【2021年9月】Kindle読み放題で読める小説一覧まとめ!

2021年9月19日

この記事では、

  • 今Kindle読み放題対象になっている小説が知りたい

という方に向けて、Kindle読み放題対象の小説をまとめました。

毎月5日前後に確認&更新しています!

2021年9月の新着ピックアップ

  • 『ハリーポッター全シリーズ』J.K.ローリング
  • 『されど私の可愛い檸檬』舞城王太郎
  • 『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』フレディみかこ
  • 『鹿の王』上橋菜穂子

【2021年10月更新】Kindle読み放題で聞ける小説一覧

日本の小説

日本の小説は10000冊以上あります。

そのため、ここでは毎月のピックアップと、評価の高い作品をまとめました。

タイトル 作者
『鹿の王』NEW 上橋菜穂子
『されど私の可愛い檸檬』 舞城王太郎
『護られなかった者たちへ』 中山七里
『賢者の書』 喜多川泰
『夜市』 恒川光太郎
『夜は短し歩けよ乙女』 森見登美彦
『純喫茶トルンカ』 八木沢里志
『さいはての彼女』 原田マハ
『黒い家』 貴志祐介
『しゃばけ』 畠中恵
『余命10年』 小坂流加
『ジョーカー・ゲーム』 柳広司
『最後の医者』 二宮敦人
『ドグラ・マグラ』 夢野久作
『池袋ウエストゲートパーク』 石田 衣良
『なるへそ』 池井戸潤

ほかにも夏目漱石や宮沢賢治、中島敦などの近代日本文学もあります。

イギリス・アメリカの小説

KindleUnlimited」は海外古典文学古が豊富な傾向にあります。

  • 海外文学をたくさん読みたい!

という方はおすすめです。

 

 

タイトル 作者
『シャーロック・ホームズの冒険』 コナン・ドイル
『緋色の研究』 コナン・ドイル
『失われた世界』 コナン・ドイル
『八月の光』 フォークナー
『ナルニア国物語1』 C.S.ルイス
『嵐が丘』 E.ブロンテ
『ジェイン・エア』 C.ブロンテ
『ミドルマーチ1』 ジョージ・エリオット
『1ドルの価値/賢者の贈り物』 O.ヘンリー
『若草物語』 L・M・オルコット
『銀河パトロール隊』 E・E スミス
『ロビンソン・クルーソー』 デフォー
『ブラウン神父の童心』 G・K・チェスタトン
『ハックルベリー・フィンの冒険(上)』 マーク・トウェイン
『シークレット・エージェント』 コンラッド
『高慢と偏見(上)』 オースティン
『夜はやさし』 フィッツジェラルド
華麗なるギャツビー』 フィッツジェラルド
『ベンジャミン・バトン』 フィッツジェラルド
『宝島』 スティーブンソン
『ピーターラビットシリーズ』 ビアトリクス・ポター
『二都物語』 ディケンズ
『クリスマス・キャロル』 ディケンズ
『ロビン・フッドの愉快な冒険』 ハワード・パイル
『幸福な王子/柘榴の家』 オスカー・ワイルド
『不思議屋/ダイヤモンドのレンズ』 オブライエン
『アッシャー家の崩壊/黄金虫』 ポー
『サイラス・マーナー』 ジョージ・エリオット
『ボートの三人男~もちろん犬も~』 ジェローム.K.ジェローム
『ヘンリー・ライクロフトの私記』 ギッシング
『緋文字』 ホーソーン
『ケンジントン公園のピーター・パン』 バリー
『怪談・奇談』 ラフカディオ・ハーン
『勇気の赤い勲章』 スティーヴン・クレイン
『仔鹿物語(上)』 ローリングズ
『赤毛のアン』 モンゴメリ
『発火点』 C・J・ボックス
『ディッキーの幸運』 E・ネズビット
『アーデン城の宝物』 E・ネズビット
『ドリトル先生物語』 ヒュー・ロフティング
『もう一度 甘いささやきを』 ミシェル・マイルズ
『忘れえぬ面影』 ナディア・リー
『プライス家の人々』 ナディア・リー

フランスの小説

タイトル 作者
『死刑囚最後の日』 ヴィクトル・ユーゴー
『レ・ミゼラブル』 ヴィクトル・ユーゴー
『星の王子さま』 サン・テグジュペリ
『夜間飛行』 サン・テグジュペリ
『戦う操縦士』 サン・テグジュペリ
『失われた時を求めて1』 プルースト
『十五少年漂流記』 ジュール・ヴェルヌ
『八十日間世界一周』 ジュール・ヴェルヌ
『地底旅行』 ジュール・ヴェルヌ
『シェリ』 コレット
『青い麦』 コレット
『肉体の悪魔』 ラディケ
『ドルジェル伯の舞踏会』 ラディケ
『カルメン/タマンゴ』 メリメ
『カンディード』 ヴォルテール
『狭き門』 アンドレ・ジッド
『三つの物語』 フローベール
『感情教育(上)』 フローベール
『赤と黒(上)』 スタンダール
『マノン・レスコー』 プレヴォ
『オペラ座の怪人』 ガストン・ルルー
『未来のイブ』 ヴィリエ・ド・リラダン
『ロレンザッチョ』 ミュッセ
『千霊一霊物語』 アレクサンドル・デュマ
『女の一生』 モーパッサン
『宝石/遺産~モーパッサン傑作選~』 モーパッサン
『椿姫』 デュマ・フィス
『グランド・ブルテーシュ奇譚』 バルザック
『ラ・ボエーム』 アンリ・ミュルジェー
『クレーヴの奥方』 ラファイエット
『にんじん』 ルナール
『赤い橋の殺人』バ ルバラ
『ポールとヴィルジニー』 ベルナルダン・ド・サン=ピエール
『アドルフ』 コンスタン

ドイツの小説

タイトル 作者
『デーミアン』 ヘルマン・ヘッセ
『車輪の下で』 ヘルマン・ヘッセ
『ペーター・カーメンツィント』 ヘルマン・ヘッセ
『変身』 フランツ・カフカ
『ヴェネチアに死す』 トーマス・マン
『トニオ・クレーガー』 トーマス・マン
『だまされた女/すげかえられた首』 トーマス・マン
『詐欺師フェーリクス・クルルの告白(上)』 トーマス・マン
『黄金の壺/マドモワゼル・ド・スキュデリ』 ホフマン
『くるみ割り人形とねずみの王さま/ブランビラ王女』 ホフマン
『寄宿生テルレスの混乱』 ムージル
『水の精』 フーケ
『チャンドス卿の手紙/アンドレアス』 ホーフマンスタール
『ゲーテファウスト現代語翻訳版』 ゲーテ
『ツァラトゥストラ(上)』 ニーチェ

ロシアの小説

 

タイトル 作者
『賭博者』 ドストエフスキー
『罪と罰1』 ドストエフスキー
『カラマーゾフの兄弟1』 ドストエフスキー
『白痴1』 ドストエフスキー
『悪霊1』 ドストエフスキー
『地下室の手記』 ドストエフスキー
『白夜/おかしな人間の夢』 ドストエフスキー
『貧しき人々』 ドストエフスキー
『死の家の記録』 ドストエフスキー
『鼻/外套/査察官』 ゴーゴリ
『大尉の娘』 プーシキン
『アンナ・カレーニナ1』 トルストイ
『イワン・イリイチの死/クロイツェル・ソナタ』 トルストイ
『コサック』 トルストイ
『二十六人の男と一人の女~ゴーリキー傑作選~』 ゴーリキー
『われら』 ザミーチン
『初恋』 ツルゲーネフ

ギリシャの小説

タイトル 作者
『人生の短さについて 他2篇』 セネカ
『ソクラテスの弁明』 プラトン
『メノン』 プラトン
『プロタゴラス~あるソフィストとの対話』 プラトン
『詩学』 アリストテレス
『オイディプス王』 ソポクレス

アジアの小説

タイトル 作者
『現代華文推理系列』 御手洗熊猫, 水天一色他
『ウイグルの民話 動物譚』 ムカイダイス
『航海しながらの船造り』 S・D・ダルモノ
『スリランカ シンハラ民話』 日下 大器, 日下 淑子他
『窓を開けて目を閉じる』 グエン・ゴック・トゥアン
『グレイ・ロード-済州島留学物語-』 T.Akito

スペイン・イタリア・中国などの小説

タイトル 作者
『ルベン・ダリオ物語全集』 ルベン・ダリオ
『月を見つけたチャウラ~ピランデッロ短篇集』 ピランデッロ
『こどものダンテ 神曲物語』 ダンテ
『故郷/阿Q正伝』 魯迅
『酒楼にて/非攻』 魯迅
『狐狸縁全伝』 』酔月山人

以上、Kindle読み放題で聞ける小説一覧を紹介しました。

基本的には、日本の現代文学&海外古典文学が豊富ですね。

作品は常に入れ替わるので、最新の情報は「KindleUnlimited」で確認してみてください。

こちらもどうぞ▽

あわせて読みたい
Kindle読書はスマホで十分!Kindle歴5年の僕がメリットとデメリットを紹介!