文学雑記

一生のうちに読める本の冊数は何冊?読書ペース毎まとめ!【少なくても問題なし】

一生のうちに読める本の冊数

人は一生のうちに何冊本を読めるのでしょうか?

結論から言うと、一生のうちに読める本の冊数はかなり多いです。

以下は、読書ペース毎に分けた生涯読書量の表です。

読書ペース 生涯冊数 年間冊数
1年に0冊 0冊 0冊
1年に1冊 65冊 1冊
1ヶ月に1冊 780冊 12冊
1週間に1冊 3380冊 52冊
3日に1冊 7930冊 122冊
2日に1冊 11895冊 183冊
1日に1冊 23725冊 365冊

※15歳〜80歳までの65年間計算

1ヶ月に1冊で780冊の読書量。一方で、毎日1冊読み続けると、2万3700冊ほどになります。

1ヶ月に1冊読んでも780冊しか読めないのか・・・

そう思った方もいるかもしれませんね。

1ヶ月に1冊でも十分

小助
読書ブロガーである僕は、これまでに2000冊以上の本を読んできました

しかし、これまでの経験で言えることは、読書は量より質だということ。

多くの本を読むことが良いというわけではありません。

具体的には、「1ヶ月に1冊=780冊」でも十分だと考えています。

読むべき本はそれほど多くない

780冊でも良いと考える理由は、実は読むべき本がそれほど多くないからです。

たとえば、大の読書家であるビル・ゲイツ。

彼がおすすめする本は、日本語訳になっているもので100冊程度しかありません。

『暴力の人類史』や『コンテナ物語』、『銃・病原菌・鉄』など、世界的に評価の高い本が多く挙げられており、これらを読むだけで十分な読書人になれます。

そして、その全てを読んだとしても、あなたが生涯に読める本はまだ680冊も残されているのです。

あわせて読みたい
【全92冊】日本語訳があるビル・ゲイツのおすすめ本まとめ!【2022年まで】

小説でも同じ

小説が好きなら、世界的に有名な作家100名が選んだ「ノルウェー・ブック・クラブ:史上最高の小説ベスト100」でも同じことが言えます。

もっと少なくて良いなら、世界的な文豪であるサマセット・モームが選んだ「世界の十大小説」の10冊。

日本のエンタメ小説が好きなら、毎年出る本屋大賞受賞作を全て読んでも65冊。

毎年ある直木賞受賞作を全て読んでも130冊(65年間。1年に2冊の受賞で計算)です。

このように、優れた本だけを厳選すれば、「月に1冊=780冊」の読書ペースでも、十分に素敵で価値のある読書ライフを送ることができます。

もし、1週間に1冊も本を読むのなら、かなりの読書家になれることが分かりますよね。

一年で発刊される本が「約7万冊」という罠

この話になると、下のようなことを言う人がいます。

1年で発売される本の数は7万冊!一生かかっても読み切らない量の本が、一年で発売されているんだよ!
世界には1億5千万タイトルもの本があるんだよ!絶対読みきれないよね・・・

たしかにこれは事実で、読むべき本が日々増え続けているような錯覚に陥りそうになります。

ですが、これは数字の罠。そこには哲学書から盆栽の本まで、全ジャンルの本が入っています。

さらには、興味のあるジャンルだったとしても、面白くない本も含まれているので、全ての本を読む必要がないことは言うまでもありません。

どれだけ多くの本が発刊されていようとも、あなたにとって面白い本や、世の中で面白いと評判になるような本は、本当にごくごく僅かなのです。

本を厳選して、自分のペースで読書しよう

つまり、大事なのは自分が読みたい本を厳選すること。

そうすれば、「1ヶ月に1冊=年間12冊=生涯780冊」の読書量でも本当に十分です。

月に一冊しか読んでいなくても、全然焦る必要はありません。

なんだったら1年に1冊でも、あなたにとって質の高い本を読んでいるのであれば、全く問題ありません。

読書ペース 生涯冊数 年間冊数
1年に0冊 0冊 0冊
1年に1冊 65冊 1冊
1ヶ月に1冊 780冊 12冊
1週間に1冊 3380冊 52冊
3日に1冊 7930冊 122冊
2日に1冊 11895冊 183冊
1日に1冊 23725冊 365冊

もちろん、「それ以上読みたい!」という人はどんどん読んでください。

ですが、少なくても大丈夫。読書冊数は過度に気にしなくてOKなのです。

  1. 自分の読書量を知る
  2. 読みたい本・読むべき本を10冊〜100冊ほど決める
  3. 無理のないペースで読んでいく

このステップで読書計画を立てると、より良い読書ができます。

コツは無理をしないことと、途中で読みたい本が増えても大丈夫なように、少しだけ余裕を持たせることです。

読書量は分かったけど、読むべき本が分からない・・・

そんな人は、読みやすい定番の名作から読むのがおすすめです。

あわせて読みたい
読みやすい!おすすめの海外古典文学21選!【名作】
あわせて読みたい
近代日本文学おすすめ小説21選!

焦らずゆっくりと、自分のペースで読書を楽しんでくださいね。

それでもたくさん読みたい!

それでもたくさん本を読みたい!頑張って1日に10冊読んで、一生で10万冊読むよ!

そんな人は、図書館とKindle Unlimitedを使うことが必須です。

小助
1冊1000円の本でも、10万冊読めば1億円かかりますからね笑

多読をしたい人には、これらのサービスがおすすめ。

小助
もちろん僕は全て取り入れています
一番のおすすめはKindle Unlimitedですね。本をたくさん読みたい人に向いています。
読書サービス メリット
図書館 蔵書があれば古い本も読める
Kindle Unlimited どこでもたくさん本を読める
Audible(オーディブル) スキマ時間を有効活用して読書できる
flier(フライヤー) 話題のビジネス書が10分で読める

とにかく多くの本を読みたい人は、読書サービスを有効活用しましょう。

以上、一生に読める本の冊数まとめでした!