2021年9月発売!おすすめ新刊小説まとめ

2021年9月9日

2021年9月の新刊小説をまとめています。

今月は、東野圭吾の新作『透明な螺旋』。

ノーベル賞受賞者ジョゼ・サラマーゴ待望の邦訳『だれも死なない日』などが注目作品です。

今月の新刊小説ピックアップ!

『だれも死なない日』

ジョゼ・サラマーゴ (著)/雨沢泰 (訳)

サラマーゴ待望の邦訳

ジョゼサラマーゴ作品は、『複製された男』(2011)以来の邦訳です。僕は彼の作品が大好きなので、この刊行はかなり嬉しい。誰も死なない日って幸せなんだろうけど、それはそれでおかしいですよね。楽しみです。

発売日:2021/09/24
出版社:河出書房新社

2021年9月発売のおすすめ小説

『眠りの航路』

台湾の代表的作家・呉明益の長篇デビュー作です。舞台は日本。第二次世界大戦を背景に、三島由紀夫なども登場するようです。気になる。

発売日:2021/09/01
出版社:白水社

『ユドルフォ城の怪奇』

アン・ラドクリフ (著)/三馬志伸 (訳)
ゴシック小説の源流と言われるイギリス文学不朽の名作ですって。面白そう。初邦訳です。

発売日:2021/09/02
出版社:作品社

『骨を引き上げろ』

ジェスミン・ウォード (著)/石川由美子 (訳)
2011年全米図書賞受賞作。昨年も同作家の『歌え、葬られぬ者たちよ、歌え』が翻訳された際には反響がありました。

発売日:2021/09/02
出版社:作品社

『カンバセーションズ・ウィズ・フレンズ』

サリー ルーニー (著)/山崎 まどか (訳)
センセーションを巻き起こし、世界27ヵ国に翻訳された本書。1991年生まれという若手の著者は「ミレニアル世代の代弁者」とまで言われるようになったそうです。これは読みたい。

発売日:2021/09/03
出版社:早川書房

▽読みました!▽

CHECK
『カンバセーションズ・ウィズ・フレンズ』どのあたりが「ミレニアム世代」なのか?感想とあらすじ!

『透明な螺旋』

ガリレオシリーズの第十弾。もう言わずもがなですね。シリーズ最新作、ファン待望の一冊です。

発売日:2021/09/03
出版社:文藝春秋

『ぼくのがっかりした話』

セルジョ・トーファノ (著)/ 橋本 勝雄 (訳)
こういう児童文学めいたタイトル、無性に惹かれます。簡単そうだからかな?笑

発売日:2021/09/05
出版社:英明企画編集

『鏡と光』

ヒラリー・マンテル (著)/ 宇佐川 晶子 (訳)
『ウルフホール』『罪人を召し出せ』と続いていた歴史大作の三部作目。ついに完結です。彼女の本は人気で、一年後とかにはいつも在庫切れになっていますね。

発売日:2021/09/16
出版社:早川書房

『だれも死なない日』

ジョゼ・サラマーゴ (著)/雨沢泰 (訳)
楽しみです。楽しみです。絶対買います。

発売日:2021/09/24
出版社:河出書房新社

『東京ゴースト・シティ』

バリー・ユアグロー (著)/柴田 元幸 (訳)
コロナやオリンピックで揺れる日本を舞台に、太宰、三島、黒澤明なんかの幽霊が登場するそうです。設定がハチャメチャですね笑

発売日:2021/09/28
出版社:新潮社

『虚空へ』

谷川俊太郎さんは今年の12月に御年90歳。ここ一年間に紡がれた最新詩集です。

発売日:2021/09/28
出版社:新潮社

※タイトル・出版日は発売前のものですので、予告なく変更される場合があります。

以上、2021年9月の発売小説情報でした!