見どころポイントはここ!又吉直樹『人間』の感想・内容&評価

投稿日:2019年10月10日 更新日:

又吉直樹さんの三作目『人間』

『人間』は、『火花』『劇場』に次ぐ又吉直樹さんの三作目の小説です。

又吉さんは太宰治の愛読者ですので、タイトルは『人間失格』を連想させます。

ちなみに太宰治が『人間失格』を発表した年が38歳。又吉さんが『人間』を発表した年齢も同じく38歳です。

物語の中にも『人間失格』の要素は随所に見られ、関連を意識して書かれたことが分かります。

『人間失格』で葉蔵と堀木が『罪と罰』について語ったように、『人間』でも主人公の永山らによって『人間失格』について語られる場面があったりして、そうしたクロスオーバーも面白い作品です。

ここではそんな『人間』を、ネタバレなしで紹介していきます。

・作品の概要

主人公 永山(38歳の男性)
物語の
仕掛け人
ハウスの住民
主な舞台 東京
時代背景 現代
作者 又吉直樹



-内容の紹介-

・一般人から有名人へ ~描かれる現代的な問題~

又吉作品に見られる特徴的な点といえば、「台頭する個人と名のない大衆」という構造でしょう。

『火花』では芸人として、『劇場』では劇作家として、一個人だった主人公が著名人へと移り変わります。

『人間』でもその構造が見られ、主人公の永山も絵本作家として台頭していきます。

SNSの普及によって、一般人が有名人になるハードルはぐんと下がりました。

社会的にも「個人」の活躍の場が広がり、公の人として活躍する方も多いでしょう。この傾向はどんどん進んでいくと考えられます。

作品に見られる「苦悩する有名人の姿」は、今やテレビの向こう側の話ではなくなっきています。

又吉さんは、そこで生じる問題や人間の感情を凝視します。

ただの一人の人間だぞ。どいつもこいつも、ただの一人の人間にすぎないんだよ。

『人間』に出てくる影島はこう言います。この言葉は果たして当たり前に受け取られているでしょうか。

有名人と一般人の境界線が近接する現代の問題を見事に描いた作品です。



・太宰治の『人間失格』と又吉直樹の『人間』

冒頭では『人間失格』との関連性を述べましたが、ここでは二つの作品の違いを紹介します。

2つの作品で決定的に異なっているのは、神という存在の認識についてでしょう。

具体的には、

  • 『人間失格』=西洋的一神教
  • 『人間』=東洋的シャーマニズム

というふうに考えることができます。

こうした違いがあるからこそ、『人間』と『人間失格』の着地点は大きく離れていったように思います。

そのような形而上の存在や精神世界といったテーマは『人間』で色濃く表れており、本作品の見どころのひとつだと言えるでしょう。

現実と虚構の狭間で描かれる不思議な世界観を、『人間』でぜひ体験してみて下さい。



『人間』の感想

自分の心の中で棲んでいた怪物が、少しずつ死んでいく感覚のような。縋りたいけど頼りない個性が、少しずつ削られていく感覚のような。ある種の人間が経験するのであろう感情が描かれていました。

「でもな、もう俺には宇宙が見えへん。クリント・イーストウッドに触れられへん」

又吉直樹『人間』毎日出版,2019,247p

作中の人物が発する言葉はわけが分からなくて面白いのですが、なぜかその「感じ」だけは分かる気がします。

作品を貫いているのは、静かな怒りと声にならない叫び。もやもやする塊。そうしたものが失われていくことによって、掴めたものと零れ落ちたもの。

良作に出会ったときよくあるように、読後しばらくは心が重いですが、おすすめです。ぜひ一度読んでみてください。

 

ちなみに個人的な予想では、又吉直樹さん4作目の小説のテーマは「友情」だと思います。

『火花』で先輩と後輩の関係を描き、『劇場』では恋人を、『人間』では家族を描いているので次は友達かなと。

もちろん『人間』でも友人はたくさん描かれますが、物語の主軸ではないような気がしました。いずれにせよ早くも4作目を期待してしまうような良作です。

▽こちらの記事もおすすめ

サムネイル
小説『劇場』の見どころは?ネタバレなしで作品のポイントと感想をチェック!

又吉直樹『劇場』は、ダメな主人公・永田と健気な優しさを持つ年下の沙希。二人の恋愛を描いた物語です。ここでは『劇場』の見どころポイントと感想を書いています。ネタバレなしなので、これから読もうと思っている方にもおすすめです。それではみていきましょう。

続きを見る

サムネイル画像
又吉直樹の「小説じゃない」おすすめ本5選!俳句・エッセイ本まとめ

又吉直樹さんは、芥川賞を受賞した小説『火花』をはじめ、俳句・エッセイなど多岐にわたる文筆活動をしています。ここでは、そんな又吉さんの「小説以外のジャンル」から、魅力溢れる本を5冊紹介していきたいと思います。又吉さんが好きだからほかの本のおすすめを知りたい!又吉さんの小説以外の作品も気になる!という方はぜひ参考にしてみてください。それではみていきましょう。

続きを見る

2019/11/17

【読みやすさ重視】近代日本文学おすすめ小説21選【純文学】

この記事では純文学のおすすめ小説21選を紹介しています。読書で大事なことは「一つの作品を読み切る」こと。ですのでここでは読みやすさを重視しつつ、長い年月のなかで高い評価を得てきた純文学作品でおすすめのラインナップを組みました。

ReadMore

2019/11/16

『ニムロッド』の解説・感想まとめ!価値を通して描かれる人間存在

この記事では『ニムロッド』のあらすじ・内容解説・感想までをまとめた。良く出来た作品という印象だ。「塔」という分かりやすいシンボルを軸とした社会構造や、仕事、恋愛、友情、夢、SFまで、『ニムロッド』には小説を楽しむ要素が詰めこまれている。

ReadMore

2019/11/14

宇佐見りん『かか』の感想!内容&評価と見どころまとめ

この記事では『かか』の簡単なあらすじ・感想・評価をまとめている。『かか』は20歳の若さで第56回文藝賞を受賞した宇佐見りんさんの作品。方言と口語が混じる特有の文体と、様々な人間の「痛み」が見どころだ。

ReadMore

2019/11/13

尾崎一雄『暢気眼鏡』のあらすじ・感想!芥川賞初の短編集受賞作!

この記事では『暢気眼鏡』のあらすじ・みどころ解説・感想までをまとめました。『暢気眼鏡』は第五回芥川賞を受賞した尾崎一雄の小説。お金もなく職もない「私」と、その妻の芳枝。貧しくも暢気な二人の日常が描かれていく。

ReadMore

2019/11/12

冨澤有爲男『地中海』のあらすじと感想!第四回芥川賞受賞作

この記事では冨澤有爲男『地中海』のあらすじ・解説・感想までをまとめた。第四回芥川賞を受賞した本作は、パリに住む画家学生の主人公と、人妻である桂夫人の許されざる恋を描いた物語になっている。

ReadMore

2019/11/10

石川淳『普賢』あらすじ・解説・感想まとめ!二人のヒロインと饒舌な文体

この記事では『普賢』のあらすじ・解説・感想をまとめています。第四回芥川賞を受賞した石川淳の小説。饒舌体と呼ばれる怒濤の文体で、主人公と関わる人々や身の回りに起こる出来事が語られていく。

ReadMore

2019/11/8

小説『共喰い』のあらすじ・解説・感想!内容よりも構成で読まれるべき作品

この記事では小説『共喰い』のあらすじ・見どころ解説・感想をまとめた。田中慎弥さんの第146回芥川賞受賞作。川辺という海に近い小さな町で繰り広げられる、性の欲望をめぐる物語が構成的に描かれる。

ReadMore

2019/11/6

川上未映子『乳と卵』の感想と見どころ解説!豊胸手術と月経の苦悶

この記事では『乳と卵』のあらすじ・解説・感想をまとめた。この物語は「乳」の問題に悩む母親の巻子と、「卵」の問題に悩む娘の緑子の様子が、川上未映子さん特有の大阪弁口語調で描かれている。第138回芥川賞受賞作でもあり、『夏物語』の下敷きとなっている作品でもある。

ReadMore

作品情報

  • 『人間』毎日出版
  • 著者:又吉直樹
  • 発行者:黒川昭良
  • 印刷所:中央精版
  • 製本所:大口製本
  • 発行:2019年

Copyright© あらら本店 , 2019 All Rights Reserved.