刺繍のおすすめ本9選!花などの図案付き!初心者にもおすすめ!

図案付き刺繍のおすすめ本9選!

刺繍は実際に手を動かすので、文字ばかりの本では分かりにくいですよね。

この記事では、図案付きで分かりやすい刺繍の本を9冊紹介します。

初心者向け&基礎本から、少し変わった刺繍まで。気に入った本があればぜひ手に取ってみてください。

1.『はじめてでも上手にできる 刺しゅうの基本』

この本では、ひとつひとつの工程の説明が初心者でも分かるように簡単に書かれています。

上手に刺すためのコツも写真付きで掲載されているので、合っているかという心配がなく縫いすすめることができます。

また、可愛い図案がたくさんのっているのも魅力。

「刺繍を全くしたことがない」「裁縫が苦手だけど刺繍をやってみたい」そんな方にぴったりな一冊です。

2.『いちばんよくわかる 刺しゅうの基礎』

この本には、刺繍の基礎である使用する糸や布、針についての説明もあります。

意外とこういった基礎の部分を詳しく書いている本は少なく、刺繍初心者に優しい一冊となっています。

図案はシンプルなのが特徴で、実際に「できそう」「やってみよう」と感じるのが魅力。

これから刺繍をはじめたいと考えている方におすすめです。

3.『1色刺繍と小さな雑貨』

この本では、1色で仕上げる刺繍の図案が掲載されています。

糸の色をかえる手間や、色味を考える必要がないので気軽に刺繍を楽しむことができます。

木や鳥など可愛い図案がたくさん掲載されています。

「少し難しい刺繍に挑戦したい」という初心者の方から、上級者の方までおすすめできる一冊です。

4.『2色で楽しむ刺繍生活』

本書は、先ほど紹介した『1色刺繍と小さな雑貨』と同じく樋口愉美子さんが著者です。

もう1色プラスし、2色で仕上げる刺繍が掲載されています。

図案では、植物や動物をモチーフにした樋口愉美子さんではの魅力がたっぷりつまっています。

図案もステッチもシンプルですが、素敵な雰囲気に仕上がるのが魅力。

前書と一緒に使い、順序よくステップアップしたい方にもおすすめの一冊です。

5.『annasのプチ刺繍』

この本は、「お絵かきみたいにちょこっと刺せる ステッチ・ノート」というのをテーマにしています。

小さな本の中には、植物や動物、食器など可愛い図案がたくさん掲載されています。

刺繍だけでなく、がま口、ポーチ、ブローチなどの小物の作り方ものっています。

簡単なステッチなので、刺繍初心者の方にもおすすめできる一冊です。

6.『annasのどうぶつ刺繍』

どうぶつの刺繍が楽しめる一冊。

動物園や水族館にいる定番動物から童話に出てくる動物まで、さまざまな種類の可愛い動物たちの図案が掲載されています。

フルカラーの写真付きで、 刺す順番や糸の方向などが書かれているなど丁寧な解説があるのも本書の魅力。

動物好きの方はぜひ手に取ってみてください。

7.『樋口愉美子 季節のステッチ Stitch of Season』

四季折々の花や緑、物や事柄の図案が掲載されており、季節を感じられる一冊。

1~12月の、各月の数字を装飾した紋章図案まで掲載されています。

季節のステッチだけではなく、図案を生かした小物や雑貨類の作り方も掲載されており充実した内容となっています。

「美術館みたい」「芸術だ」と称されるほどの美しさがあります。

難易度の低いものから高いものまで掲載されているので、初心者から上級者まで楽しむことができます。

8.『立体刺繡で織りなす、美しい花々とアクセサリー』

この本は、立体刺繍で作るリアルな花の図案が掲載されている本です。

写真付きで丁寧でわかりやすい説明・解説があるので、立体刺繍初心者または刺繍初心者の方にもおすすめできる一冊。

掲載されている花々が本当に美しいのが魅力。

また、作った刺繍をピアスやネックスレスなどのアクセサリーにする工程も掲載されています。

立体刺繍をはじめてみたいと考えている方におすすめです。

9.『クロスステッチ図案帖』

本書は、アルファベットや数字から、動物、花と植物など、ワンポイントで使えるクロスステッチ図案をたくさん掲載しています。

トミカの車や、プリンセスなど子どもが好きなものの図案が掲載されているのも嬉しいポイント。

文字と組み合わせて、子どもの入園・入学準備をすることができます。

わかりやすく丁寧な説明があるので、「入園・入学準備に刺繍を取り入れたい」と悩んでいる初心者の方にもおすすめです。

以上、刺繍のおすすめ本9冊を紹介しました。

作家さんによってそれぞれの雰囲気出ている刺繍本。

好みの図案を見つけて手に取ってみてくださいね!