小説一冊の文字数はどれくらい?出版社別に調べてみました!

小説一冊の文字数ってどれくらい?

小説一冊の文字数は、「1ページの文字数×ページ数」で調べることができます。

とはいえ出版社ごとに文字数は違いますよね。

なのでここでは、出版社別に1ページあたりの文字数を調べてみました。

結論からいうと、各出版社ごとの文字数は以下のようになります。

1ページあたりの文字数

  • 新潮文庫:608~663文字
  • 角川文庫:646~720文字
  • 文春文庫:555~742文字
  • 講談社文庫:576~738文字

平均すると650文字くらい。

なので、たとえば100ページの本なら「6万5000文字」という計算になりますね。

ちなみに単行本は文字組の自由度が高いので、文字数には本ごとに大きな差が出ます。

そのため今回の調査では、各出版社の「文庫本のみ」を対象にしました。

以下は出版社別の文字数データです。

小説一冊の文字数:出版社別

・新潮文庫

多くの新潮文庫が、

16行(横)×38字(縦)=608文字

というレイアウトでした。

これは他社にはない統一感で、新潮文庫ならだいたい同じ文字数だと考えておけばよいでしょう。

長編小説になると「17行×39字=663文字」という小説もみられます。

▼参考にした書籍。

『ひとにぎりの未来』星新一
昭和55年 16行×38字=608文字
『友情』武者小路実篤
平成15年 16行×38字=608文字
『海辺のカフカ』村上春樹
平成17年 16行×38字=608文字
『向日葵の咲かない夏』道尾秀介
平成20年 17行×39字=663文字
『蜘蛛の糸・杜子春』芥川龍之介
平成22年 16行×38字=608文字
『窓の魚』西加奈子
平成23年 16行×38字=608文字
『メタモルフォシス』羽田圭介
平成27年 16行×38字=608文字
『豆の上で眠る』湊かなえ
平成29年 16行×38字=608文字
 『宰相A』田中慎也
平成29年 16行×38字=608文字
『この世の春』宮部みゆき
令和元年 16行×38字=608文字

・角川文庫

角川文庫は、

17行~18行(横)× 38字~40字(縦)=646~720文字

というレイアウトがみられました。

全体的に文字数は多めですね。

▼参考にした書籍。

『こころ』夏目漱石
平成16年 17行×40字=680文字
『この闇と光』服部まゆみ
平成26年 17行×38字=646文字
『空想オルガン』初野晴
平成27年 17行×40字=680文字
『聖家族のランチ』林真理子
平成29年 18行×40字=720文字
『 鹿の王』上橋菜穂子
平成29年 17行×38字=646文字
『ラプラスの魔女』東野圭吾
平成30年 18行×39字=702文字
『うちの執事が言うことには』高里椎奈
平成31年 17行×38字=646文字
『犯罪小説集』吉田修一
令和元年 18行×39字=702文字
『凶犬の眼』柚月裕子
令和2年 17行×39字=663文字

・文春文庫

文春文庫のレイアウトは、

15~19行(横)× 37~39字(縦)=555~742文字

でした。

作品によって、文字量が大きく変わってくることが分かります。

▼参考にした書籍。

『秘密』東野圭吾
2001年 18行×39字=702文字
『きれぎれ』町田康
2004年 15行×37字=555文字
『カラフル』森絵都
2007年 15行×39字=585文字
『まほろ駅前多田便利軒』三浦しをん
2009年 18行×39字=702文字
『カイシャデイズ』山本幸久
2011年 19行×39字=741文字
『横道世之介』吉田修一
2012年 18行×39字=702文字
『こいわすれ』畠中恵
2014年 17行×39字=663文字
『羊と鋼の森』宮下奈都
2018年 17行×39字=663文字
『コンビニ人間』村田紗耶香
2018年 16行×37字=592文字
『サロメ』原田マハ
2020年 18行×39字=702文字

・講談社文庫

講談社文庫では、

16~18行(横)×36~41字(縦)=576~738文字

というレイアウトが見られました。

近年になるにつれて、文字数は減っている傾向にあるような気もします。

▼参考にした書籍。

『封印再度』森博嗣
2000年 18行×41字=738文字
『マークスの山』高村薫
2003年 17行×41字=697文字
『赤い指』東野圭吾
2009年 17行×38字=646文字
『言い寄る』田辺聖子
2010年 16行×36字=576文字
『待ってる』あさのあつこ
2012年 16行×37字=592文字
『探偵の探偵』松岡圭佑
2014年 16行×37字=592文字
『海の見える街』畑野智美
2015年 16行×38字=608文字
『罪の声』塩田武士
2019年 17行×38字=646文字
『地検のS』伊兼源太郎
2020年 16行×38字=608文字
『鷹の砦』麻見和史
2020年 17行×38字=608文字

もう一度小説の文字数をまとめておくと、

  • 新潮文庫:608~663文字 × ページ数
  • 角川文庫:646~720文字 × ページ数
  • 文春文庫:555~742文字 × ページ数
  • 講談社文庫:576~738文字 × ページ数

となります。

最小が555文字で、最大が742文字ですね。平均すると650文字くらいです。

この数値をもとにすれば、小説の文字数はだいたい分かります。

短編小説:50~100P=約3万2000~6万5000文字
中編小説:200P=約13万文字
長編小説:300~600P=約20万~40万文字

自分が読もうと思っている小説が何ページくらいかを考えると良いでしょう。

このデータの注意事項

ちなみにですが、ここで調べた文字数は、1ページにびっしり文字が詰まっていた場合で考えています。

実際は章の区切りの余白があったり、段落変えなどもあるので、文字数は少なくなるでしょう。

また、膨大な書籍の中から10冊程度をピックアップして調べただけなので、統計的には精度が弱いです。あくまでも参考程度に留めて置いて下さい。

ここに挙げていない出版社の文字数については、今後追加していく予定です。(2020年9月末には調査終了予定)

以上、小説一冊の文字数まとめでした

© 2020 あらら本店