『源氏物語』「末摘花」のあらすじを簡単に!醜い末摘花の容姿から大輔命婦の役割まで!

『源氏物語』第6帖「末摘花」のあらすじ

光源氏:18歳(正月~翌年正月まで)

末摘花の噂を聞く光源氏

18歳になった光源氏は、高貴な身分でひっそりと暮らす「末摘花(すえつむはな)」の噂を聞き、興味をそそられます。

彼女にどうにかして会いたいと思い、コネを使って邸まで行きます。

そこで彼女の琴の音を聞きますが、もう少し聞きたいと思ったところで、音は止みます。

跡をつけていた頭中将

光源氏が邸から帰ろうとすると、親友の頭中将に見つけられます。

彼は、光源氏がどこへ行くのだろうかと、こっそりと跡をつけていたのです。

二人はからかい合いながら、仲良く家まで帰ります。

競い合う源氏と頭中将

頭中将と光源氏は、末摘花を自分のものにしようと競い合います。

たがいに手紙を送りますが、どちらにも返事はきません。

そうしているうちに、春と夏が過ぎました。

末摘花との初逢瀬

秋の頃、光源氏はついに、末摘花との逢瀬にまでこぎつけます。

しかし、恥ずかしがってばかりいる末摘花は、二人のときも、布団にいるときも物を言いません。

そんな彼女に対して、どこか不信感を覚える源氏でした。

初めて見る素顔に驚く源氏

冬になり、源氏は久しぶりに末摘花を訪れようと思い、邸へ出向きます。

翌朝、夜明けの光で彼女の顔を初めて見ると、真っ赤な鼻先に長い顔、とにかく肝を潰すほどの醜悪ぶりで、源氏は仰天します。

源氏は若紫のいる二条院に戻り、末摘花の醜い顔を思い出しては、赤い鼻の女の絵を描いたり、自身の鼻も赤く塗ったりして戯れるのでした。

『源氏物語』「末摘花」の恋愛パターン

光源氏―末摘花

  • 光源氏:高貴でひっそりと暮らす末摘花に惹かれる
  • 末摘花:恥ずかしがりで、ほとんど喋らない

『源氏物語』「末摘花」の感想&面白ポイント

頭中将との競い合い

第6帖「末摘花」の見どころは、光源氏と頭中将が末摘花をめぐって競い合うところでしょう。

二人は末摘花に手紙を送りますが、どちらにも返事はきません。

そのことを、頭中将は正直に言います。

あの姫様からお返事は来ましたか。私は試してみたのですけれど、返事も来ず相手にされないのです。

(しかじかの返りごとは見たまふや。こころみにかすめたりしこそ、はしたなくてやみにしか)

『源氏物語』「末摘花」

これを聞いて光源氏は、

  • (頭中将め、やはり手紙を送っていたのだな・・・)

と、思わず笑顔を見せます。

そしてこう切り返します。

なに、返事を見ようとも思わないから、見ることもないですね。

(いさ。見むしとも思はねばにや、見るとしもなし)

『源氏物語』「末摘花」

本当は光源氏にも返事は来ていません。

頭中将を焦らす目的で、はっきりしないことを言います。

それを聞いた頭中将は、「末摘花は分け隔てをしたな」と邪推するんですね。

光源氏は末摘花に対して、そこまで熱心ではありませんでした。

しかし頭中将の様子を見て、めらめらと競争心が燃えていきます。

この二人の競争が、「末摘花」の面白いところです。

末摘花はどのくらい醜いのか?

この巻で衝撃的なのは、末摘花がびっくりするくらい醜い女だったこと。

彼女は実際どのような顔をしていたのでしょうか。

簡単にまとめると、以下のような特徴があります。

  • 胴が長い
  • 背中が曲がっている
  • 象のように長い鼻
  • 鼻の先は赤い
  • あごが長い
  • 額も広い
  • 顔色は白く青みがかっている
  • 着物の上からでも骨張っているのが分かるほど痩せている
  • 古風できたない服
  • 黒貂の毛皮を羽織っている(若い女性には似合わない)
  • 頭の形と髪だけは良い

いわゆる「魔女」のような姿を想像すると良いのでしょうか。

たしかに醜いかもしれません。

しかし驚くべきなのは、この容貌を知るまでに、何度も床で交わっていること。

夜は真っ暗なので、顔は見えないんですね。

ただ、光源氏はなんとなく感づいていたようで、容貌を見たときに「さればよ(やっぱりか・・・)」と言っています。

長いですが、本文と意訳も載せておきます。

まず胴が長く、背が曲がって見えるので、「やはりか」と胸のつぶれる思いである。特にみっともないと思われるのは鼻であった。ふとそこに目が止まってしまう。普賢菩薩が乗る象のようだ。驚くほど高く伸び、先の方は垂れて赤くなっている。肌の色は雪のように白く青みがかっていて、額はとても広く、そのうえ顎も長く出ている。痩せていることといったら、着物の上からでも骨張っているのが分かるほどだ。(中略)表面がとても白茶けているかさねを着て、その上にもとが何色かも分からない黒い袿、表着には黒貂(クロテン)の毛皮を羽織っている。古風で由緒ある装いであるけれど、若い女性には似つかわしいと言える服装ではなく、なんとも悪目立ちしている。

(まづ居丈の高く、を背長に見え給ふに、さればよと胸つぶれぬ。うちつぎて、あなかたわと見ゆるものは鼻なりけり。ふと目ぞとまる。普賢菩薩の乗り物とおぼゆ。あさましう高うのびらかに、先の方少し垂りて色づきたること、ことのほかうたてあり。色は雪はづかしく白うてさをに、額つきこようなうはれたるに、なほ下がちなる面やうは、大方おどろおどろしう長きなるべし。痩せたまへること、いとほしげにさらぼひて、肩のほどなどは、痛げなるまで衣の上まで見ゆ。(中略)聴し色のわりなう上白みたるひとかさね、なごりなう黒き袿重ねて、表着には黒貂の皮衣、いときよらにかうばしきを着たまへり。古代のゆへづきたる御装束なれど、なほ若やかなる女の御よそひには似げなうおどろおどろしき事、いともてはやされたり。)

『源氏物語』「末摘花」

光源氏にも、語り手にもことごとく呆れられて、さんざんな末摘花です。

命婦の重要さ

「末摘花」の巻で印象的だったのが、「大輔命婦」の役割です。

彼女は色好きな女房で、光源氏に色々な女の噂をし、あいだを取り持ちます。

末摘花との逢瀬をこぎ着けたのも彼女です。

光源氏が末摘花に興味を引かれ、こっそりと彼女の家へ行ったところで、命婦の演出が光ります。

末摘花の弾く琴の音を、少しだけ聞かせてすぐに遮ったのです。

いわゆる「焦らし効果」ですね。

まんまと演出にハマった光源氏は、もっと聞きたい!と思い(本当はたいした腕前でもないのですが)、末摘花に惹かれていくのでした。

この場面からは、当時の恋愛における命婦の重要さが読み取れます。

現代でこそ恋愛は当事者同士のものとなりましたが、当時の恋愛は周りの手引きがあってこそ。

「末摘花」の巻が明らかにしたように、欠点のある女性でも、優秀な女房さえいれば、身分相応の恋愛は出来るのです。

当時の欠点を持つ貴族女性たちに、このメッセージは希望として受け取られたのではないでしょうか。

若紫の登場で華やぐラスト

「末摘花」のメインストーリーが、

  • 高貴な女性が実は欠点ばかりだった

という失敗談だったので、ラストに可愛らしい若紫が登場すると、場面は一気に華やぎます。

末摘花というキャラクターの登場は、若紫の美しさを一層引き立てる役割もあったのかもしれません。

しかしこの場面、光源氏は若紫と遊びながら、鼻の赤い女性の絵を描いたり、自身の鼻を赤く塗ったりして、明らかに末摘花をいじっています。

少し陰湿ですが、気の置けない二人の様子がうかがえます。

侘しい末摘花の邸(常陸宮邸)の描写が続いたので、若紫のいる二条院は優雅でのどかな場所として、まるで楽園のような趣です。

『源氏物語』「末摘花」の主な登場人物

光源氏

18歳になった光源氏。末摘花を巡って頭中将と競い合う。

末摘花

常陸親王の娘。歌も琴もパッとせず、コミュニケーションも上手くとれない。

頭中将

光源氏の親友で、葵上の兄。末摘花をめぐって光源氏と競い合う。

大輔命婦

兵部大輔の娘。色好きな女房で、光源氏に末摘花の噂をした張本人。

オーディブルで『源氏物語』全54巻が聞ける!

オーディブルでは、現代語訳された『源氏物語』全54巻を聞くことができます。

読むのは辛いという人でも、オーディブルなら楽に聞けるのでおすすめです。

1ヶ月目は無料なので、その無料コインを使って『源氏物語』を購入することで、お金をかけることなく聞くことができます。

無料期間中の解約もOK。

解約しても、コインで購入した『源氏物語』はずっと自分のものなので、いつでもどこでも聞くことができます。

『源氏物語』の通読にチャレンジしたい方は、ぜひオーディブルも検討してみて下さい。