『源氏物語』「若紫」の簡単なあらすじ&感想!藤壺と若紫の関係性から光源氏と葵上の不和まで!

『源氏物語』第5帖「若紫」の簡単なあらすじ

光源氏:18歳(3月~10月頃)

光源氏、病に臥せて北山へ

18歳になった源氏は、三月頃に病気になります。

名高い僧に治してもらうため、北山へと向かいました。

そこで光源氏は、まだ10歳ほどの若紫と出会います。

若紫との出会い

少女の容姿は、源氏が心から恋しく思っている藤壺にそっくりでした。

若紫は母親が早くに亡くなり、父宮(兵部卿宮)は不在がちなので、光源氏は「彼女を引き取って世話をしたい」と申し出ます。

幼い頃から手をかけて、源氏好みの理想的な女性にしたいのです。

しかし、「まだ幼すぎるので・・・」と女房にやんわりと断られます。

藤壺の懐妊

その頃、源氏は藤壺と一度きりの逢い引きをします。

そしてその一度で、藤壺は光源氏の子を身ごもったのです。

藤壺は帝の妻なので、実の父親が光源氏だということを明かせません。

そうとは知らず喜んでいる帝の姿に、藤壺も光源氏も心苦しく思います。

若紫の拉致

秋になり、若紫の祖母が亡くなると、父宮(兵部卿宮)が若紫を引き取ろうと考えます。

そうなっては彼女と会えないと思った光源氏は、若紫の拉致を企てます。

若紫とその乳母の二人を車でさらい、二条院へ連れてきて絵などを見せているうちに、最初はこわがっていた若紫も、次第に打ち解けてゆきました。

いまでは光源氏を父代わりとして親しんでいる若紫。

そんな彼女を見て、源氏は少女の未来に期待を寄せるのでした。

『源氏物語』「若紫」の恋愛パターン

光源氏―若紫

  • 光源氏:藤壺にそっくりな少女の若紫を、自分好みの女性にしたいと思って迎え入れる
  • 若紫:10歳だった彼女は、なされるがままに二条院へ連れてこられ、源氏を父代わりとして慕い始める

『源氏物語』「若紫」の解説

葵上との不和

葵上とは結婚当初から上手くいっていなかったのですが、ここにきて不和が強調されています。

「若紫」の冒頭で、光源氏はわらわ病み(マラリアににた発作を伴う病気)にかかっています。

にも関わらず、葵上はお見舞いにも行かなかったというのです。

二人きりになったとき、源氏はそのことを問いただします。

病でとても辛かったところ、少しの見舞いの言葉でもかけてくれないのは、いつものことで珍しくもありませんが、やはり恨めしいことです。

(耐へがたうわづらひ侍りしも、いかがとだに問ひたまはぬこそ、めづらしからぬ事なれど、なほうらめしう)

すると葵上はしばらく間を置いて、ひと言だけ切り返します。

「問わぬ」というのは不親切なことでしょうか

(問はぬはつらきものにやあらん)

これは、

「いつも私のもとを訪ねて来ないくせに、自分が病気になったら私に来いというのですか?」

と、日頃の女遊びを言い含めて、夫を批判している切り返しです。

まあ葵上の態度にも一理ありますね。

また「問わぬ」という言葉は、一つ前の「夕顔」にあった空蝉の歌も連想させます。

問はぬをも/などかと問はで/ほどふるに/いかばかりかは/思ひ乱るる

意訳:私がお見舞いしないのを、なぜかとお尋ねくださることもないので、時が経つにつれて、どれほど私は思い乱れることでしょう

(空蝉→光源氏)

空蝉が、病に臥せる光源氏にあてた手紙の中で詠んだ歌です。

この手紙を葵上が読んだのでは?と思ってしまいますね。

しかし、光源氏としては面白くありません。

葵上への恨みを言い訳にして、ほかの人への恋をいっそう燃え上がらせます。

藤壺との密会

葵上と口論になってからしばらくした頃、藤壺が病にかかって宮中を離れます。

光源氏はここぞとばかりに、藤壺との密会を企てます。

藤壺付きの王命婦を追い回して、なんとか取り次がせ、短夜をともにするのです。

そのため、王命婦は光源氏と藤壺の密会を知っている唯一の人物です。

相手が病気で弱っていることを逆にチャンスだと思うあたり、さすが光源氏ですね。

この密会が4月頃。その三ヶ月後くらいに、藤壺懐妊の噂が流れます。

帝は喜びますが、藤壺と光源氏、それから王命婦だけは、本当の父親が光源氏だということを知っています。

この子は後に「冷泉帝」となり、光源氏の人生の後半を彩るための重要なキーパーソンとなります。

藤壺と若紫の血縁関係

この巻で光源氏が熱をあげるのは、藤壺のそっくり少女・「若紫」です。

彼女が藤壺と似ているのは、おばと姪の血縁関係にあるから。

図解するとこんな感じです▽

若紫は先帝の孫でもあるわけですね。

こうした血縁関係が、二人の容姿が似ている理由です。

光源氏は藤壺が大好きなので、彼女に似ている若紫を、自分好みの女性にしようと企みます。

つまり光源氏は、

  • おばの藤壺
  • 姪の若紫

どちらをも手中におさめようとしているわけですね。

感想&面白ポイント

あどけなく可愛い若紫

小さい頃から、容姿が整っていて可愛らしい子っていますよね。

光源氏が初めて見た若紫も、とても可愛らしい少女でした。

ほかの子とは比べものにならず、成人後の美しさはさぞやと思われるほど、かわいらしい顔立ちである。
(あまた見えつる子どもに似るべうもあらず、いみじく生ひ先見えて、美しげなる容貌なり)

『源氏物語』「若紫」

また若紫は、

  • あどけなく幼い少女

として描かれています。

以下のセリフからも、若紫の幼さは表れています。

雀の子を犬君(女の子の名前)が逃がしてしまったの。かごの中に入れて置いたというのに。
(雀の子を犬君が逃がしつる。伏籠の中に籠めたりつるものを)

『源氏物語』「若紫」

もちろん光源氏は、若紫の「生ひ先」に惹かれたので、ロリコンというわけではありません。

しかし、明らかに幼い彼女だからこそ、中身を自分好みにして、理想の女性に仕立て上げようと思ったのでしょう。

ロボットやAIとの恋愛も、この心理に似ているところがあります。

好きな見た目を選んで、好きな性格にカスタマイズする。理想的な異性の完成です。

しかし、若紫はロボットではなく人間。

彼女との恋愛は思い通りにいかない部分も出て、そこが面白いところでもあります。

ちょっとやりすぎ?な光源氏

第3帖の「空蝉」を読んだときも、ひとの妻を強姦する光源氏には、

ちょっとやりすぎかな?

と思いました。

あわせて読みたい
『ハリーポッターと賢者の石』原作との違い26選!あらすじ&登場人物まで!

ところが、今巻の「若紫」では少女拉致。

若紫を手元に置いておく方法がほかに無かったとはいえ、これはさすがにやりすぎでしょう。

空蝉の強姦に次いで、現代の倫理観では考えられない2つ目のポイントでした。

目的のためなら手段を選ばない。

そうした光源氏の姿勢が、後の大成にも繋がっていくのでしょうか。

物語の主人公なら、このくらいのことはしなければいけないのかもしれません。

若紫との初接触

それから、光源氏が若紫にくっつこうとする場面も、高貴な家柄&眉目秀麗だから許されるというレベルです。

そのときの会話は以下の通り。

少納言:直衣(男の衣装)を着た人がいらっしゃいましたよ
若紫:直衣を着ているという方はどちら?お父様が帰ってきたの?
光源氏:お父様ではありませんが、他人扱いはできませんよ。こちらへいらっしゃい
若紫:(いやだな・・・)少納言、さあ行こうよ。眠たいもの
光源氏:今さら逃げなくとも、わたしの膝の上でおやすみなさい。もう少しこちらに寄って
乳母:ですから申し上げました通り、まだ聞き分けのない子どもでして・・・・(若紫を源氏のもとへ押しやる)
光源氏:〈若紫の着物や髪を触り、手をつかまえる〉
若紫:〈知らない人に触られたり近寄られたりするのが気味悪く、怖ろしい〉寝ようというのに〈と言って逃げようとする〉
光源氏:〈若紫のいる御簾の中にするりと入って〉今はもうわたしが可愛がってあげます。逃げたりしないで。
乳母:御簾にまで入られるなんて困ってしまいます。まだ幼女だというのに・・・

光源氏はこのまま若紫と寄り添い、明け方になってようやく帰るのです(まるで恋人との逢瀬だったかのように)。

光源氏がこのとき18歳、若紫は10歳ころです。

これ、イケメンじゃなかったらアウトですよね?

「この世の人とは思えないほどの美しさ」と形容される光源氏でさえ、個人的にはちょっと気持ち悪さを感じてしまいます。

と同時に、光源氏が若紫にそれほどまで魅力を感じている、ということも伝わってくるんですね。

このようなインパクトのある出来事(不倫・人間違い・愛人の死・少女拉致)を描くことで、物語が劇的に進んでいくところも、『源氏物語』の面白さだと思います。

オーディブルで『源氏物語』全54巻が聞ける!

オーディブルでは、現代語訳された『源氏物語』全54巻を聞くことができます。

読むのは辛いという人でも、オーディブルなら楽に聞けるのでおすすめです。

1ヶ月目は無料なので、その無料コインを使って『源氏物語』を購入することで、お金をかけることなく聞くことができます。

無料期間中の解約もOK。

解約しても、コインで購入した『源氏物語』はずっと自分のものなので、いつでもどこでも聞くことができます。

『源氏物語』の通読にチャレンジしたい方は、ぜひオーディブルも検討してみて下さい。