小説『山月記』あらすじから解説まで|李徴には無くて袁傪にはあるものって?

投稿日:2019年2月23日 更新日:

隴西の李徴は博学才穎、天宝の末年、若くして名を虎榜に連ね、ついで江南尉に補せられたが、性、狷介、自ら恃むところ頗る厚く、賤吏に甘んずるを潔としなかった。

中島敦(1994)『山月記・李陵 他九篇』,p112,岩波書店.

『山月記』とは?


李徴(虎)
李徴(虎)
『山月記』は中島敦処女作である。高校の教科書でもよく取り上げられているようだ。

己が虎になるという設定が衝撃的で覚えている者も多いのではないだろうか。

ここではそんな『山月記』のあらすじや解説を、私たちと一緒にみていこうではないか。
袁傪
袁傪

 

-あらすじ-

主人公は博学才穎の李徴

彼は若くして官を辞して詩家を志します。しかし文名は容易に上がらずただ時だけが過ぎ、一年後遂に発狂し行方不明となります。

翌年、袁傪が陽の昇らないうちに商於の路を通ろうとしたとき、1匹の虎が彼を襲おうと躍り出ました。

しかし、どうしたことか虎は元の叢に隠れ、「危ないところだった」と繰り返しています。

その声に聞き覚えのあった袁傪は、「その声は、我が友、李徴子ではないか?」と尋ねました。

声は「いかにも」と答えます。なんと李徴は虎になっていたのです。

袁傪と虎の李徴は思わぬ再会を果たし、話は李徴が虎になった経緯へと移ります。

それから李徴は自分の詩のこと、今の気持ち、妻子のことなどを袁傪に全て話し、それを彼に託します。

夜が明けて、二人の友は別れの時を迎えます。李徴は言います。「前方百歩の所にある、あの丘に上ったら、此方を振りかえって見て貰いたい」。

袁傪一行が丘に上って振り返ると、虎が路に躍り出ます。そして三度月に咆哮したかと思うと、また元の草むらへと消えていったのです。

『山月記』-概要

主人公 李徴
物語の仕掛け人 袁傪
主な舞台 商於近辺の林中
時代背景 中国・唐代
作者 中島敦
李徴(虎)
李徴(虎)
商於というのはだいたい今の中国にある商洛市辺りになる。

商洛市は赤く囲ってあるところだ。

概要を知ったところで、次は作品の考察を見ていこう。
袁傪
袁傪



『山月記』-解説(考察)

袁傪というキーパーソン

『山月記』は複雑な内面性を持つキャラクターの李徴がよく注目されますが、実はこの物語で重要な役割を担ってるのは李徴の友・袁傪であるように感じます。
小助(こすけ)
小助
ふむ、私か。
袁傪
袁傪
この物語は李徴の内面が描かれながら進行しますが、それは独白ではなく、友・袁傪に向かって語られるという形式をとっています。

そのため、物語の進行には聞き手、つまり袁傪という人物が必要不可欠となりますね。

小助(こすけ)
小助
そうかもしれないな。とにかく昔から李徴とはよく語り合ったものだ。
袁傪
袁傪
では、袁傪はどのように李徴の話を聞いていたのでしょうか。ちょっと再現してくれませんか?
小助(こすけ)
小助
少し恥ずかしいのだが。
袁傪
袁傪
袁傪の部分は原文でいいですよ。
小助(こすけ)
小助
李徴(虎)
李徴(虎)
私は要点のみを言おう。
(李徴が乗り気だ。。。)
袁傪
袁傪

ふきだし

再会した李徴と袁傪の会話。(袁傪は要点のみ抜粋)

※袁傪の部分は原文です。

李徴(虎)
李徴(虎)
虎になった原因は分からない。
(息をのんで叢中の声の語る不思議に聞入っていた)
袁傪
袁傪
李徴(虎)
李徴(虎)
だが、虎になってまで後生に残したかった詩を書き留めてくれぬか?
(部下に命じ、筆を執って叢中の声に随って書きとらせた)
袁傪
袁傪
李徴(虎)
李徴(虎)
(詩を朗じる。約三十篇)
(作者の素質が第一流に属するものであることは疑いない。しかし、このままでは、第一流の作品となるのには、何処か[非常に微妙な点に於て]欠けるところがあるのではないか)
袁傪
袁傪
李徴(虎)
李徴(虎)
恥ずかしいことだが、今でも俺の詩集が様々な人の机に置かれているのを夢見ることがある。虎になって見る夢にだよ。笑うだろう?
(昔の青年李徴の自嘲癖を思出しながら、哀しく聞いていた)
袁傪
袁傪
李徴(虎)
李徴(虎)
お笑いついでに今の気持ちを即席で詩にしたので聞かせよう。なんとかかんとかなんとか・・・・
(袁傪は又下吏に命じてこれを書きとらせた)
袁傪
袁傪
李徴(虎)
李徴(虎)
先は虎になった理由が分からないと言ったが、分かる気もする。おそらく己の臆病な自尊心と尊大な羞恥心のせいだ。もっと真剣に取り組めば良かった。だが、それも今さら気づいても遅いことだ。

(夜明けを告げる角笛がどこからか響いてくる。)

李徴(虎)
李徴(虎)
別れの時が来たようだ。最後に一つ頼まれてくれぬか。妻子のことだ。
(涙をべ、んで李徴の意にいたい旨を答えた)
袁傪
袁傪
李徴(虎)
李徴(虎)
ふっ、本当は詩などよりもこのことを先に頼むべきだったのだ。これだから虎などに身を堕としたのだな。
李徴(虎)
李徴(虎)
この路は二度と通らないでほしい。君と認めず襲いかかってしまうやもしれぬ。

それから、丘の上まで登ったらこちらを向いてくれ。二度と私に会おうという気持ちを起こさせないためにこの姿を見せよう。

(叢に向って、ろに別れの言葉を述べた。)
袁傪
袁傪

(袁傪が丘に上り振り返ると叢から虎が躍り出た。そして三度咆哮し、また叢の中へと消えていった。おわり。)

終わりですね、ありがとうございます。こうしてみると袁傪が全然しゃべっていないですね。
小助(こすけ)
小助
李徴(虎)
李徴(虎)
私ばかり話しているな。
そうかな。昔からこんなものだよ。
袁傪
袁傪
李徴(虎)
李徴(虎)
これにはおそらくこうした理由がある。袁傪の言葉をほとんどなくすことによって、私の内面がよりくっきりと描き出される形になっているのだ。
なるほど!そうかもしれませんね。それにしても袁傪はとても聞き上手ですね。見習いたいところです。
小助(こすけ)
小助



李徴と袁傪 ~『山月記』における対比構造~

李徴(虎)
李徴(虎)
実は、この作品に対比表現が多く隠れているのは知っているか?
対比表現ですか?
小助(こすけ)
小助
李徴(虎)
李徴(虎)
そうだ。夢と現実遁世と処世欲望と理性表現者と鑑賞者獣と人間。ざっとあげてもこれだけの対比がある。そしてこれはもちろん、私と袁傪という人物の対比に集約されているのだ。
たしかに!李徴の遁世に対して袁傪は処世、夢想的な李徴に対して現実的な袁傪、表現者である李徴に対して鑑賞者である袁傪。見事にきれいな対比になっていますね。
小助(こすけ)
小助
李徴が話して私が聞くというのも対ではあるな。
袁傪
袁傪
性格も李徴は峻峭であるのに対して袁傪は温和ですね。
小助(こすけ)
小助
李徴(虎)
李徴(虎)
そうだろう。つまりこの二人、私と袁傪を対比させることによって、物語により深みが増すような仕掛けになっているのだ。
物語の深みですか。
小助(こすけ)
小助
李徴(虎)
李徴(虎)
たとえば、順当に出世している袁傪を見れば、虎にまで身を堕とした私はより哀れに見えるだろう。また、多くの部下を連れている袁傪を見れば、私の孤独や侘しさがより際立つだろう。
なるほど!対比表現によって、袁傪の存在が李徴のキャラクターを引き出しているということですね。
小助(こすけ)
小助
李徴(虎)
李徴(虎)
そういうことだ。
私はただの引き立て役か、、、
袁傪
袁傪
李徴(虎)
李徴(虎)
そうなるな。だが、ただの引き立て役ではない。名引き立て役だ。
名引き立て役。もう少しいい感じの言い方はないのか。
袁傪
袁傪
李徴(虎)
李徴(虎)
いいじゃないか。お前がいるから物語は面白くなるんだ。キーパーソンなんだぞ。
なんだかなあ。
袁傪
袁傪



『山月記』-感想

虫にならなかった李徴

『山月記』は人間が虎になってしまう、いわゆる変身譚です。

変身譚は昔からあるジャンルで、世界中に色んなお話があります。近代で有名なのはカフカの『変身』ですね。

『変身』は、主人公がある日突然虫になっていた物語です。作者はフランツ・カフカという人ですが、生きているうちは作品が世に認められませんでした。

しかし、中島敦はカフカがまだ世に知られていないころから彼の作品を英訳で読んでいたことが分かっています。

それだけでなく、カフカの作品に感銘を受けた中島敦は日本でも最初期にカフカの作品を翻訳しています※1。それほどまでに何か通ずるものがあったのでしょう。

さて、カフカは主人公をに変身させましたが、中島敦は主人公をに変身させました。

僕はここに彼らの精神の片鱗をみてとることができるような気がします。

カフカは実際にサラリーマン生活をしていましたが、文学に割く時間がもっと欲しいと常に嘆いていました。会社に行かずずっと家に居たい。そういう思いが主人公を家から出ない虫にしたのかもしれません。

中島敦はエリートの道を進みつつ芸術も志しながら青年時代を送りました。

そうした中で、李徴と同じような複雑な内面性が育まれたとしても想像することは難しくないでしょう。ただ、それを「虎」という猛獣にしたところに中島敦の自尊心がにじみ出ているような気はします。

主人公を通して作者へと思いを馳せることも文学の楽しみ方の一つであることを改めて実感させてくれる作品です。

▽こちらの記事もおすすめ

【決定版】中島敦のおすすめ小説9選!

中島敦といえば『山月記』ですが、ほかの作品も面白いものが多くあります。とはいえ、どんな小説があるのかあまり知られていないのも事実でしょう。ここでは中島敦のおすすめ小説を9作品まとめました。ぜひ彼の作品を知る参考にしてみて下さい。

続きを見る

サムネイル
【決定版】芥川龍之介のおすすめ小説9選!ランキング形式で紹介します

芥川の作品が気になるけど、どれから読めばいいか分からない!ここではそんな人のために、読みやすさやスト-リー性などタイプ別に分けたランキングをまとめました。あなたに合った作品をぜひ見つけてみてください。

続きを見る

サムネイル画像
又吉直樹の「小説じゃない」おすすめ本5選!俳句・エッセイ本まとめ

又吉直樹さんは、芥川賞を受賞した小説『火花』をはじめ、俳句・エッセイなど多岐にわたる文筆活動をしています。ここでは、そんな又吉さんの「小説以外のジャンル」から、魅力溢れる本を5冊紹介していきたいと思います。又吉さんが好きだからほかの本のおすすめを知りたい!又吉さんの小説以外の作品も気になる!という方はぜひ参考にしてみてください。それではみていきましょう。

続きを見る

2019/9/25

【決定版】中島敦のおすすめ小説9選!

中島敦といえば『山月記』ですが、ほかの作品も面白いものが多くあります。とはいえ、どんな小説があるのかあまり知られていないのも事実でしょう。ここでは中島敦のおすすめ小説を9作品まとめました。ぜひ彼の作品を知る参考にしてみて下さい。

ReadMore

2019/9/24

『名人伝』のあらすじ&解説!二人の師は何を意味するか?

『名人伝』は、主人公・紀昌が弓の名人になる物語です。中島敦の遺作のひとつであり、生涯で最後に書いた作品ではないかとも言われます。ここでは紀昌の二人の師を描かれ方を軸に、『名人伝』のあらすじ・解説・感想をまとめています。

ReadMore

2019/9/23

中島敦の『李陵』をあらすじから感想まで解説!

『李陵』は、中国・前漢の時代に活躍した武将、李陵を主人公にした物語です。中島敦の遺作であり、彼特有の漢文体で書かれた中国物の作品となっています。ここではそんな『李陵』のあらすじ・解説・感想までをまとめました。

ReadMore

タイトル

2019/9/22

中島敦の『弟子』を解説!むずかしい登場人物を簡単に紹介します!

中島敦の『弟子』は中島敦の短編小説で、中国の思想家・孔子の弟子である「子路」を主人公にした物語です。温和な師匠である孔子と、真っ直ぐな子路の師弟関係が描かれています。ここでは、『弟子』に出てくる登場人物を簡単にまとめ、あらすじから解説までを見ていきます。

ReadMore

2019/9/21

中島敦の『牛人』が怖い!あらすじから解説・感想までを紹介します

『牛人』は叔孫豹(しゅくそんひょう)という大夫と、牛のような顔をした豎牛(じゅぎゅう)という落とし子の物語です。中島敦の短編小説で、中国古典をもとにした作品です。ここではちょっぴり怖い『牛人』の物語を、あらすじ・解説・感想の順に見ていきます。

ReadMore

サムネイル画像

2019/9/20

中島敦の西遊記後編!『悟浄歎異』で沙悟浄は孫悟空から何を学ぶのか?

『悟浄歎異』は『悟浄出世』に次ぐ中島敦の西遊記シリーズ後編です。主人公・沙悟浄による、三蔵法師一行についての考察が描かれていきます。ここではそんな『悟浄歎異』のあらすじ・解説・感想をまとめました。それではみていきましょう。

ReadMore

サムネイル画像

2019/9/19

中島敦の西遊記!『悟浄出世』のあらすじと解説&感想まとめ

中島敦の『悟浄出世』は、『西遊記』の登場人物である沙悟浄(さごじょう)を主人公にした物語。沙悟浄が三蔵法師一行に出会うまでの物語がつづられます。ここでは、そんな『悟浄出世』のあらすじ・解説・感想をまとめました。それではみていきましょう。

ReadMore

サムネイル画像

2019/9/18

中島敦『光と風と夢』のテーマは何?あらすじから解説&感想まで

『光と風と夢』は、中島敦の芥川賞候補作。英作家・スティーブンソンが晩年を過ごしたサモア諸島での日記をもとに物語が進む、伝記的な小説です。ここではそんな『光と風と夢』のあらすじ・考察・感想までをみていきます。

ReadMore



『山月記』の漢詩について

作中にある李徴による即席の漢詩

物語の途中に李徴の詩が出てきますね。白文の漢詩なのですらすらとは読めなかったです、、、
小助(こすけ)
小助

偶因狂疾成殊類 災患相仍不可逃
今日爪牙誰敢敵 当時声跡共相高
我為異物蓬茅下 君已乗軺気勢豪
此夕渓山対明月 不成長嘯但成嘷

李徴(虎)
李徴(虎)
たしかに日常的に触れるものではないからな。もし意味を知りたかったら以下の書き下し文口語訳を参考にするといい。
ありがとうございます!
小助(こすけ)
小助

『山月記』 漢詩~書き下し文~

偶(たまたま)狂疾に因って殊類と成り
災患相仍(さいかんあいかか)りて逃るべからず
今日の爪牙(そうが)誰か敢(あえ)て敵せん
当時の声跡共に相高し
我は異物と為り蓬茅(ほうぼう)の下にあり
君は已に軺(よう※馬車)に乗りて気勢豪なり
此の夕べ渓山(けいざん) 明月に対して
長嘯(ちょうしょう)を成さず但(た)だ嘷(こう)を成す

『山月記』漢詩~口語訳~

たまたま狂気のために異類となり、
さまざまの災難も重なり逃れることができない。
今や私の爪や牙に歯向かうものはいないが、
あのころの私は君とともに名声に包まれていた。
だが私はいま虎となって雑草の中にひそみ、
君は馬車に乗ってますます勢いがある。
今宵この山あいで明月を仰ぐも、
私は吟ずることができずただ吠えることしかできない。

形式は七言律詩。押韻は偶数句の脚韻で逃・高・豪・嘷だな。
袁傪
袁傪

今日のポイント! 『山月記』の要点

  • 実は袁傪が名脇役。
  • 『山月記』は対比表現に注目。



『山月記』が気になった人のために

李徴(虎)
李徴(虎)
最後になったが、『山月記』の青空文庫へのリンクを貼っておく。(青空文庫とは著作権の切れた作品をネット上で読めるようにしてくれているサイトだ。)

山月記 ー青空文庫

ぜひ読んで見てください。そしてまた当ブログへ帰ってきてください(切実)。
小助(こすけ)
小助

 

作品情報

◆山月記(『山月記・李陵 他九篇』岩波書店)◆

◆ 著者:中島敦
◆ 発行者:岡本厚
◆ 発行所:岩波書店
◆ 印刷所:理想社
◆ 製本所:中永正本
◆ 発行:1994年7月18日

参考文献

中島敦(1994)『山月記・李陵 他九篇』 岩波書店.

※1頭木弘樹(2011)『絶望名人カフカの人生論』,p79,飛鳥新社.

あらら本店ロゴ

Copyright© あらら本店 , 2019 All Rights Reserved.