2021年12月発売!おすすめ新刊小説まとめ

今月のピックアップ!

『火守』 劉慈欣

リュウ・ジキンによるハートウォーミング小説

『三体』で知られる著者のハートウォーミング小説ですって。『三体』でも男女の関係は優しくロマンチックだったので、今作もそのような雰囲気を楽しめるのでしょうか。期待大です。

2021年12月発売のおすすめ小説

『デカメロン・プロジェクト パンデミックから生まれた29の物語』 マーガレット・アトウッド

アトウッドらによるコロナ禍を描いた短編集。世界的な作家がコロナをどう捕らえているのか興味があるので、この本は読みたいです。

発売日:2021/12/07
出版社: 河出書房新社

『女性失格』 小手鞠るい

太宰治の『人間失格』を下敷きにしているよう。『人間失格』は好きな作品なので気になりますね。

発売日:2021/12/08
出版社: 文藝春秋

『生を祝う』李琴峰

子どもたちに「生まれてきたいか」と聞き、同意が得られた場合にだけ子どもが生まれてくる世界の物語。芥川龍之介の『河童』と同じですね。近代小説を下敷きにする潮流なのかな?

発売日:2021/12/07
出版社: 朝日新聞出版

『火守』 劉慈欣

今月一番気になる小説。早く読みたいです。

発売日:2021/12/20
出版社: KADOKAWA

『緑の天幕』リュドミラ・ウリツカヤ

スターリン後のソ連とロシアを生き抜いた幼なじみ3人の物語。先月のサーシャ・フィリペンコ『赤い十字』に引き続き、ロシア周辺の文学ですね。気になります。

発売日:2021/12/22
出版社: 新潮社

※タイトル・価格・出版日は発売前のものですので、予告なく変更されている場合があります。

以上、2021年12月の発売小説情報でした!