読書の秋におすすめ!文豪による「秋」がテーマの小説・詩&エッセイまとめ

投稿日:2019年9月17日 更新日:

読書の秋は文豪による「秋」がテーマの作品がおすすめ!

秋の読書

毎年やってくる読書の秋。

なんとなく本は読もうかなと思うけど、何を読めばよいか分からない。そんな方はいませんか?

ここでは読書の秋にちなんだ、

  • 「秋」がテーマの小説・詩・エッセイ

を紹介します。

せっかくの秋。どうせなら秋の雰囲気を感じられる作品に触れて、夜長のおともにしてみてください。

もちろん秋以外でもおすすめの作品です。

それではみていきましょう。



秋がテーマの小説

・芥川龍之介『秋』

信子はその翌年の秋、社命を帯びた夫と一しよに、久しぶりで東京の土を踏んだ。

芥川龍之介の『秋』は、ある女性の恋の話です。

主人公の心理を象徴する季節として「秋」が効果的に描かれています。

芥川らしい秋の捉え方が感じられる作品です。

・太宰治『ア、秋』

秋は、ずるい悪魔だ。

太宰治の『ア、秋』は、作家の主人公が「秋」についてメモしたノートについて語る物語です。

短編でとっても読みやすいのが魅力。

秋の到来時期についての考察が面白く、明日からすぐにでも使いたくなる考えです。



秋がテーマの詩

・中原中也「曇った秋」

十一月の風に吹かれてゐる、無花果いちじくの葉かなんかのやうだ

中原中也は秋をテーマにした詩を多く残した詩人です。

なかでもこの「曇った秋」は、中原中也の味がよく出ている作品でしょう。

この詩が気に入った人は、中原中也の雰囲気が好きなのかもしれません。

ほかの作品もとてもよいので、ぜひ読んでみてください。

・島崎藤村「初恋」

やさしく白き手をのべて
林檎をわれにあたへしは
薄紅の秋の実に
人こひ初めしはじめなり

島崎藤村の「初恋」は有名な詩ですが、それが「秋」の詩だと知っている人は少ないかもしれません。

とても美しい詩で、心の中に置いておきたいような気持ちになります。

『若菜集』に収められている「秋」という詩も、秋を直接うたった詩です。

秋の夜長にゆっくりと味わってみてはいかがでしょうか。



秋がテーマのエッセイ

・萩原朔太郎「秋と漫歩」

四季を通じて、私は秋という季節が一番好きである。

「秋と漫歩」は、萩原朔太郎の唯一の趣味である散歩をテーマにした、おもしろい秋のエッセイです。

彼の詩からだけでは見えてこない、詩人・萩原朔太郎の姿が見られる作品です。

『猫町』という作品も散歩の物語ですので、一緒に読むと面白いかもしれません。

・織田作之助「秋の暈」

秋という字の下に心をつけて、愁と読ませるのは、誰がそうしたのか、いみじくも考えたと思う。

織田作之助の「秋の暈(かさ)」は、太宰の『ア、秋』と同じく、秋の到来を感じる筆者の気持ちが描かれています。

ふたつを比べてみると、「秋の暈」の方が少しセンチメンタルな表現です。

しみじみとした秋を読みたい方におすすめのエッセイ。

・寺田寅彦「秋の歌」

傾く夕日の空から、淋しい風が吹き渡ると、落葉が、美しい美しい涙のようにふり注ぐ。


寺田寅彦の「秋の歌」は、チャイコフスキーの「秋の歌」という小曲について書かれたエッセイです。

この小曲はしんみりとした秋を感じさせる名曲ですので、読書が終わればぜひ聞いてみて下さい。

音楽と文学は親和性の高い芸術です。

秋のひとときに身をゆだねて、目と耳から心を愉しませてみてはいかがでしょうか。



秋のお伴におすすめの作品たち

以上、「秋」がテーマの小説・詩&エッセイまとめでした。

1時間もあれば、ここで紹介した7作品全てを読むことができるでしょう。

それぞれの本のリンクを貼りましたが、いずれも青空文庫で読める作品ですので気軽に読んでみて下さい。

ここにまとめて青空文庫へのリンクを貼っておきますので、ご自由にお使い下さい。

面白い作品と出会うきっかけになれると幸いです。よい読書をお楽しみ下さい。

あらら本店ロゴ

▽こちらの記事もおすすめ

サムネイル
太宰治のおすすめ小説9選!前期・中期・後期それぞれベスト3をピックアップ!

太宰治のおすすめ小説はこれで決まり!太宰の活動時期を前期・中期・後期に分け、それぞれの時期でベスト3を選出しました。全9作品のなかからお好みの作品を見つけてみてください。それではみていきましょう。

続きを見る

サムネイル
タイプ別!芥川龍之介のおすすめ作品ランキング

芥川の作品が気になるけど、どれから読めばいいか分からない!ここではそんな人のために、読みやすさやスト-リー性などタイプ別に分けたランキングをまとめました。あなたに合った作品をぜひ見つけてみてください。

続きを見る

サムネイル画像
又吉直樹の「小説じゃない」おすすめ本5選!俳句・エッセイ本まとめ

又吉直樹さんは、芥川賞を受賞した小説『火花』をはじめ、俳句・エッセイなど多岐にわたる文筆活動をしています。ここでは、そんな又吉さんの「小説以外のジャンル」から、魅力溢れる本を5冊紹介していきたいと思います。又吉さんが好きだからほかの本のおすすめを知りたい!又吉さんの小説以外の作品も気になる!という方はぜひ参考にしてみてください。それではみていきましょう。

続きを見る

2019/11/14

宇佐見りん『かか』の感想!内容&評価と見どころまとめ

この記事では『かか』の簡単なあらすじ・感想・評価をまとめている。『かか』は20歳の若さで第56回文藝賞を受賞した宇佐見りんさんの作品。方言と口語が混じる特有の文体と、様々な人間の「痛み」が見どころだ。

ReadMore

2019/11/13

尾崎一雄『暢気眼鏡』のあらすじ・感想!芥川賞初の短編集受賞作!

この記事では『暢気眼鏡』のあらすじ・みどころ解説・感想までをまとめました。『暢気眼鏡』は第五回芥川賞を受賞した尾崎一雄の小説。お金もなく職もない「私」と、その妻の芳枝。貧しくも暢気な二人の日常が描かれていく。

ReadMore

2019/11/12

冨澤有爲男『地中海』のあらすじと感想!第四回芥川賞受賞作

この記事では冨澤有爲男『地中海』のあらすじ・解説・感想までをまとめた。第四回芥川賞を受賞した本作は、パリに住む画家学生の主人公と、人妻である桂夫人の許されざる恋を描いた物語になっている。

ReadMore

2019/11/10

石川淳『普賢』あらすじ・解説・感想まとめ!二人のヒロインと饒舌な文体

この記事では『普賢』のあらすじ・解説・感想をまとめています。第四回芥川賞を受賞した石川淳の小説。饒舌体と呼ばれる怒濤の文体で、主人公と関わる人々や身の回りに起こる出来事が語られていく。

ReadMore

2019/11/8

小説『共喰い』のあらすじ・解説・感想!内容よりも構成で読まれるべき作品

この記事では小説『共喰い』のあらすじ・見どころ解説・感想をまとめた。田中慎弥さんの第146回芥川賞受賞作。川辺という海に近い小さな町で繰り広げられる、性の欲望をめぐる物語が構成的に描かれる。

ReadMore

2019/11/6

川上未映子『乳と卵』の感想と見どころ解説!豊胸手術と月経の苦悶

この記事では『乳と卵』のあらすじ・解説・感想をまとめた。この物語は「乳」の問題に悩む母親の巻子と、「卵」の問題に悩む娘の緑子の様子が、川上未映子さん特有の大阪弁口語調で描かれている。第138回芥川賞受賞作でもあり、『夏物語』の下敷きとなっている作品でもある。

ReadMore

2019/11/5

川上未映子『夏物語」の内容紹介と感想!『乳と卵』をさらに掘り進めた作品

2019年で一番力のある作品に出会った。この記事では『夏物語』の内容紹介と感想をまとめている。作品は二部構成。第一部は『乳と卵』に手を加えてボリュームアップしたものが、第二部ではそれから八年後の新たな物語が描かれる。

ReadMore

2019/11/3

小田嶽夫『城外』のあらすじ感想!主人公が感じた3つの疎外感とは?

この記事では小田嶽夫『城外』のあらすじ・解説・感想をまとめています。第三回芥川賞を受賞した『城外』は、主人公の疎外感と、下女・桂英との恋愛が描かれる物語。ここでは主人公が感じた「三つの疎外感」を元に作品を見ていきます。

ReadMore

Copyright© あらら本店 , 2019 All Rights Reserved.