本を開いたままにするアイテムは2つ!ブックストッパーとブックスタンドを比較紹介!

本を開いたままにするアイテムを紹介!

本を開いたままにしておける読書アイテムを知りたい・・・

こんにちは、読書ブロガーの小助です。

僕は卒業論文を書くときに、参考文献を横に置いてパソコンで文字を打ち込んでいました。

でも、左手でページを押さえながらの作業って大変なんですよね。

ほっといたらこうなる↓

    • ペラッ

    • ペラペラッ

そこで、本を開いたままにしておけるアイテムを探したら、

  • ブックストッパー
  • ブックスタンド

この2つのアイテムに辿り着きました。

両方買って使いましたが、僕の場合はブックスタンドの方が使いやすかったです。

用途によってどちらが良いか異なるため、この記事を参考に、あなたに合った方のアイテムを選んでみて下さい。

本を開いたままにできる2つのアイテムの違い

左:ブックスタンド  右:ブックストッパー

本を開いたままにできるアイテムは2つあります。

  • 立てかけて開くタイプのブックスタンド。
  • ページをつまんで開くタイプのブックストッパー

まずはつまむタイプの「ブックストッパー」から紹介しましょう。

・ブックストッパー

コンパクトなブックストッパーですが、どんな大型本でもいけちゃいます。

大型書籍:文庫本との比較

たとえばこんな全集や事典サイズでもつまめますね。

実際はこんな感じです。

    • 『ゲーデル,エッシャー,バッハ』の本

    • 横から

150ページはつまめる

僕の持っているブックストッパーは、大体150ページ分くらいつまめます。

つまり300ページくらいまでの中型本なら余裕ということ。

それ以上の分厚い本だと、真ん中あたりは自重でページが浮かないので、これくらいあれば十分なんですね。

一個でも使える

ブックストッパーの使い方って、二個使って両側をつまむのがベストみたいなんです。

僕は一個しか使っていません。ページをめくるときに両方付け直すのが面倒だったので。

ただ、薄い本や小さい本は浮きやすいので、気になる人は両側に付けたくなるかもしれません。

  • 文庫本

  • 片側が浮く

料理本や参考書などだと、机に置きながら作業することが多いと思うので、ブックストッパーはとても便利なアイテムです。

料理をしたり勉強をする人は、ブックストッパーを選ぶとよいでしょう。

ただ僕のように、論文やブログ執筆など、パソコンを使って本の引用をしたい場合は、「ブックスタンド」が便利だと思います。

・ブックスタンド

なぜパソコンだとブックスタンドが便利なのか。

それは、視線の移動が少なくて済むからです。

ブックスタンドは、パソコンの画面から少し横に眼をそらすと、そこに本があるという状態。

ブックストッパーだと、机上まで視線を動かさないとなりません。

  • 「左右」の視線移動だけで済むから疲れにくい

  • 「下→前→下」と首ごと動かすから疲れる

小さいことですが、積み重なるとこれが意外に疲れるんですよね。

こうしたことから、パソコンを使う人はブックスタンドがおすすめです。

辞典サイズでも大丈夫

僕の持っているブックスタンドは、辞典サイズでもきちんと押さえてくれます。

『ゲーデル,エッシャー,バッハ』の本

使い方は、下についている透明のバーを動かして本を押さえるだけ。

角度も自由に変えられるものがほとんどです。

  • バーを開いて本を押さえる

  • 小さい本ならバーを閉じる

  • 角度は背面から調節

  • 角度を付けた状態

<画像はスライドできます>

僕はパソコンでの作業がメインだったので、本を開くのには「ブックスタンド」が重宝しましたね。

効率良く作業しよう

僕はこれらのアイテムを使ったことで、作業が格段にはかどりました。

特に首と手の疲れが軽減されたのが大きかったです。

2つのアイテムをまとめると以下の通りです。

ブックストッパー

  • 料理本や勉強の参考書などに便利

ブックスタンド

  • パソコンで本を引用したいときに便利

こんな感じですね。

どっちのタイプが必要なのかを考えて、合った方を選ぶと良いと思います。

名前が似ているので間違えないように。

以上、本を開いたままにしておけるアイテムの比較紹介でした。

今回紹介した商品

actto BST-02 ブックスタンド

Copyright© あらら本店 , 2020 All Rights Reserved.