

つまり、様々な人物が主人公だという作者の主張とは裏腹に、やはり物語の主軸となる人物は存在しているということです。

その人物とは京吉と陽子であり、物語はこの二人を軸に展開されていると考えられます。

『土曜夫人』が面白いのは、そうした二人を軸としながら、関連する人物の人生やバックグラウンドまでもが克明に描かれるという点でしょう。

そうすることで、作者の狙いである「誰もが主人公」だというテーマを浮かび上がらせ、かつ物語に奥行きを持たせています。



-感想-

・来たるべき日曜日と戦後日本の行く末

物語終盤に出てくる三等列車の美女が、この物語の重要人物のような気がします。

彼女は「かつての日本には殆んど見られなかった人物」であり、計り知れない美貌の持ち主です。

「あたしに会いたければ、銀座のアルセーヌにいらっしゃい」という言葉を残し、彼女は立ち去ります。

『土曜夫人』は、

  • 土曜の晩は女が乱れる

という前提の上にある物語であり、実際に登場するほとんどの女性が、男となにかしらの関係を持って土曜の夜を過ごします。

しかし終盤にでてくる列車に乗っているアルセーヌの美女は、唯一、日曜日になってから登場する人物です。

彼女は土曜日に描かれた女性たちと差別化され、いわば「日曜夫人」といえます。

戦前の日本を土曜日の女性達が象徴するなら、アルセーヌの女性は戦争が明けた戦後の日本を象徴する人物です。

第二次世界大戦という大きな戦争が終わり、転換を求められていた当時の日本を象徴するような彼女の登場は、『土曜夫人』が単なる土曜日の女性達を描いた物語ではなく、来たるべき次の時代を描こうとする物語であることを表しているのかもしれません。



-評価-

各人物描写の細かさ

『土曜夫人』のひとことまとめ

  • 土曜日の女性達と日曜日の女性を対比的に描いた主人公の多い物語。

・作品情報

  • 『土曜夫人』(『織田作之助全集7』講談社)
  • 著者:織田作之助
  • 発行者:野間省一
  • 印刷所:慶昌堂印刷株式会社
  • 製本所:大進堂

あらら本店ロゴ
▽こちらの記事もおすすめ

織田作之助の『天衣無縫』ってどんな話?あらすじ・考察・感想まとめ

『天衣無縫』は、主人公の政子の視点を通して、夫の頼りなさが語られる物語です。しかしそんな夫もただ頼りないだけではありません。ここでは物語のあらすじ・考察・感想をまとめ、「天衣無縫」の意味や織田作之助のと作品との関連も解説します。

続きを見る

織田作之助『青春の逆説』考察・あらすじ・感想まとめ!

過剰な自意識とねじれた好奇心を持つ主人公・豹一の半生が描かれる『青春の逆説』。大阪の作家・織田作之助の長編小説です。主人公の「女性受容」をテーマに物語は進みます。ここではそんな『青春の逆説』のあらすじ・解説・感想をまとめました。

続きを見る

織田作之助『俗臭』のあらすじ&内容紹介。初稿版との違いも解説!

『俗臭』は織田作之助には珍しく、主人公が成功するサクセスストーリーです。この作品には、芥川賞候補になった初出版と改稿版のふたつの形があります。ここではそんな『俗臭』のあらすじ・考察・感想をメインに、初出版と改稿版の違いも解説していきます。

続きを見る

2019/11/17

【読みやすさ重視】近代日本文学おすすめ小説21選【純文学】

この記事では純文学のおすすめ小説21選を紹介しています。読書で大事なことは「一つの作品を読み切る」こと。ですのでここでは読みやすさを重視しつつ、長い年月のなかで高い評価を得てきた純文学作品でおすすめのラインナップを組みました。

ReadMore

2019/11/16

『ニムロッド』の解説・感想まとめ!価値を通して描かれる人間存在

この記事では『ニムロッド』のあらすじ・内容解説・感想までをまとめた。良く出来た作品という印象だ。「塔」という分かりやすいシンボルを軸とした社会構造や、仕事、恋愛、友情、夢、SFまで、『ニムロッド』には小説を楽しむ要素が詰めこまれている。

ReadMore

2019/11/14

宇佐見りん『かか』の感想!内容&評価と見どころまとめ

この記事では『かか』の簡単なあらすじ・感想・評価をまとめている。『かか』は20歳の若さで第56回文藝賞を受賞した宇佐見りんさんの作品。方言と口語が混じる特有の文体と、様々な人間の「痛み」が見どころだ。

ReadMore

2019/11/13

尾崎一雄『暢気眼鏡』のあらすじ・感想!芥川賞初の短編集受賞作!

この記事では『暢気眼鏡』のあらすじ・みどころ解説・感想までをまとめました。『暢気眼鏡』は第五回芥川賞を受賞した尾崎一雄の小説。お金もなく職もない「私」と、その妻の芳枝。貧しくも暢気な二人の日常が描かれていく。

ReadMore

2019/11/12

冨澤有爲男『地中海』のあらすじと感想!第四回芥川賞受賞作

この記事では冨澤有爲男『地中海』のあらすじ・解説・感想までをまとめた。第四回芥川賞を受賞した本作は、パリに住む画家学生の主人公と、人妻である桂夫人の許されざる恋を描いた物語になっている。

ReadMore

2019/11/10

石川淳『普賢』あらすじ・解説・感想まとめ!二人のヒロインと饒舌な文体

この記事では『普賢』のあらすじ・解説・感想をまとめています。第四回芥川賞を受賞した石川淳の小説。饒舌体と呼ばれる怒濤の文体で、主人公と関わる人々や身の回りに起こる出来事が語られていく。

ReadMore

2019/11/8

小説『共喰い』のあらすじ・解説・感想!内容よりも構成で読まれるべき作品

この記事では小説『共喰い』のあらすじ・見どころ解説・感想をまとめた。田中慎弥さんの第146回芥川賞受賞作。川辺という海に近い小さな町で繰り広げられる、性の欲望をめぐる物語が構成的に描かれる。

ReadMore

2019/11/6

川上未映子『乳と卵』の感想と見どころ解説!豊胸手術と月経の苦悶

この記事では『乳と卵』のあらすじ・解説・感想をまとめた。この物語は「乳」の問題に悩む母親の巻子と、「卵」の問題に悩む娘の緑子の様子が、川上未映子さん特有の大阪弁口語調で描かれている。第138回芥川賞受賞作でもあり、『夏物語』の下敷きとなっている作品でもある。

ReadMore

Copyright© あらら本店 , 2019 All Rights Reserved.