『源氏物語』「葵」あらすじ・感想&解説!葵上ってどんな人?六条御息所との関係から年齢まで!

『源氏物語』第9帖「葵」のあらすじ

光源氏:22歳~23歳の1月まで

物憂い光源氏

光源氏22歳。葵上が子どもを身ごもります。

父の桐壺帝は息子の朱雀帝に位を譲り、大好きな藤壺と普通の夫婦のように暮らしはじめます。

そのために光源氏は藤壺といっそう会えなくなり、物憂い日々を過ごしていました。

六条御息所と葵上の車事件

春、賀茂で葵祭が催されます。

祭りの前日の斎院御禊日(現在は「斎王代女人行列・御禊の儀」)に、葵上の従者と六条御息所の従者どうしで小競り合いがありました。

光源氏の様子を見ようと忍んでやって来た六条御息所の車を、葵上の従者が脇に追いやったのです。

正妻と愛人の格差を白昼のもとにさらされて、六条御息所は非常に悔しい思いをします。

物の怪に取り憑かれる葵上

8月、葵上は懐妊中から物の怪に取り憑かれ、出産に苦しみます。

看病する光源氏は、偶然に物の怪の正体を見ます。

それはまぎれもなく、六条御息所の生き霊でした。

葵上は立派な男の子を産み、光源氏との間にも初めて愛情が兆しますが、その後急死してしまいます。

若紫との初夜

葵上の死に傷心する光源氏は、喪失感を若紫で埋めようとします。

久々に訪ねた若紫はずいぶんと大人らしくなっており、光源氏はなかば強引に夜をともにします。

光源氏のことを父親のように慕っていた若紫は裏切られたという思いが強く、しばらく塞ぎこんでしまいます。

左大臣家との別離

年が明けて、左大臣家(葵上の家)の人々と久しぶりに会う光源氏。

葵上が残した息子は美しく育っていますが、葵上の父・左大臣や、母の大宮は悲しみにやつれています。

彼らと光源氏は話をし、これからあまり会わない間柄になることを思うと、お互いに涙が溢れてくるのでした。

『源氏物語』「葵」の恋愛パターン

光源氏(22歳)―葵上(26歳)

  • 光源氏:難産で苦しむ葵上の姿を見て、これまで大切にしていなかったことを悔やむ。
  • 葵上:出産後初めて源氏と愛情が通うが、亡くなってしまう。

『源氏物語』「葵上」の感想&面白ポイント

六条御息所の車事件

「葵」の巻での名場面といえば、何といっても「六条御息所の車事件」です。

六条御息所の一行が車を停めているあたりに、葵上の一行が偶然やってきて、車を退かしていきます。

葵上の従者
ここの車どけてー。葵上さまの車停めまーす。
この車はけっしてそんな風に立ち退かせることができるものではない。貴い身分の方が乗っておられるのだ。
六条御息所の従者
葵上の従者
(・・・あれ?六条御息所さんの車じゃね?)何言ってんだ、こっちは光源氏さまの正妻さまだよ?どいてよ
あんたらが後から来たんだろう。この車には指一本触れさせまい。
六条御息所の従者
葵上の従者
こしゃくな。愛人らしく光源氏さまのご威勢でも借りる気ですか?
何を貴様ら!
六条御息所の従者
葵上の従者
はいはい、もういいです。勝手に停めますねー
(端に押しやられてしもた)
六条御息所の車
(こっそり来たのに、光源氏さまに未練があることがバレてしまった・・・それに正妻と愛人の格差をまざまざと見せつけられてしまうとは、なんと辛いことよ・・・)
六条御息所

とまあこんな事があります。

六条御息所は光源氏の古い恋人ですが、葵上が懐妊したこともあり、あまり訪ねられなくなっていたんですね。

そんな折、葵祭に光源氏が来るという噂を聞きつけた六条御息所は、車でこっそりと姿を見に行くわけです。

しかしそれが裏目に出て、葵上の一行に辱められてしまうというかたちです。

この事件が引き金となって、六条御息所は葵上への恨みを募らせるようになります。

六条御息所と葵上の関係

六条御息所と葵上は、簡単に言えば恋のライバル関係です。

葵上は光源氏にそれほど執着していませんが、六条御息所は光源氏が大好き。

そのため、葵上を心ならずも嫉妬しています。

また、2人は親戚でもあります。

血縁関係はなく、葵上からみて六条御息所が、血の繋がっていない叔母にあたります。

ちなみに葵上と光源氏は従兄弟なので、

この三角関係は従姉弟と叔母の間柄で繰り広げられている

ということです。

(現在では従姉弟同士の結婚は認められていませんが、当時はよくあることでした。)

これらの関係をまとめると以下の図のようになります。

つまり、ふたりは光源氏をめぐって対立する関係でありながら、大きくみれば親戚という間柄。

そんなふたりの関係は、驚くべきかたちで終止符が打たれます。

六条御息所の怨念と葵上の急死

葵上は懐妊中から物の怪に取り憑かれるようになります。

物の怪の正体は六条御息所。

光源氏が偶然見て、その正体が分かります。

しかし六条御息所は、悪気があって生き霊となっているわけではありませんでした。

彼女は夢の中で葵上を痛めつけているのですが、目が覚めると、

「なんでこんな夢を見てしまうのでしょう・・・縁起でもない・・・」

と、自分を責める様子さえ見せるのです。

知らず知らずのうちに心の中で恨みや憎しみが大きくなり、理性とは裏腹に相手を攻撃してしまう。

人の心の恐ろしさが、「六条御息所の怨霊」というかたちで表出している場面です。

結果的に、葵上は子どもを産んで亡くなったため、六条御息所の勝利ということになるのでしょう。

この六条御息所の怨霊は、海外でも源氏物語を代表するモチーフとして有名です。

そもそも葵上ってどんな人?

「葵」のメインヒロインをつとめる葵上は、『源氏物語』第一巻「桐壺」から登場する女性です。

葵上のプロフィール
年齢 26歳(光源氏の4歳年上)
性格 ツンツン
容姿 かなり可愛い
家柄 左大臣の娘で身分が高い
光源氏との関係 正妻だが打ち解けず、笑顔も見せない
結婚した年齢 16歳

光源氏が12歳で元服(成人式)したとき、同時にお嫁さんをもらいます。

それが、4歳年上の葵上でした。

しかし彼女は登場時からツンツンしていて、光源氏とまったく打ち解けません。

それからも、「若紫」「紅葉賀」などで登場しますが、いつまで経っても仏頂面で、無口で、つれない葵上。

それはもちろん、光源氏の女遊びが激しいからでしょう。

光源氏が「もう少し優しくしてくれたらいいのに・・・」と言っても素知らぬ顔。

(私を放って出歩きながら、たまに帰ってくると「優しくして」なんて、この人よく言えるわね・・・)

てな具合です。

あるいは結婚当初から、光源氏の秘めた藤壺への想いも見破っていたのかもしれません。

葵上は、「自分の感情を上手く伝えられなかった女性」として見られることもあります。

しかし個人的には、彼女は利発で才気があり、男性におもねらず、感情に流されないリベラルな女性だと感じます。

伝えられなかったのではなく、伝えることを良しとしなかったのではないかと、個人的には思っています。

クライマックスで見せる"デレ"

そんな葵上ですが、最後の最後でほんの少しだけ打ち解けた様子を見せます。

「葵」の巻のクライマックス、葵上が亡くなる場面です。

たいした事は何もありません。

光源氏が看病をして、部屋を出る。その姿を床に伏せている葵上がじっと見送る。

このささいな出来事に、今までのつれない態度や、ふたりの冷め切った仲を、一気に温め直すような情緒が滲んでいます。

以前は退出する光源氏を見送ることなどなかった彼女が、光源氏の姿をじっと見つめている。

それだけで、葵上「らしい」いじらしさが、これ以上なく最適なかたちで描かれているのです。

この絶妙な”デレ”は『源氏物語』きっての名場面であり、葵上を完璧な女性として昇華させた瞬間でもあると思います。

裏切られた若紫

「葵」の巻では、葵上の死のほかに、もう一つ衝撃的な出来事があります。

それは、光源氏と若紫が初めて枕を共にしたことです。

葵上が亡くなり、喪中で出歩くことも憚られた光源氏。

久しぶりに若紫を訪ねてみると、なんとまあ大人らしくなっているではありませんか。(とはいえまだ14歳。)

葵上の喪失感を埋めたいという気持ちもあったのでしょう。

光源氏は、ある晩に若紫を襲います。

若紫は10歳で光源氏に拉致されるも、二条院で暮らしているうちに、彼を父のように慕っていました。

あわせて読みたい
『源氏物語』「若紫」の簡単なあらすじ&感想!藤壺と若紫の関係性から光源氏と葵上の不和まで!

そのため、まさかの出来事にショックを受け、裏切られたという気持ちになります。

「ほんとにいやだ。信じられない。最低です!」

と思った若紫は、光源氏を無視し続けます。

しかし、彼はそんな様子をみて「拗ねているところも可愛いなあ」なんて思っているのです。やばいですね。

そういうことで、ふたりは結婚することになります。

つまり「葵」の巻では、正妻・葵上の死と、拉致してきた若紫との結婚が描かれているのです。

光源氏の人生の中でも重要な出来事がいっぺんに起こった、ターニングポイントの回だといえるでしょう。

光源氏はこのとき22歳。

しかしここから、彼の人生は次第に下り坂となっていくのです。

オーディブルで『源氏物語』全54巻が聞ける!

オーディブルでは、現代語訳された『源氏物語』全54巻を聞くことができます。

読むのは辛いという人でも、オーディブルなら楽に聞けるのでおすすめです。

1ヶ月目は無料なので、その無料コインを使って『源氏物語』を購入することで、お金をかけることなく聞くことができます。

無料期間中の解約もOK。

解約しても、コインで購入した『源氏物語』はずっと自分のものなので、いつでもどこでも聞くことができます。

『源氏物語』の通読にチャレンジしたい方は、ぜひオーディブルも検討してみて下さい。