太宰治『きりぎりす』の鳴き声は何を表すか?あらすじから解説まで

投稿日:

『きりぎりす』とは?

『きりぎりす』は、夫の変貌を嘆く妻の視点で描かれる太宰治の短編小説。女性語りが上手い太宰の隠れた名作です。

きりぎりすという虫を効果的に用いた物語になっています。

ここではそんな『きりぎりす』のあらすじ・解説・感想をまとめました。

この記事を読んで分かること

  • 『きりぎりす』のあらすじ・概要
  • ・解説1 きりぎりすの鳴き声が表すものとは?
  • ・解説2 『きりぎりす』の語り-二人の主人公-
  • 『きりぎりす』の感想 ~太宰の描く女性像~
  • まとめ・評価・関連記事



『きりぎりす』のあらすじ

お別れいたします。あなたは変わってしまったからです。

売れない絵描きだったあなたの方が好きでした。

今ではお金は入ってきますが、あなたはなんだか、きたないお心になってしまったようです。

但馬さんのおかげで世に出られたというのに、あの方の悪口なんかも言うようになって、私は恥ずかしい。

あなたが高くしていらっしゃるお鼻も、今に折れてしまうでしょう。

先日ラジオであなたの声が聞こえてきたとき、まるで他人の声のようでした。

その夜、私は早くに寝ました。背筋の下で、小さなきりぎりすが懸命に鳴いていました。

この世ではきっと、あなたが正しくて、私が間違っているのでしょうが、私にはどこが、どんなに間違っているのか、どうしても分かりません。

・『きりぎりす』の概要

主人公
物語の
仕掛け人
主な舞台 東京
時代背景 昭和・秋
作者 太宰治



-解説(考察)-

・きりぎりすの鳴き声が表すものとは?

きりぎりすは、その鳴き声の侘しさや秋の雰囲気などから、

  • 孤独

を表す役割として文学的に用いられることが多い虫です。

たとえば芥川の『羅生門』には、

ただ、所々丹塗にぬりげた、大きな円柱まるばしらに、蟋蟀きりぎりすが一匹とまっている。
(中略)
丹塗にぬりの柱にとまっていた蟋蟀きりぎりすも、もうどこかへ行ってしまった。

芥川龍之介『羅生門』

ときりぎりすを描写することで、羅所門の下で雨宿りをしている下人の孤独や寂寥感を、大きな柱にぽつりと存在するきりぎりすに重ねて表現しています。

また、

きりぎりす 鳴くや霜夜の さむしろに 衣かたしき ひとりかも寝む
(きりぎりす鳴いている。霜が降りる寒々しい夜に、むしろ上に衣の片袖を敷いて、ひとりで寂しく寝るのだろうか)

後京極摂政前太政大臣

という短歌などでも、詠み手の嘆きをきりぎりすの寂しい鳴き声に合わせて表現しています。

もちろん太宰治の『きりぎりす』でも、きりぎりすは主人公の寂しさや孤独を表す象徴として描かれています。

なんだか私の背骨の中で小さいきりぎりすが鳴いているような気がするのでした。この小さい、幽かな声を一生忘れずに、背骨にしまって生きて行こうと思いました。

太宰治『きりぎりす』

寝ている主人公ときりぎりすの姿が重なる場面です。

また、きりぎりすの小さな声は、孤独な主人公の精一杯の声でもあります。

このように、きりぎりすは孤独や寂寥感を表す象徴です。

ですので太宰治の『きりぎりす』は、主人公の侘しい境遇を小さなきりぎりすを通して描いた作品だと言えるでしょう。



・『きりぎりす』の語り-二人の主人公-

『きりぎりす』の夫は人気が出てきたからといって、周りの人を悪く言ったり、横柄に振る舞ったり、大家のようなポーズを取ってみたりします。

この作品が面白いのは、そうした夫の姿が、その妻の視点から描かれていることです。

作者である太宰治は、『きりぎりす』について次のように語っています。

自戒の意味でこんな小説を書いてみた。(中略)私の心の中の俗物根性をいましめただけの事なのである。

これは多少、発表当初の『きりぎりす』が「某作家を攻撃したものだ」という噂があったことに対して、太宰が否定するコメントを書いたということもあると思います。

ですが、この言葉を素直に受け取るならば、太宰は主人公の夫に、未来の自分の姿を重ねて描いたということになるでしょう。

そのような「なってはいけない自分」と、そんな自分を視る他者の目をメタ的に描く太宰の態度からは、常に他者の目を意識していた彼の様子がうかがえます。

『きりぎりす』は女性が主人公の小説ですが、そのような女性の目を通して、夫である男性の姿も浮かび上がってくる構造になっています。

このような語りの構造は、織田作之助の『天衣無縫』などでもみられます。このふたつの作品は似通っているところがあるので、気になる方は読んでみて下さい。

『天衣無縫』のあらすじ・解説・感想をサッと知りたいはこちら▽

織田作之助の『天衣無縫』ってどんな話?あらすじ・考察・感想まとめ

『天衣無縫』は、主人公の政子の視点を通して、夫の頼りなさが語られる物語です。しかしそんな夫もただ頼りないだけではありません。ここでは物語のあらすじ・考察・感想をまとめ、「天衣無縫」の意味や織田作之助のと作品との関連も解説します。

続きを見る



-感想-

・太宰の描く女性像

太宰が好んで描く女性像は、清くさとく心が美しい人が多い気がします。

処女崇拝というのでしょうか。女性の汚れていない真っ直ぐな心みたいなものを信じて、取り出して、それを太宰の中で創りあげているような。

特に、『ヴィヨンの妻』のさっちゃん、『葉桜と魔笛』の妹、『人間失格』のヨシ子のような女性はその傾向が強い気がします。

これが太宰の理想像なのか、それとも実際に女性という存在をこのように捉えていたのか、それは分かりません。

『きりぎりす』の主人公もそのような気質はありますが、細かく言えば彼女たちよりも少し気が強いかもしれません。

たとえば『斜陽』のかず子や、『女生徒』の主人公のような人物です。

こうしてみると、太宰の描く女性はほんとうにたくさんいることが分かります。

男の主人公はたいがい同じような(太宰自身を思わせる)気質で描かれますが、女性には多様性がみられます。

太宰の女性語り小説は面白いものが多いので、気になった方はぜひ読んでみて下さい。

ここでおすすめの女性語り小説を紹介しています▽

サムネイル
太宰治「女性が語り手の小説」5選!

『人間失格』で有名な太宰治ですが、実は女性を語り手にした作品の名手でもあります。ここではそんな太宰の「女性が語り手の小説」だけを集めて、おすすめの作品を5つ紹介していきます。太宰が描く魅力的な女性たちにぜひ触れてみてください。それではみていきましょう。

続きを見る

サムネイル
太宰治のおすすめ小説9選!前期・中期・後期それぞれベスト3をピックアップ!

太宰治のおすすめ小説はこれで決まり!太宰の活動時期を前期・中期・後期に分け、それぞれの時期でベスト3を選出しました。全9作品のなかからお好みの作品を見つけてみてください。それではみていきましょう。

続きを見る



-評価-

きりぎりすの描写

『きりぎりす』のひとことまとめ

  • 夫の変化が妻の視点を通して描かれる物語。

・作品情報

  • 『きりぎりす』(『太宰治全集4』筑摩書房)
  • 著者:太宰治
  • 発行者:山野浩一
  • 発行所:筑摩書房
  • 印刷所:三松堂井印刷株式会社
  • 製本所:三松堂井印刷株式会社

あらら本店ロゴ
▽こちらの記事もおすすめ

サムネイル
太宰治『斜陽』のテーマは何?あらすじ&解説・感想までをまとめました

太宰治の『斜陽』は、元貴族の一家が没落する美しくも儚い最期の様子を描いています。しかし、この物語は「没落」していくだけの話ではありません。彼女たちの没落を描く一方で、同時に恋という革命が「勃興」する様子も描かれています。ここでは、そうした『斜陽』のあらすじ・考察・感想までをまとめました。それではみていきましょう。

続きを見る

サムネイル
『女生徒』は文体と物語の構造が面白い!少女の鋭い感情を徹底解説!

ある少女が目覚めてから眠りにつくまでの一日を描いたのが『女生徒』です。主人公の少女の感情や大人への抵抗が、告白するような文体で書かれています。ここではあらすじから物語を読むポイントまでを解説します。

続きを見る

サムネイル
太宰治『ヴィヨンの妻』のヴィヨンって誰?解説・感想・あらすじを一挙公開!

『ヴィヨンの妻』は、戦時中に太宰治が疎開先で書いた短編小説です。若い妻の苦悩や生き方が描かれていく物語です。ここでは『ヴィヨンの妻』のあらすじ・考察・感想までをまとめ、詩人ヴィヨンと太宰の関係についても解説します。

続きを見る

2019/11/17

【読みやすさ重視】近代日本文学おすすめ小説21選【純文学】

この記事では純文学のおすすめ小説21選を紹介しています。読書で大事なことは「一つの作品を読み切る」こと。ですのでここでは読みやすさを重視しつつ、長い年月のなかで高い評価を得てきた純文学作品でおすすめのラインナップを組みました。

ReadMore

2019/11/16

『ニムロッド』の解説・感想まとめ!価値を通して描かれる人間存在

この記事では『ニムロッド』のあらすじ・内容解説・感想までをまとめた。良く出来た作品という印象だ。「塔」という分かりやすいシンボルを軸とした社会構造や、仕事、恋愛、友情、夢、SFまで、『ニムロッド』には小説を楽しむ要素が詰めこまれている。

ReadMore

2019/11/14

宇佐見りん『かか』の感想!内容&評価と見どころまとめ

この記事では『かか』の簡単なあらすじ・感想・評価をまとめている。『かか』は20歳の若さで第56回文藝賞を受賞した宇佐見りんさんの作品。方言と口語が混じる特有の文体と、様々な人間の「痛み」が見どころだ。

ReadMore

2019/11/13

尾崎一雄『暢気眼鏡』のあらすじ・感想!芥川賞初の短編集受賞作!

この記事では『暢気眼鏡』のあらすじ・みどころ解説・感想までをまとめました。『暢気眼鏡』は第五回芥川賞を受賞した尾崎一雄の小説。お金もなく職もない「私」と、その妻の芳枝。貧しくも暢気な二人の日常が描かれていく。

ReadMore

2019/11/12

冨澤有爲男『地中海』のあらすじと感想!第四回芥川賞受賞作

この記事では冨澤有爲男『地中海』のあらすじ・解説・感想までをまとめた。第四回芥川賞を受賞した本作は、パリに住む画家学生の主人公と、人妻である桂夫人の許されざる恋を描いた物語になっている。

ReadMore

2019/11/10

石川淳『普賢』あらすじ・解説・感想まとめ!二人のヒロインと饒舌な文体

この記事では『普賢』のあらすじ・解説・感想をまとめています。第四回芥川賞を受賞した石川淳の小説。饒舌体と呼ばれる怒濤の文体で、主人公と関わる人々や身の回りに起こる出来事が語られていく。

ReadMore

2019/11/8

小説『共喰い』のあらすじ・解説・感想!内容よりも構成で読まれるべき作品

この記事では小説『共喰い』のあらすじ・見どころ解説・感想をまとめた。田中慎弥さんの第146回芥川賞受賞作。川辺という海に近い小さな町で繰り広げられる、性の欲望をめぐる物語が構成的に描かれる。

ReadMore

2019/11/6

川上未映子『乳と卵』の感想と見どころ解説!豊胸手術と月経の苦悶

この記事では『乳と卵』のあらすじ・解説・感想をまとめた。この物語は「乳」の問題に悩む母親の巻子と、「卵」の問題に悩む娘の緑子の様子が、川上未映子さん特有の大阪弁口語調で描かれている。第138回芥川賞受賞作でもあり、『夏物語』の下敷きとなっている作品でもある。

ReadMore

Copyright© あらら本店 , 2019 All Rights Reserved.