2021年に10万部以上売れたベストセラー小説まとめ!

2021年のベストセラー小説が知りたい!

この記事では、2021年のベストセラー小説をまとめました。

  • 今どんな小説が売れているのか?
  • 2021年の人気作は?

といった方におすすめです。

2021年ベストセラーまとめ

1位.50万部『推し燃ゆ』宇佐見りん

第1位は宇佐見りんの『推し、燃ゆ』。

いま最も勢いのある小説で、芥川賞受賞後からグングン発行部数を伸ばしています。

「推しが炎上する」という現代的な設定が、若い女性層を中心に大ブームを巻き起こしました。

2位.41万部『52ヘルツのクジラたち』​町田そのこ

第2位は、初版6000部だった『52ヘルツのクジラたち』。

2021年4月に本屋大賞を受賞すると、一気に人気が爆発し、発行部数を40万部以上まで伸ばしました。

3.20万部『白鳥とコウモリ 』東野圭吾

第3位は、「新たなる最高傑作。東野版『罪と罰』」というキャッチコピーで、刊行後も非常に評価の高い東野圭吾作品。

作者自身も、「今後の目標はこの作品を超えることです」と言っていて、渾身の力作であることが分かります。

4位.15万部『オルタネート』加藤シゲアキ

第4位は、「第42回 吉川英治文学新人賞」を受賞した『オルタネート』。

今年の直木賞や本屋大賞にもノミネートされ、若い女性を中心に、非常に人気の高い作品です。

5位.10.5万部『テスカトリポカ』佐藤究

第5位は『テスカトリポカ』。史上二度目の快挙となる、直木賞&山本周五郎賞をダブル受賞しました。

直木賞受賞作は、毎年幅広い読者層に読まれますが、『テスカトリポカ』は本好きの間からも非常に人気のある作品です。

番外編.10万部『三体Ⅲ』劉慈欣

シリーズ累計50万部を達成した『三体』。

全世界での売り上げは「2900万部」と異例の大ヒットなので、番外編として掲載しました。

海外でも人気のある作品を読みたいという方におすすめです。

以上、2021年のベストセラー小説トップ5まとめでした。

※ランキングは調査集計時のもの。最新の発行部数は変動する可能性があります。