第一回芥川賞受賞作!石川達三『蒼氓』のあらすじと解説&感想

投稿日:

『蒼氓』とは?

『蒼氓』は石川達三の小説で、太宰治の『逆行』や高見順の『故旧忘れ得べき』を抑えて第一回芥川賞を受賞した作品です。

日本からブラジルに渡航しようとする移民たちが神戸港に集い、彼らが出港するまでの8日間が描かれています。

後年になってから、『蒼氓』はブラジルへ行くまでの船旅を描いた2部、ブラジルでの労働を描いた3部が付け足されています。

ここでは芥川賞を受賞した第1部の『蒼氓』のあらすじ・解説・感想をまとめました。

この記事を読んで分かること

  • 『蒼氓』のあらすじ・概要
  • ・解説1 地方民と都市民
  • ・解説2 民衆の心境
  • 『蒼氓』の感想 ~蒼氓の人間性~



『蒼氓』のあらすじ

1930年3月8日。神戸港にブラジルへ行く移民が集ってくる。8日後に予定。

移民の多くが地方の百姓で、ブラジルを新天地として再起を図っている。孫市と姉のお夏もそのうちの一人だ。

しかし、孫市は周囲から徴兵逃れの疑いを掛けられ心愉しまず、姉のお夏は故郷にいる男性への思いに後ろ髪を引かれている。

人々は収容所で仲間と打ち解け合い、出航までの8日間を思い思いに過ごしている。

出航の日、神戸の第三突堤には、移民達の親族や地元の小学生が見送りに来た。

船が動き出すと、皆は万歳を叫び、知らず知らずに涙を幾筋もながした。

孫市も離れつつある岸にむかって万歳を唱えていたが、ふと気がつくと姉のお夏が見当たらない

姉を見なかったかと色々な人に尋ねるも、みな万歳に夢中で見なかったという。

孫市は船のデッキや廊下を探し、最後に部屋の中を見てみるとお夏の姿があった。

彼女は半ば伏したままおいおいと泣いていた。孫市はそれを見て、涙がどっと溢れてきた。

エンジンの響く音が聞こえ、船が速度を上げた。

・『蒼氓』の概要

主人公 孫市
物語の
仕掛け人
お夏
主な舞台 神戸港
時代背景 1930年3月
作者 石川達三



-解説(考察)-

・地方民と都市民

『蒼氓』の特徴は、秋田や青森などの地方から来る農民の移民たちと、都会から来ている船員の対比だ。

船員には、監督、助監督、医者などがいて、収容所では権力を持っている。

彼らは移民達を多少なりとも見下しているが、農民達はそうした彼らの態度に気がつかない。

言い換えれば、そのような人間の小さな浅ましさなど思いも付かない、農民の純朴な精神が描かれる。

また、作中では地方の人々は方言を話し、船員は標準語を話している点も、農民と船員を対比的に浮かび上がらせている。

このような、

  • 地方の人々と都市圏の人々の対比

が、『蒼氓』の特徴のひとつと言える。

こうした特徴を踏まえて、この物語では民衆の心境が巧みに描かれていく。



・民衆の心境

タイトルである「蒼氓」とは、

  • 民・民衆

という意味であり、そのタイトルが示す通り、この短い物語の中には様々な思いを持つ民が登場する。

その中でも主軸となって描かれるのが、

  • お夏
  • 孫市

の姉弟だ。

お夏は故郷に結婚を申し込まれた男性がいたのだが、弟とのブラジル行きを先に約束していたため、泣く泣く移民になる。

しかし収容所へ届く男性からの手紙に、お夏は心を揺さぶられていく。

一方、孫市は移民先のブラジルに夢を持っているが、周囲から徴兵逃れではないのかと指摘されて、自問自答に苦しむ。

そんな不名誉なことを思われるくらいなら行かない方がましだ!

と思う孫市だが、やはりブラジル行きを手放したくもない。

出航するまでの八日間に、彼らの気持ちは日本とブラジルの間で揺れ動く。

そんなお夏と孫市の心境の描写をはじめ、他の移民たちの感情や思いが『蒼氓』という物語を面白くしている。



-感想-

・蒼氓の人間性

「ンだなし。・・・ンだどもしゃ、豊年も昔だばえかったどもしゃ、近ごろの豊年は何にもなんねもんなあ。安ぐなって、・・・同じことだ!」

『蒼氓』はこうした方言が随所に見られる。

読んでいるからまだ分かるが、聞くとなると半分くらいしか理解出来ないかもしれない。

だけど、こうした方言にはその人となりを表現する深い魅力がある。

物語の舞台となっている1930年は、今から約90年も前になる。

こうした言葉から読み取れる農民たちの精神の動きを見ていると、果たして彼らのように純朴な精神を持った人間は、現代にもまだいるのだろうかという思いがする。

「人間らしさ」というか、人間の芯みたいなものが、今とは比べものにならないくらいの手触りがある。

僕と彼らはもちろん同じ人間なわけだけれど、その人間性において、大きな隔たりがあるように思う。

このことから考えられるのは、90年先の人間も、今の僕たちの人間性とは大きく異なるのだろうということだ。

僕は『蒼氓』に登場する彼らのような人間性が好きだ。しかし、僕は彼らと同じような人間性を獲得することは出来ない。

だから僕は、物語で彼らに接近する。『蒼氓』はその接近を心地よく受け入れてくれる。

石川達三:蒼氓三部作(秋田魁新報社) 単行本 – 2014/6/27

▽こちらの記事もおすすめ

サムネイル画像
太宰治『桜桃』のあらすじと考察&感想まとめ!

『桜桃』は、太宰治が遺した最後の短編小説です。妻と子を持つ主人公の心情が、桜桃(さくらんぼ)を通して表現されています。ここでは、作品のあらすじ・考察・感想までをまとめました。それではみていきましょう。

続きを見る

サムネイル画像
『人間失格』はバッドエンドか?あらすじ・解説・感想をまとめました!

『人間失格』は暗くて重い小説として有名です。しかし、この物語は本当にバッドエンドなのでしょうか?ここでは、太宰文学の金字塔とも言える『人間失格』のあらすじ・解説・感想をまとめました。それではみていきましょう。

続きを見る

サムネイル
太宰治『ヴィヨンの妻』のヴィヨンって誰?解説・感想・あらすじを一挙公開!

『ヴィヨンの妻』は、戦時中に太宰治が疎開先で書いた短編小説です。若い妻の苦悩や生き方が描かれていく物語です。ここでは『ヴィヨンの妻』のあらすじ・考察・感想までをまとめ、詩人ヴィヨンと太宰の関係についても解説します。

続きを見る

2019/11/17

【読みやすさ重視】近代日本文学おすすめ小説21選【純文学】

この記事では純文学のおすすめ小説21選を紹介しています。読書で大事なことは「一つの作品を読み切る」こと。ですのでここでは読みやすさを重視しつつ、長い年月のなかで高い評価を得てきた純文学作品でおすすめのラインナップを組みました。

ReadMore

2019/11/16

『ニムロッド』の解説・感想まとめ!価値を通して描かれる人間存在

この記事では『ニムロッド』のあらすじ・内容解説・感想までをまとめた。良く出来た作品という印象だ。「塔」という分かりやすいシンボルを軸とした社会構造や、仕事、恋愛、友情、夢、SFまで、『ニムロッド』には小説を楽しむ要素が詰めこまれている。

ReadMore

2019/11/14

宇佐見りん『かか』の感想!内容&評価と見どころまとめ

この記事では『かか』の簡単なあらすじ・感想・評価をまとめている。『かか』は20歳の若さで第56回文藝賞を受賞した宇佐見りんさんの作品。方言と口語が混じる特有の文体と、様々な人間の「痛み」が見どころだ。

ReadMore

2019/11/13

尾崎一雄『暢気眼鏡』のあらすじ・感想!芥川賞初の短編集受賞作!

この記事では『暢気眼鏡』のあらすじ・みどころ解説・感想までをまとめました。『暢気眼鏡』は第五回芥川賞を受賞した尾崎一雄の小説。お金もなく職もない「私」と、その妻の芳枝。貧しくも暢気な二人の日常が描かれていく。

ReadMore

2019/11/12

冨澤有爲男『地中海』のあらすじと感想!第四回芥川賞受賞作

この記事では冨澤有爲男『地中海』のあらすじ・解説・感想までをまとめた。第四回芥川賞を受賞した本作は、パリに住む画家学生の主人公と、人妻である桂夫人の許されざる恋を描いた物語になっている。

ReadMore

2019/11/10

石川淳『普賢』あらすじ・解説・感想まとめ!二人のヒロインと饒舌な文体

この記事では『普賢』のあらすじ・解説・感想をまとめています。第四回芥川賞を受賞した石川淳の小説。饒舌体と呼ばれる怒濤の文体で、主人公と関わる人々や身の回りに起こる出来事が語られていく。

ReadMore

2019/11/8

小説『共喰い』のあらすじ・解説・感想!内容よりも構成で読まれるべき作品

この記事では小説『共喰い』のあらすじ・見どころ解説・感想をまとめた。田中慎弥さんの第146回芥川賞受賞作。川辺という海に近い小さな町で繰り広げられる、性の欲望をめぐる物語が構成的に描かれる。

ReadMore

2019/11/6

川上未映子『乳と卵』の感想と見どころ解説!豊胸手術と月経の苦悶

この記事では『乳と卵』のあらすじ・解説・感想をまとめた。この物語は「乳」の問題に悩む母親の巻子と、「卵」の問題に悩む娘の緑子の様子が、川上未映子さん特有の大阪弁口語調で描かれている。第138回芥川賞受賞作でもあり、『夏物語』の下敷きとなっている作品でもある。

ReadMore

Copyright© あらら本店 , 2019 All Rights Reserved.