2021年11月発売!おすすめ新刊小説まとめ

2021年10月25日

今月のピックアップ!

・『残月記』

最も新刊が待たれた作家、飛躍の一作

『山月記』とタイトルが酷似している小田雅久仁さんの新作。「ディストピア×愛×ダークファンタジー」ということで、どれも好きな僕としては「カレー×うどん×チーズ」のような気分。早く読みたみです。

2021年11月発売のおすすめ小説

『ペイント』イ・ヒヨン

『アーモンド』に続く「チャンビ青少年文学賞」受賞作。『アーモンド』は好きだったので楽しみです。韓国で30万部突破のベストセラー。

発売日:2021/11/17
出版社: イースト・プレス

『円』劉慈欣

『三体』に抜粋されていた「人間コンピューター」の話を改題した表題作『円』をはじめ、その他13作の短編が収録されているもよう。買います。

発売日:2021/11/17
出版社: 早川書房

『残月記』 小田雅久仁

帯がすでに何かの賞を獲ったくらい豪華。楽しみですね。

発売日:2021/11/18
出版社: 双葉社

『弓を引く人』パウロ・コエーリョ

国内最高の弓の達人である主人公が、遠い国から来た別の弓の達人から挑戦を受ける物語。中島敦の『名人伝』を想起させるような内容ですね。『残月記』しかり、今月は中島敦月間?

発売日:2021/11/20
出版社: KADOKAWA

『桃花源の幻』 格非

陶淵明の『桃花源記』は好きなので、モチーフを借りているこの作品は読んでみたいですね。

発売日:2021/11/25
出版社: アストラハウス

『赤い十字』 サーシャ・フィリペンコ

ベラルーシ作家による小説。91歳のお婆ちゃんの人生が語られる物語です。

出版社:集英社
発売日:2021/11/26

『まだまだという言葉』クォン・ヨソン

韓国作家クォン・ヨソンによる短編集。タイトルに惹かれました。買いですね。

発売日:2021/11/26
出版社: 河出書房新社

※タイトル・価格・出版日は発売前のものですので、予告なく変更されている場合があります。

以上、2021年11月の発売小説情報でした!