恩讐の彼方にあるものは何?菊池寛の出世作をあらすじから解説!

投稿日:

『恩讐の彼方に』とは?

『恩讐の彼方に』は、主人公・市九郎が行った人殺しへの後悔と、殺された武士の息子の恨みが描かれるヒューマンドラマです。

主人公の市九郎は実際にいた曹洞宗の僧・禅海がモデルになっていますが、物語自体は菊池寛の創作になっています。

ここではそんな『恩讐の彼方に』のあらすじ・解説・感想をまとめました。

この記事を読んで分かること

  • 『恩讐の彼方に』のあらすじ・概要
  • ・解説 主人公のモデル「禅海」について
  • ・解説 「恩讐の彼方」の意味&物語の解説
  • 『恩讐の彼方に』の感想 ~抱擁のその後~



-あらすじ-

中川三郎兵衛という旗本に仕えていた市九郎は、主人の妾と恋に落ちる。

それを知った三郎兵衛は市九郎に斬りかかるが、市九郎はこれに応戦し、主人を殺してしまう。

妾と逃げ出した市九郎は、盗賊や追い剥ぎなどをして生きるが、人殺しを悔やみ出家する。

僧になった市九郎は修行を積んでから全国を行脚し、豊前の「鎖渡し」という山越えの難所で人が毎年死ぬことを知る。

懺悔としてこれを救おうと、断崖に杭を穿ち洞門を掘り進める。

二十一年間掘り続け、最初は笑っていた村の者も協力し、遂に完成が見えてくる。

そんななか、中川三郎兵衛の息子・実之助が父の敵討ちにと、市九郎の元をにやってくる。

はじめは殺気立っていた実之助だが、半生を贖罪に生きてきた市九郎を見ると殺す気が失せてしまう。

・『恩讐の彼方に』の概要

主人公 市九郎
物語の
仕掛け人
実之助
主な舞台 江戸→豊前(現・大分県)
時代背景 1720年~頃(江戸時代)
作者 菊池寛



-解説(考察)-

・主人公、市九郎のモデル

主人公の市九郎は、

  • 禅海(1661年~1774年)

という江戸時代の僧侶がモデルになっています。

禅海は危険な橋から民の命を守るため、後に青の洞門と呼ばれるトンネルを30年かけて開削した人物です。

『恩讐の彼方に』はこの出来事を元に、菊池寛が主殺しや出家の理由などを付け加えて創作した物語になっています。

実はこの「青の洞門」は、現在も大分県中津市に残っています。

ノミと槌だけで掘られたというトンネルですので、興味があれば調べてみて下さい。



・「恩讐の彼方」の意味&物語の解説

「恩讐」という言葉は、「情けと恨み」を意味します。

その「彼方」ですから、『恩讐の彼方に』というタイトルは、

  • 情けや恨みという感情を超えた先に

という意味になります。

この物語で「恩讐」を感じている人物は、殺された武士の息子である実之助です。

彼は父を殺した市九郎に恨みを抱きますが、僧となって懺悔の人生を歩んでいる市九郎を目の前にすると、心に情けの感情が起こります。

結論を言うと、最後に彼らは涙を流して抱き合い、そこで物語は終わります。

つまりこの『恩讐の彼方に』は、罪を犯した市九郎が絶え間ない後悔を感じながら生きますが、実之助との抱擁という形で救いを受ける物語です。

情けや恨みを超えて、言葉にならない大いなる感情が二人を包むヒューマンドラマになっています。

物語は綺麗に終わりますが、本来なら彼らの人生は続いていきます。

感想では、そんな物語のその後について考察していきます。



-感想-

・抱擁のその後

二人はそこにすべてを忘れて、感激の涙にむせび合うたのであった。

『恩讐の彼方に』の最後の一文です。

読むと分かるように、二人の美しい感情の高ぶりをもって、物語は幕を閉じています。

ですがこの後、つまり、二人が冷静になったあとのことを、僕はどうしても考えてしまいます(菊池寛の小説はなぜか「その後」を考えさせられる作品が多い)。

おそらく市九郎は、命ある限り人の救済に全てを捧げるでしょう。

自分の罪が実之助に赦されただけで償いきれるものではないことを理解しているからです。

では、実之助はどうでしょうか。

彼は冷静になれば、やはり父のを取ろうと考えるかもしれません。

それはあの美しい抱擁が終わって、すぐにでも行われる可能性のあることです。

彼は武士ですので、守るべき体面があり、家があり、義理があります。

市九郎はもちろんそれを受け入れるでしょう。

一方で、実之助は市九郎の命を取らず、そのまま国へ帰る可能性ももちろんあります。

その場合、市九郎は見つからなかったことにするのが懸命かもしれません。

なぜなら、彼は親類一同にこのような言葉を掛けられて家を出たからです。

もし、首尾よく本懐を達して帰れば、一家再興の肝煎りもしよう

これは、彼が仇を取って帰ると、中川家(実之助の一家)の出世が約束されているということです。

つまり市九郎の命を取らないということは、出世の道を棒に振ることを意味します。

市九郎との出来事を家の者に言えば、実之助の甘さを責められることは必定です。

ですので彼は口をつぐみ、出世することなく、たまに市九郎を仕留めなかったことを後悔しながら、穏やかにその生涯を終えるでしょう。

以上がざっと考えた可能性です。

僕としては、冷静になってからやはり市九郎を殺すという合理的な判断を下すような気もします。

そうした場合にも、実之助は少しの後悔をしながら生涯を送ることになるのかもしれませんが、それは仕方の無いことでしょう。

市之助の姿に心を打たれた時点で、実之助の運命は決まっていたのかもしれません。

 

最後にもう一つ言いたいのが、市九郎と逃げた女の人間性が悪すぎるということです。

彼の人生はほとんどあの女によって潰されていて、早い話、彼女が諸悪の根源です。

高価なかんざしを女の死体から漁りに行く彼女の描写は、嫌悪感なしには読むことが出来ません。

こうした描写もそうなのですが、『恩讐の彼方に』はどこか芥川の『羅生門』と似通っている点がある気がします。

老婆の卑しさと女の卑しさが重なるからでしょうか。そうした視点も踏まえて、また何度か読む物語になりそうです。

サムネイル
芥川龍之介『羅生門』を徹底解説!|下人はどこへ行ったのか?

『羅生門』は芥川龍之介の文壇的なデビュー作として知られています。高校の教科書にも載っているので、一度は読んだことがあるという人が多いのではないでしょうか。ここではそんな『羅生門』について解説していきます。それではみていきましょう。

続きを見る



-評価-

揺れ動く武士道

継続の力

『恩讐の彼方に』のひとことまとめ

  • 罪悪と向き合った人間と、武士道と向き合った人間が描かれる物語。

・作品情報

  • 『恩讐の彼方に』(『菊池寛』筑摩書房)
  • 著者:菊池寛
  • 発行者:山野浩一
  • 発行所:筑摩書房
  • 印刷所:三松堂井印刷株式会社
  • 製本所:三松堂井印刷株式会社
  • 発行:2008年11月10日

あらら本店ロゴ
▽こちらの記事もおすすめ

菊池寛の名作『父帰る』の感想と考察|ご飯が冷めるのって妙にもの悲しい

『父帰る』は、女をつくって子女房を捨てたダメな父親が、二十年ぶりに帰ってくる物語です。菊池寛の戯曲で、一家の情景がリアルに描かれています。ここでは登場人物の心理や、物語中の「食卓」のはたらきなどを考察し、あらすじ・感想までをまとめました。

続きを見る

菊池寛『勝負事』あらすじから解説&感想まで!

『勝負事』は、莫大な財産を一代で賭け事に溶かしてしまったある男の物語です。菊池寛の短編小説で、隠れた名作だといえます。ここではそんな『勝負事』のあらすじ・考察・感想をまとめました。

続きを見る

2019/11/14

宇佐見りん『かか』の感想!内容&評価と見どころまとめ

この記事では『かか』の簡単なあらすじ・感想・評価をまとめている。『かか』は20歳の若さで第56回文藝賞を受賞した宇佐見りんさんの作品。方言と口語が混じる特有の文体と、様々な人間の「痛み」が見どころだ。

ReadMore

2019/11/13

尾崎一雄『暢気眼鏡』のあらすじ・感想!芥川賞初の短編集受賞作!

この記事では『暢気眼鏡』のあらすじ・みどころ解説・感想までをまとめました。『暢気眼鏡』は第五回芥川賞を受賞した尾崎一雄の小説。お金もなく職もない「私」と、その妻の芳枝。貧しくも暢気な二人の日常が描かれていく。

ReadMore

2019/11/12

冨澤有爲男『地中海』のあらすじと感想!第四回芥川賞受賞作

この記事では冨澤有爲男『地中海』のあらすじ・解説・感想までをまとめた。第四回芥川賞を受賞した本作は、パリに住む画家学生の主人公と、人妻である桂夫人の許されざる恋を描いた物語になっている。

ReadMore

2019/11/10

石川淳『普賢』あらすじ・解説・感想まとめ!二人のヒロインと饒舌な文体

この記事では『普賢』のあらすじ・解説・感想をまとめています。第四回芥川賞を受賞した石川淳の小説。饒舌体と呼ばれる怒濤の文体で、主人公と関わる人々や身の回りに起こる出来事が語られていく。

ReadMore

2019/11/8

小説『共喰い』のあらすじ・解説・感想!内容よりも構成で読まれるべき作品

この記事では小説『共喰い』のあらすじ・見どころ解説・感想をまとめた。田中慎弥さんの第146回芥川賞受賞作。川辺という海に近い小さな町で繰り広げられる、性の欲望をめぐる物語が構成的に描かれる。

ReadMore

2019/11/6

川上未映子『乳と卵』の感想と見どころ解説!豊胸手術と月経の苦悶

この記事では『乳と卵』のあらすじ・解説・感想をまとめた。この物語は「乳」の問題に悩む母親の巻子と、「卵」の問題に悩む娘の緑子の様子が、川上未映子さん特有の大阪弁口語調で描かれている。第138回芥川賞受賞作でもあり、『夏物語』の下敷きとなっている作品でもある。

ReadMore

2019/11/5

川上未映子『夏物語」の内容紹介と感想!『乳と卵』をさらに掘り進めた作品

2019年で一番力のある作品に出会った。この記事では『夏物語』の内容紹介と感想をまとめている。作品は二部構成。第一部は『乳と卵』に手を加えてボリュームアップしたものが、第二部ではそれから八年後の新たな物語が描かれる。

ReadMore

2019/11/3

小田嶽夫『城外』のあらすじ感想!主人公が感じた3つの疎外感とは?

この記事では小田嶽夫『城外』のあらすじ・解説・感想をまとめています。第三回芥川賞を受賞した『城外』は、主人公の疎外感と、下女・桂英との恋愛が描かれる物語。ここでは主人公が感じた「三つの疎外感」を元に作品を見ていきます。

ReadMore

Copyright© あらら本店 , 2019 All Rights Reserved.