おすすめ小説

【2022年】BTSが読んでいる本まとめ!メンバー全員の愛読書37冊を一挙公開!

世界的アイドルグループのBTS。

アイドルとして見た目が魅力的なことはもちろん、メンバー全員が本をよく読むという知的さもグッときますよね。

ここでは、そんなBTSメンバーが好きだと公言している本37冊をまとめました。

▽メンバーごとにまとめたので、知りたい人をクリックするとそこまでジャンプできます。

チェック

\ほとんどのメンバーが読んだ本は小説『アーモンド』です!/

V(テテ/テヒョン)が読んだ好きな本5冊

1.世界の古典と賢者の知恵に学ぶ言葉の力

2019年2月18日の空港で撮った写真と一緒に写っている本。

Vの愛読書として紹介され、日本でもベストセラーになりました。

2.わが息子よ、君はどう生きるか

「In the SOOP BTS」でテヒョンが手にしていた本。

若者たちが苦悩する多くの問題に対して、答えを提示してくれる内容です。

3.母をお願い

2017年10月16日のR&VLiveで紹介されていた本。

母が行方不明になった事件から始まる家族の物語で、世界的なベストセラーになった小説です。

4.家にいるのに帰りたい

Vが紹介した本として、日本でも有名になったエッセイ。

優しいイラストと文章で、心を和ませてくれます。

5.ミッドナイトライブラリー

In the SOOP BTSシーズン2で、テヒョンが聞いていたオーディオブックです。

この本はナムジュンやジンも読んでいて、BTS内で人気があることが分かります。

ジョングクが読んだ好きな本3冊

1.私は私のままで生きることにした

「ボンボヤージュ」シーズン3のマルタ編で、ジョングクが持っていた本です。

日本でも3年連続ベストセラーになったエッセイで、韓国の若者を中心に人気があります。

2.+1cm(プラスイッセンチ)たった1cmの差があなたの世界をがらりと変える

2014年のizeインタビューで、最近読んでいる本として挙げた一冊。

ファンの方から貰って、寝る前に少しずつ読んでいたそうです。

3.ライフレッスン

「BTS MEMORIES OF 2020」の写真で手にしている本。

SUGAが「一番感銘を受けた本」としても挙げています。

ジミンが読んだ好きな本2冊

1.死ぬより老いるのが心配だ

ジミンがプロダクト・マネージャーを務めたアルバム『BE』のコンセプト会議で、例に挙げられた一冊。

年齢にとらわれず、自分らしく明るく生きてほしいというメッセージが込められています。

2.冷静と情熱のあいだ

日本作家の江國香織さんの小説です。

ジミンが読んでいる本はあまり日本語訳されていないので、ここでの紹介は2冊となってしまいました。

ジン(ジンニム)が好きな本2冊

1.ナミヤ雑貨店の奇跡

2018年のMemoriesでジンが読んでいた本。

東野圭吾さんの作品で、日本では映画化までされています。

2.ぼのぼのみたいに生きられたらいいのに

韓国で大人気になっているぼのぼの。

ナムジュンも同じ本を読んでいて、メンバー内でも好きな人が多いようです。

SUGA(シュガ)が読んだ好きな本9冊

1.アーモンド

In the SOOPでシュガの読んでいた本。日本でもベストセラーです。

アーモンドはおそらくメンバー全員が読んでいますね。

2.彼女について

韓国でも人気がある日本作家・吉本ばななの一冊。

シュガが2018年に読んだ本です。

3.アルケミスト

シュガがARMYにおすすめしたい一冊として挙げた本。

世界的ベストセラーの小説です。

4.自分を変えれば人生が変わる

2020年6月14日に行われたライブコンサートから退出したとき、シュガが手に持っていた一冊。

性格の癖を見抜いて、人生を良くするという内容です。

5.フロイト精神分析学入門

2020年5月2日のラジオで言及された本。

シュガは哲学から漫画まで、読書の幅が広いです。

6.夢判断

フロイトの精神分析学入門と同じときに言及されていた本。

こちらも同じく精神分析学の内容です。

7.スラムダンク

日本でも有名な漫画・スラムダンク。

シュガはテヒョンとジョングクにもおすすめしています。

8.わが息子よ、君はどう生きるか

IN THE SOOPでシュガの前に置かれていた本。

もともとはテヒョンが持っていたので、みんなで読んだのかもしれません。

9.嫌われる勇気

IN THE SOOPシーズン2でシュガが読んでいた本。

日本の有名な自己啓発本で、韓国でもベストセラーになっています。

J-HOPE(ホソク)が読んだ好きな本8冊

1.愛するということ、愛されるということ

2017年11月17日のVLiveでホソクが紹介していた本。

アメリカのベストセラーで、読んだ後に心が安らぐ一冊です。

2.海底二万海里

ホソクが昔から好きだというSF探検小説。

作者のジュール・ベルヌが好きなようで、他の作品も読んでいる様子です。

3.ナミヤ雑貨店の奇跡

2019年1月28日のVLiveで、ホソクの本棚にあることが分かった一冊。

この本はジンも読んでいました。

4.花を見るように君を見る

ホソクが好きな詩人でもある作者ナ・テジュは、韓国で大人気です。

この本は韓国ドラマ『ボーイフレンド』で登場したほか、BLACKPINKのジスも読んでいます。

5.アーモンド

In the SOOPでホソクが読んでいた本。

『アーモンド』はBTSのみんなに読まれていることが分かります。

6.八十日間世界一周

『海底二万海里』と同じく、ジュール・ベルヌの探検小説です。

どきどきするような物語なので、気軽に読むことができます。

7.気にしない練習

Weverseで来た「何かおすすめの本はありますか?」というコメント。

ホソクがおすすめしたのは、この『気にしない練習』でした。

8.世の中に悪い人はいない

2021年2月17日のライブ配信でホソクが紹介した本です。

当時は日本で出版されていませんでしたが、2022年5月に発売されました。

RM(ナムジュン)が読んだ好きな本9冊

BTSのリーダーRM(ナム)は、メンバー内でも一番の読書家。

ダントツに読書量が多かったので、ここでは日本語で読みやすい本を9冊だけ紹介します。

▽RM(ナム)が読んだ本を全て知りたい人はこの記事をどうぞ。

1.パイドロス

2019年12月14日に挙げられた[BANGTAN BOMB] RM, Jin & V having fun singing songsでナムジュンが読んでいた本。

有名な哲学書を読んでいるあたりがRMらしいです。

2.1Q84

2016年11月29日のVLiveでナムジュンが紹介していた本。

世界的に有名な日本人作家・村上春樹の代表作です。

3.ぼのぼのみたいに生きられたらいいのに

ジンも読んでいるぼのぼのの本。

ぼのぼのについて書かれたエッセイで、Kindle読み放題の対象作品でもあります。

4.銀河ヒッチハイクガイド

2017年6月25日のVLiveで挙げられていた本。

SFの名作として名高いですが、誰でも読める軽さがあって手に取りやすい一冊です。

5.死にたいけどトッポギは食べたい

ボンボヤージュでナムジュンが持っていたエッセイ。

韓国の若い世代に人気でベストセラーとなり、日本でも有名な一冊となりました。

6.スティーブ・ジョブズ

2020年5月2日のVLiveで挙げられたスティーブ・ジョブズの自伝。

このあたりの本の選び方が、読書好きであることを表しています。

7.アーモンド

In the SOOPでナムジュンが読んでいた本。

感情表現がほとんどできない主人公が、少しずつ変化していく物語です。

8.ひこうき雲

2020年9月12日のVLiveで愛読書として紹介された一冊。

韓国では17万部のベストセラーとなった小説です。

9.ミッドナイト・ライブラリー

In the SOOPシーズン2でナムジュンが読んでいた小説。

世界的なベストセラーで、VやJINも同じ本を読んでいます。

以上、BTSが読んでいる本まとめでした!