井伏鱒二『黒い雨』のあらすじ・解説|白い虹と鰻の意味とは?

投稿日:

『黒い雨』とは?

『黒い雨』は井伏鱒二の代表的な小説です。

広島に落とされた原子爆弾を主軸に、被爆した人々の様子が描かれます。

ここではそんな『黒い雨』のあらすじ・解説・感想をまとめました。

この記事を読んで分かること

  • 『黒い雨』のあらすじ・概要
  • ・解説1 黒い雨の忌ま忌ましさ
  • ・解説2 白い虹と遡上する鰻
  • 『黒い雨』の感想 ~底知れぬ遣る瀬なさ~
  • まとめ・評価・関連記事



『黒い雨』のあらすじ

閑間重松は、矢須子の縁談が決まらないことが気がかりだ。

それというのも、矢須子があの8月6日に被爆した原爆患者ではないかと思われているからである。

たしかに矢須子は、あの日黒い雨を浴びていた。しかし、今のところ彼女に原爆患者と同じような症例は出ていないし、健康診断も問題ない。

重松は矢須子の身体が健康であることを見合い相手に証明するため、8月6日からの日記を清書し始めた。

その日記の清書から、終戦間近の広島と人々の様子が再び描き出されていく。

日記の清書をする現在と、日記の中の過去の話が同時進行的に進んでいき、8月15日の清書を終えたところで物語は幕を閉じる。

・『黒い雨』の概要

主人公 閑間重松
物語の
仕掛け人
矢須子
主な舞台 広島
時代背景 1945年
作者 井伏鱒二



-解説(考察)-

・黒い雨の忌ま忌ましさ

物語は戦後の様子から始まります。

1945年8月6日の出来事が語られるのは、閑間重松の日記や、他の人の回想などからです。

こうした形式が取られるのは、物語が戦争そのものを語りたかったのではなく、戦争の後遺症を――おもに原子爆弾による後遺症を――語りたかったからだと考えられます。

黒い雨は原子爆弾の影響を間接的に与え、広い範囲に放射能汚染を拡大させました。

川の魚や鳥類の鳩や雀はもちろん、物語のヒロインである矢須子も黒い雨に打たれています。

本来は恵みであるはずの雨に打たれただけで被爆してしまう力が、黒い雨にはあります。

『黒い雨』はそうした

  • 忌ま忌ましさや無念さ

が描かれている作品です。



・白い虹と遡上する鰻

物語中には、

  • 太陽を貫く白い虹

が何か起こる時の前触れとして描かれます。

重松の勤務する工場長は、二・二六事件の前日に白い虹を見て、重松は玉音放送の前日に白い虹を見ます。

それと同じように、この物語では

もきっかけを起こす象徴として描かれています。

玉音放送の日に、重松は綺麗な溝の中に被爆していないを見ます。

「こんな綺麗な流れが、ここにあったのか」
僕は気がついた。その流れのなかを鰻の子が行列をつくって、いそいそと遡っている。無数の小さな鰻の子の群である。見ていて実にめざましい。(中略)被災したらしいのはいなかった。

井伏鱒二『黒い雨』新潮社

鰻は海で孵化し、大きくなると淡水にさかのぼってくる生態を持ちます。そのため、鰻は被爆を免れたのかもしれません。

そんな鰻は、ヒロインの矢須子が入院する日にも登場します。

鰻を一尾だけ割いて白焼にする。その前に矢須子さんの蒲団を干す。午後四ごろ、雑貨屋の親爺さんが駆けつけて来る。
「今、お宅のお嬢さんから電話がありました。(中略)容態は大して悪くないから安心してくれとのことでした」

井伏鱒二『黒い雨』新潮社

このように見ると、「白い虹」も「遡上する鰻」も何かのきっかけとして機能していることは明らかです。

しかし、それらが良い兆候なのか、それとも悪い兆候なのかは物語の中ではっきりとしません。

それは、当時の人々にとって、

  • 終戦という事実が良いことなのか悪いことなのか分からない

という心境と重なって描かれているからだと考えられます。

日本が戦後どのように歩んできたかを現代の僕たちは分かっていますが、当時の人々は未来のことなど分かりません。

『黒い雨』はそうした民衆の心理も描いている作品だと言えるでしょう。



-感想-

・底知れぬ遣る瀬なさ

焼けただれた人々の身体や、無残に転がる死体。肉に群がる蠅と、異様に漂う臭気。

目を背けたくなる惨状が現実として起こったことを伝える井伏鱒二の『黒い雨』。

良く耳にする「原爆反対」という言葉がこの作品の中では痛切に響き、写真や映画や教科書では分からない人々の息づかいがにじみ出ている作品です。

「戦争の恐怖」や「原爆の怖ろしさ」などはどこかアイコン化されているように感じますが、戦争は「怖ろしい」というだけではない、底知れぬ遣る瀬なさや悲しみも横たわっているのだということを再認識させれます。

いわゆる正義の戦争よりも、不正義の平和の方がいい。

井伏鱒二『黒い雨』新潮社

面白いという理由じゃない、全日本人必読の小説です。

井伏鱒二: (新潮文庫) 文庫 – 1970/6/25



-評価-

原爆の悲惨さを正面から描く姿勢

『黒い雨』のひとことまとめ

  • 広島に落とされた原子爆弾を主軸に、被爆した人々の様子が描かれる物語。

・作品情報

  • 『黒い雨』新潮社
  • 著者:井伏鱒二
  • 発行者:佐藤亮一
  • 発行所:新潮社
  • 印刷所:二光印刷
  • 製本所:大口製本

あらら本店ロゴ
▽こちらの記事もおすすめ

サムネイル画像
太宰治『桜桃』のあらすじと考察&感想まとめ!

『桜桃』は、太宰治が遺した最後の短編小説です。妻と子を持つ主人公の心情が、桜桃(さくらんぼ)を通して表現されています。ここでは、作品のあらすじ・考察・感想までをまとめました。それではみていきましょう。

続きを見る

サムネイル画像
『人間失格』はバッドエンドか?あらすじ・解説・感想をまとめました!

『人間失格』は暗くて重い小説として有名です。しかし、この物語は本当にバッドエンドなのでしょうか?ここでは、太宰文学の金字塔とも言える『人間失格』のあらすじ・解説・感想をまとめました。それではみていきましょう。

続きを見る

サムネイル
太宰治『ヴィヨンの妻』のヴィヨンって誰?解説・感想・あらすじを一挙公開!

『ヴィヨンの妻』は、戦時中に太宰治が疎開先で書いた短編小説です。若い妻の苦悩や生き方が描かれていく物語です。ここでは『ヴィヨンの妻』のあらすじ・考察・感想までをまとめ、詩人ヴィヨンと太宰の関係についても解説します。

続きを見る

2019/11/17

【読みやすさ重視】近代日本文学おすすめ小説21選【純文学】

この記事では純文学のおすすめ小説21選を紹介しています。読書で大事なことは「一つの作品を読み切る」こと。ですのでここでは読みやすさを重視しつつ、長い年月のなかで高い評価を得てきた純文学作品でおすすめのラインナップを組みました。

ReadMore

2019/11/16

『ニムロッド』の解説・感想まとめ!価値を通して描かれる人間存在

この記事では『ニムロッド』のあらすじ・内容解説・感想までをまとめた。良く出来た作品という印象だ。「塔」という分かりやすいシンボルを軸とした社会構造や、仕事、恋愛、友情、夢、SFまで、『ニムロッド』には小説を楽しむ要素が詰めこまれている。

ReadMore

2019/11/14

宇佐見りん『かか』の感想!内容&評価と見どころまとめ

この記事では『かか』の簡単なあらすじ・感想・評価をまとめている。『かか』は20歳の若さで第56回文藝賞を受賞した宇佐見りんさんの作品。方言と口語が混じる特有の文体と、様々な人間の「痛み」が見どころだ。

ReadMore

2019/11/13

尾崎一雄『暢気眼鏡』のあらすじ・感想!芥川賞初の短編集受賞作!

この記事では『暢気眼鏡』のあらすじ・みどころ解説・感想までをまとめました。『暢気眼鏡』は第五回芥川賞を受賞した尾崎一雄の小説。お金もなく職もない「私」と、その妻の芳枝。貧しくも暢気な二人の日常が描かれていく。

ReadMore

2019/11/12

冨澤有爲男『地中海』のあらすじと感想!第四回芥川賞受賞作

この記事では冨澤有爲男『地中海』のあらすじ・解説・感想までをまとめた。第四回芥川賞を受賞した本作は、パリに住む画家学生の主人公と、人妻である桂夫人の許されざる恋を描いた物語になっている。

ReadMore

2019/11/10

石川淳『普賢』あらすじ・解説・感想まとめ!二人のヒロインと饒舌な文体

この記事では『普賢』のあらすじ・解説・感想をまとめています。第四回芥川賞を受賞した石川淳の小説。饒舌体と呼ばれる怒濤の文体で、主人公と関わる人々や身の回りに起こる出来事が語られていく。

ReadMore

2019/11/8

小説『共喰い』のあらすじ・解説・感想!内容よりも構成で読まれるべき作品

この記事では小説『共喰い』のあらすじ・見どころ解説・感想をまとめた。田中慎弥さんの第146回芥川賞受賞作。川辺という海に近い小さな町で繰り広げられる、性の欲望をめぐる物語が構成的に描かれる。

ReadMore

2019/11/6

川上未映子『乳と卵』の感想と見どころ解説!豊胸手術と月経の苦悶

この記事では『乳と卵』のあらすじ・解説・感想をまとめた。この物語は「乳」の問題に悩む母親の巻子と、「卵」の問題に悩む娘の緑子の様子が、川上未映子さん特有の大阪弁口語調で描かれている。第138回芥川賞受賞作でもあり、『夏物語』の下敷きとなっている作品でもある。

ReadMore

Copyright© あらら本店 , 2019 All Rights Reserved.