小説を書くためのアプリまとめ!縦書き&プロット作成まで実際の使い心地を解説!

小説をスマホで書きたいけど、使いやすいアプリはないかなぁ

ここでは、小説を書くためのスマホアプリ3つを紹介します!

シンプル・多機能・プロット作成など、それぞれ用途が違うジャンルで厳選しました。

あなたに合ったアプリを使って、執筆活動を効率化しましょう!

小説を書くための厳選アプリ3つ!

・「TatePad」シンプルな縦書きエディタ!

縦書きエディタ「TatePad」

縦書きエディタ「TatePad」
開発元:DRIP PRODUCTS LIMITED LIABILITY CO.
無料
posted withアプリーチ

「TatePad」は小説を書くための最もシンプルなアプリです。

すらすらと打っていくことができ、煩わしい操作などは一切ありません。

ひたすら書くことに集中したい人におすすめのアプリです。

▽画像は横にスクロールできます▽

【アプリの特徴】

  • 縦で書きたい人のための縦書きエディタ
  • 思ったときにすぐ書けるシンプルな操作性
  • PDF作成機能付き(用紙サイズ、段組変更可)
  • ローカルバックアップ機能付き(誤消去の復元可能)

こんな方におすすめ

  • 書くことに特化したアプリを探している人
  • 書くことに集中できるシンプルさを求めている人

・「TATEditor」多機能なテキストエディタ!

TATEditor - 縦書きエディタ

TATEditor - 縦書きエディタ
開発元:Ryo Nonaka
無料
posted withアプリーチ

「TATEditor」は、痒いところに手が届く、多機能なテキストエディタです。

プロットを作りながら小説を書きたい人のために、メモやプロジェクトに分けてテキストを管理することが出来ます。

ルビや傍点も簡単に付けられ、文字間の移動もスムーズなタップ機能もあります。

▽画像は横にスクロールできます▽

【アプリの特徴】

  • 傍点・ルビ・範囲選択などの多機能性
  • 印刷レイアウトの確認可能
  • どの画面からでも開けるメモ機能
  • 編集中テキストの自動バックアップ
  • 「一つ戻る」「一つ進む」機能

こんな方におすすめ

  • シンプルよりも多機能を求めている人
  • メモと本文を分けて書きたい人

・「ストーリープロッター」一番簡単なプロット作成法!

ストーリープロッター - ネタ から プロット を-

ストーリープロッター - ネタ から プロット を-
開発元:Hajime Hata
無料
posted withアプリーチ

「ストーリープロッター」は、誰でも簡単にプロットを作ることができるアプリです。

テンプレートに沿って、ストーリーに必要な要素を埋めていくことがで、小説の筋ができ上がります。

ラノベや大衆文学はもちろん、純文学を書くときにも有効活用できるでしょう。

▽画像は横にスクロールできます▽

【アプリの特徴】

  • プロット作成機能
  • ネタ帳機能
  • 世界観・キャラ・テーマなどの雛形
  • 脚本づくりの参考書5冊のエッセンスを元にしたテンプレ

こんな方におすすめ

  • プロットをもとに小説を書いてみたい人
  • 小説のネタ帳を探している人

組み合わせて使うのがおすすめ!

個人的には、「ストーリープロッター」とテキストエディタを組み合わせて使うのがおすすめです。

まず大まかなプロットを作成し、内容はテキストエディタでがんがん書いていくのが良いでしょう。

テキストエディタは、

  • シンプルなら「TatePad」
  • 多機能なら「TATEditor」

と、あなたに合った方を選んで下さい。

どちらもバックアップ機能があるので、途中で消えたりする心配がないところも魅力的です。

以上、「小説を書くアプリを知りたい」という人へ向けた、小説を書くためのアプリまとめでした!

パソコンでおすすめの小説エディタはこちらからどうぞ▽

パソコンで小説を書くためのおすすめ縦書きソフトまとめ!【Windows】

続きを見る

© 2020 あらら本店