『文字禍』に出てくる”精霊”って何?あらすじから解説までをまとめました!

投稿日:2019年9月16日 更新日:

『文字禍』とは?

『文字禍』は中島敦が初期に書いた作品です。

有名な『山月記』を含む、中島敦の「古潭四篇」のうちの一つとして数えられます。

○中島敦の古潭四篇○

  • 『狐憑』
  • 『木乃伊』
  • 『山月記』
  • 『文字禍』

『文字禍』は、アッシリア帝国時代を背景に、老博士と文字の精霊の物語が描かれています。

ここではそんな『文字禍』のあらすじ・考察・感想までをまとめました。

内容を知りたくないから感想だけ!という方はもくじをお使いください。

それではみていきましょう。



-あらすじ-

アッシュールバニパル大王がアッシリア王国を統治していた時代の話。

ナブ・アヘ・エリバという老博士は、文字の精霊についての研究を命じられた。

研究が進むと、文字の精霊は人を操り、禍(わざわい)をもたらしていることが分かった。

「武の国アッシリヤは、今や、見えざる文字の精霊のために、全く蝕まれてしまった。」

老博士がこのことを報告すると、知恵の神を崇拝していた王は怒り、老博士に謹慎処分を下した。

老博士は、この結果は文字の霊の復讐であると考え、その恐ろしさを痛感した。

けれども、文字の精霊の復讐はこれだけでは終わらなかった。

数日後、博士が書庫にいるときに大地震が起き、彼は無残にも書物に埋もれて圧死したのである。

・『文字禍』の概要

主人公 ナブ・アヘ・エリバ
物語の
仕掛け人
文字の精霊
主な舞台 新アッシリア帝国
時代背景 紀元前6世紀
作者 中島敦



-解説(考察)-

・文字の精霊とはなにか

『文字禍』にでてくるキーワードは、

  • 文字の精霊

という言葉です。

これは、文字に宿る魂のことを言い、すなわち、

文字に”意味”を持たせるもの

を表します。

単なるバラバラの線に、一定の音と一定の意味とを有たせるものは、何か? ここまで思い到った時、老博士は躊躇なく、文字の霊の存在を認めた。

ナブ・アヘ・エリバ博士は、この「文字に意味を持たせるもの」について研究しています。

そして博士が研究を進めるうちに出てきた疑問はこのようなものです。

このままでは人間が、文字の「意味」にとらわれすぎてしまうのではないか?

これはつまり、物事の本質ではなく、文字を通した概念に支配されてしまうのではないかという危惧を表しています。

たとえば、芸人の松本人志が生み出した

  • 空気を読む

という言葉があります。

この言葉が生まれる以前は、人々はコミュニケーション上の雰囲気を敏感に察知し、いわば本能で「空気を読んで」いました。

しかし、この言葉が生まれたことで、人々は「空気を読む」という概念で空気を読むようにりました。

文字の無かった昔、ピル・ナピシュチムの洪水以前には、歓びも智慧もみんな直接に人間の中にはいって来た。今は、文字の薄被をかぶった歓びの影と智慧の影としか、我々は知らない。

人間は文字を操る側であるはずなのに、逆に文字の概念を追いかけ、むしろ支配されてしまう。

そうした「言葉・文字」の持つ怖さが、文字の精霊を通して『文字禍』では描かれています。



・アッシリアって何?『文字禍』の時代背景

『文字禍』の物語は、

紀元前645年頃の新アッシリア時代

を背景にして進んでいきます。

アッシリアは現在のイラクあたりで興った古代王国です。

作中に出てくる、

  • アシュル・バニ・アパル(アッシュールバニパル)大王

は実在していた人物で、彼が在位の頃にアッシリア王国は最盛期を迎えます。

アシュル・バニ・アパル大王は書物の収集癖があり、現在でも有名な「アッシュールバニパルの図書館」を建設した人物でもあります。

しかし、そんなアシュル・バニ・アパル大王が死ぬと、その次の代でアッシリアは滅亡します。

つまり、『文字禍』は滅亡に向かうアッシリア王国時代を背景に描いている作品なのです。

そうしてみると、主人公であるナブ・アヘ・エリバ博士が報告した王への進言は的確だったことが分かります。

武の国アッシリヤは、今や、見えざる文字の精霊のために、全く蝕まれてしまった。しかも、これに気付いている者はほとんど無い。今にして文字への盲目的崇拝を改めずんば、後に臍を噛むとも及ばぬであろう云々。

このように『文字禍』では、武の国アッシリアが「文字の禍い」によって滅びるという構図を取っています。

そうした時代背景が分かると、『文字禍』は主人公である博士の個人的な不幸の話ではなくなり、より大きな枠組みの話へと拡大されます。

アッシリアについて詳しく知る必要はないですが、こうした予備知識があれば作品理解の助けになるかもしれません。



-感想-

リル、リリツ、ナムタル、エティンム、ラバス、アッシリヤ、アシュル・バニ・アパル、ニネヴェ、シャマシュ・シュム・ウキン、バビロン。

『文字禍』を読むと、まずはじめに見慣れないカタカナの羅列に面食らいます。

ああ、これはアッシリア王国時代の話かと理解するまでに、僕なんかは少しの時間を要しました。

それから少しずつ、『文字禍』の世界に入っていきます。

当時の書物が粘土板だったせいで、物語には砂っぽいイメージがつきまとっています。

ゲシュタルト崩壊を起こすまで研究に没頭するナブ・アヘ・エリバ博士は巨眼で縮髪。

ほかの登場人物は、せむしで書物狂の老人に、面倒な若い歴史家、ご立腹の王様。

この物語には「イケてる」奴も出てこないし、豪華絢爛な都の様子も描かれません。

要するにみんな滅びを待っている、乾いた存在です。

古代スメリヤ人が馬という獣を知らなんだのも、彼等の間に馬という字が無かったからじゃ。

ナブ・アヘ・エリバ博士は一時、文字の精霊を賛美します。

夏目漱石が「肩が凝る」という言葉を生み出した瞬間から、日本人は肩こりという症状に悩まされることになり、

伊集院光が「中二病」という言葉を生み出した瞬間から、中二病になる人が生まれるようになります。

文字ってすごいよね。文字最高。それで終わっていればよかったのです。

けれども博士はもう一歩踏み込みます。

彼の大きな眼を通して、文字と人間の関係が描かれる物語です。



-評価-

カタカナ文字の多さ

砂っぽさ

『文字禍』のひとことまとめ

  • ナブ・アヘ・エリバ博士が文字の禍に遭う話。

・作品情報

  • 『文字禍』(『中島敦全集1』筑摩書房)
  • 著者:中島敦
  • 発行者:山野浩一
  • 発行所:筑摩書房
  • 印刷所:三松堂井印刷株式会社
  • 製本所:三松堂井印刷株式会社
  • 発行:1993年1月21日
  • 『文字禍』初出:1942年2月

あらら本店ロゴ
▽こちらの記事もおすすめ

小説『山月記』のあらすじと解説!|李徴の親友が名脇役でした
小説『山月記』あらすじから解説まで|李徴には無くて袁傪にはあるものって?

『山月記』ってむずかしい?対比で読むと超簡単!ここでは『山月記』の影の主役に焦点を当てながら、あらすじから解説まで分かりやすく説明していきます。

続きを見る

2019/11/14

宇佐見りん『かか』の感想!内容&評価と見どころまとめ

この記事では『かか』の簡単なあらすじ・感想・評価をまとめている。『かか』は20歳の若さで第56回文藝賞を受賞した宇佐見りんさんの作品。方言と口語が混じる特有の文体と、様々な人間の「痛み」が見どころだ。

ReadMore

2019/11/13

尾崎一雄『暢気眼鏡』のあらすじ・感想!芥川賞初の短編集受賞作!

この記事では『暢気眼鏡』のあらすじ・みどころ解説・感想までをまとめました。『暢気眼鏡』は第五回芥川賞を受賞した尾崎一雄の小説。お金もなく職もない「私」と、その妻の芳枝。貧しくも暢気な二人の日常が描かれていく。

ReadMore

2019/11/12

冨澤有爲男『地中海』のあらすじと感想!第四回芥川賞受賞作

この記事では冨澤有爲男『地中海』のあらすじ・解説・感想までをまとめた。第四回芥川賞を受賞した本作は、パリに住む画家学生の主人公と、人妻である桂夫人の許されざる恋を描いた物語になっている。

ReadMore

2019/11/10

石川淳『普賢』あらすじ・解説・感想まとめ!二人のヒロインと饒舌な文体

この記事では『普賢』のあらすじ・解説・感想をまとめています。第四回芥川賞を受賞した石川淳の小説。饒舌体と呼ばれる怒濤の文体で、主人公と関わる人々や身の回りに起こる出来事が語られていく。

ReadMore

2019/11/8

小説『共喰い』のあらすじ・解説・感想!内容よりも構成で読まれるべき作品

この記事では小説『共喰い』のあらすじ・見どころ解説・感想をまとめた。田中慎弥さんの第146回芥川賞受賞作。川辺という海に近い小さな町で繰り広げられる、性の欲望をめぐる物語が構成的に描かれる。

ReadMore

2019/11/6

川上未映子『乳と卵』の感想と見どころ解説!豊胸手術と月経の苦悶

この記事では『乳と卵』のあらすじ・解説・感想をまとめた。この物語は「乳」の問題に悩む母親の巻子と、「卵」の問題に悩む娘の緑子の様子が、川上未映子さん特有の大阪弁口語調で描かれている。第138回芥川賞受賞作でもあり、『夏物語』の下敷きとなっている作品でもある。

ReadMore

2019/11/5

川上未映子『夏物語」の内容紹介と感想!『乳と卵』をさらに掘り進めた作品

2019年で一番力のある作品に出会った。この記事では『夏物語』の内容紹介と感想をまとめている。作品は二部構成。第一部は『乳と卵』に手を加えてボリュームアップしたものが、第二部ではそれから八年後の新たな物語が描かれる。

ReadMore

2019/11/3

小田嶽夫『城外』のあらすじ感想!主人公が感じた3つの疎外感とは?

この記事では小田嶽夫『城外』のあらすじ・解説・感想をまとめています。第三回芥川賞を受賞した『城外』は、主人公の疎外感と、下女・桂英との恋愛が描かれる物語。ここでは主人公が感じた「三つの疎外感」を元に作品を見ていきます。

ReadMore

Copyright© あらら本店 , 2019 All Rights Reserved.