中島敦

【決定版】中島敦のおすすめ小説9選!

中島敦といえば『山月記』ですが、ほかの作品も面白いものが多くあります。とはいえ、どんな小説があるのかあまり知られていないのも事実でしょう。ここでは中島敦のおすすめ小説を9作品まとめました。ぜひ彼の作品を知る参考にしてみて下さい。

『名人伝』のあらすじ&解説!二人の師は何を意味するか?

『名人伝』は、主人公・紀昌が弓の名人になる物語です。中島敦の遺作のひとつであり、生涯で最後に書いた作品ではないかとも言われます。ここでは紀昌の二人の師を描かれ方を軸に、『名人伝』のあらすじ・解説・感想をまとめています。

中島敦の『李陵』をあらすじから感想まで解説!

『李陵』は、中国・前漢の時代に活躍した武将、李陵を主人公にした物語です。中島敦の遺作であり、彼特有の漢文体で書かれた中国物の作品となっています。ここではそんな『李陵』のあらすじ・解説・感想までをまとめました。

タイトル

中島敦の『弟子』を解説!むずかしい登場人物を簡単に紹介します...

中島敦の『弟子』は中島敦の短編小説で、中国の思想家・孔子の弟子である「子路」を主人公にした物語です。温和な師匠である孔子と、真っ直ぐな子路の師弟関係が描かれています。ここでは、『弟子』に出てくる登場人物を簡単にまとめ、あらすじから解説までを見ていきます。

中島敦の『牛人』が怖い!あらすじから解説・感想までを紹介しま...

『牛人』は叔孫豹(しゅくそんひょう)という大夫と、牛のような顔をした豎牛(じゅぎゅう)という落とし子の物語です。中島敦の短編小説で、中国古典をもとにした作品です。ここではちょっぴり怖い『牛人』の物語を、あらすじ・解説・感想の順に見ていきます。

サムネイル画像

中島敦の西遊記後編!『悟浄歎異』で沙悟浄は孫悟空から何を学ぶ...

『悟浄歎異』は『悟浄出世』に次ぐ中島敦の西遊記シリーズ後編です。主人公・沙悟浄による、三蔵法師一行についての考察が描かれていきます。ここではそんな『悟浄歎異』のあらすじ・解説・感想をまとめました。それではみていきましょう。

サムネイル画像

中島敦の西遊記!『悟浄出世』のあらすじと解説&感想まとめ

中島敦の『悟浄出世』は、『西遊記』の登場人物である沙悟浄(さごじょう)を主人公にした物語。沙悟浄が三蔵法師一行に出会うまでの物語がつづられます。ここでは、そんな『悟浄出世』のあらすじ・解説・感想をまとめました。それではみていきましょう。

サムネイル画像

中島敦『光と風と夢』のテーマは何?あらすじから解説&感想まで

『光と風と夢』は、中島敦の芥川賞候補作。英作家・スティーブンソンが晩年を過ごしたサモア諸島での日記をもとに物語が進む、伝記的な小説です。ここではそんな『光と風と夢』のあらすじ・考察・感想までをみていきます。

サムネイル

『文字禍』に出てくる”精霊”って何?あらすじから解説までをま...

『文字禍』は中島敦の隠れた名作。アッシリア帝国時代を背景に、老博士ナブ・アヘ・エリバと文字の精霊の物語が描かれています。この記事では、読んだけど意味が分からない。文字の精霊って何?という方に向けて、『文字禍』のあらすじ・考察・感想までをまとめました。

小説『山月記』のあらすじと解説!|李徴の親友が名脇役でした

小説『山月記』あらすじから解説まで|李徴には無くて袁傪にはあ...

『山月記』ってむずかしい?対比で読むと超簡単!ここでは『山月記』の影の主役に焦点を当てながら、あらすじから解説まで分かりやすく説明していきます。

Copyright© あらら本店 , 2019 All Rights Reserved.