源氏物語

源氏物語「澪標」あらすじ&感想!3つの死と3つの生が描かれる「澪標」を図解付きで解説!

2022年4月20日

『源氏物語』第14帖「澪標」のあらすじ

光源氏:28歳冬〜29歳冬

天皇の代替わりにともなって源氏一行に訪れる春

光源氏が明石から帰ってきて2ヶ月が経った頃、藤壺と故桐壺帝の息子(本当は光源氏との子)である冷泉帝が即位します。

源氏一行も昇進し、須磨での辛い日々が嘘だったかのように、華々しい毎日を送るようになります。

女性を住まわす二条東院の建築

光源氏は内大臣となり、位も高くなったので、これまでのように浮気な遊びもできません。

とはいえ花散里や五節など、放おっておけない女性たちもいるので、源氏は彼女たちをまとめて住まわそうと、二条東院の建築を急がせます。

また、明石の君が無事に女の子を出産する一方で、六条御息所は亡くなり、源氏をめぐる女性たちの様々な人生が描かれます。

冷泉帝の後宮をめぐるそれぞれの入内

六条御息所は遺言として、娘の斎宮の保護を光源氏に託しました。

美しい彼女に惹かれる源氏ですが、思案の末、新天皇である冷泉帝の後宮に入内させることを、藤壺と一緒に決断します。

冷泉帝の後宮には、権中納言(元・頭中将)の娘である弘徽殿女御や、兵部卿宮(紫の上の父親)の娘である中の君などが入内し始めていて、新たな勢力闘争の予感を残しつつ、「澪標」巻は幕を閉じます。

『源氏物語』「澪標」の恋愛パターン

光源氏―明石の君

  • 光源氏:参詣した住吉で偶然に明石の君と再開し、旧情を思い出す
  • 明石の君:鉢合わせた源氏一行の華々しい姿に身分の差を実感する

『源氏物語』「澪標」の感想&面白ポイント

新天皇・冷泉帝と光源氏たちの昇進

「澪標」巻では、朱雀帝の御代が終わり、冷泉帝が新天皇となります。

冷泉帝は藤壺と桐壺帝の息子(実際は光源氏と藤壺が密通してできた子)で、表向きは光源氏と異母兄弟。

しかも光源氏は、桐壺帝が亡くなり藤壺が出家すると、冷泉帝の後見人となっています。

そんな彼が新天皇となったので、光源氏たちも昇進し、光源氏は内大臣となります。
小助
内大臣は右大臣・左大臣のひとつ下の位で、全体の官位からするとほぼトップです。

須磨行きをピークに不遇な時代を迎えていた光源氏たちに、ようやく栄華が戻ってきた様子が描かれます。

女性を住まわせるお屋敷(二条東院)の建設を急ぐ

位が高くなり夜遊びを慎むようになったためか、以前のようなプレイボーイ源氏の姿は薄れていきます。

ただその代わり、かつて関係のあった女性たちのことを思い、「二条東院」の建築を急ぐんですね。

二条東院とは、花散里や末摘花、明石の君などをまとめて住まわせるための建物で、要するに光源氏の後宮(ハーレム)です。

さすが光源氏というか、スケールの大きさに笑ってしまうような場面です。

六条御息所の死去〜3人の死と3人の生〜

六条御息所は光源氏の最も古いガールフレンドの一人で、葵上に怨霊として取り憑いたことで有名な人物です。

関連記事:葵上ってどんな人?六条御息所との関係から車事件まで!

そんな彼女が伊勢から京へ戻ってくるのですが、どうも体調が思わしくありません。

光源氏がお見舞いに行くと、「私は長くないから娘を頼みます」と遺言し、7日ほどで亡くなるんですね。

小助
葵上とは対象的に、六条御息所はあまりにもあっさりと亡くなり、人生の儚さを感じる場面になっています。
ちなみに光源氏と関係して亡くなった女性は、夕顔、葵上、六条御息所とこれで3人目です。

この巻では、光源氏にとって3人目の子どもを明石の君が出産するので、生と死が対比的に描かれていることが分かります。

死別 出生
夕顔 藤壺との子・冷泉帝
葵上 葵上との子・夕霧
六条御息所 明石の君との子・明石の姫君

そんな六条御息所が光源氏に託したのは、斎宮の娘でした。

斎宮は美しく光源氏は心を惹かれますが、六条御息所の遺言もあるのでなんとか踏みとどまります。

そうして思案の末、冷泉帝の後宮に入内させることを藤壺と決めるのです。

冷泉帝の後宮をめぐる入内と「3」のキーワード

ここまで光源氏の想いを主軸とした恋愛が描かれてきましたが、「澪標」巻では客観的で政治的な入内が強調されて描かれています。

というのも、「澪標」巻で冷泉帝の後宮への入内が描かれるのは斎宮だけでありません。

以下の3人が入内をほのめかす、あるいはすでに入内しています。

  • 権中納言(頭中将)の娘:弘徽殿女御
  • 兵部卿宮の娘:中の君
  • 六条御息所の娘:斎宮

文字だけでは人物関係の説明が難しいので、図で整理しておきました。

天皇の后となるのが娘たちの最終目標なので、周りの人々もそれに合わせて動くわけですね。

 

ちなみにですが、「澪標」巻で光源氏は3人目の子どもができ、六条御息所の死は3人目、ここで入内が描かれる人物も3人です。この「3」というキーワードは、桐壺から見て3代目(孫)である冷泉帝の即位にも繋がっているように感じます。

 

桐壺の父親である按察使大納言の遺言を思い出してみても、桐壷の一族を繁栄させるという願いは、ここにひとまずの成就を見せました。

▽桐壺更衣の父親の遺言

「この人の宮仕への本意、かならず遂げさせたてまつれ。我亡くなりぬとて、口惜しう思ひくづほるな(「娘を宮仕えにしたのは一族の繁栄のためであるから、必ず成し遂げよ。わたしが死んだとしても、志を捨ててはならんぞ」)」

『源氏物語「桐壺」』

このように、冷泉帝を中心とした新たなストーリ、新たな勢力争いの予感をにじませつつ、「澪標」巻は幕を閉じます。

話としては正直パッとしませんが、これまでの話を一段落させて、これからのストーリーの方向性を定めるためのポイントとなる、まさに澪標(船の航路を示すために立てる杭)のタイトルにふさわしい内容でした。

次は「蓬生」巻です。

「澪標」巻の登場人物

光源氏

28歳。京に帰ってからは父・桐壺帝の法華八講を催す。

須磨から京へ返り咲き、栄華の道を歩み直し始める。

明石の君

光源氏との子(明石の姫君)を出産する。

住吉大社に詣でたところ光源氏と偶然の再会を果たすが、その華々しい姿を見て身分の差を痛感する。

朱雀帝

弘徽殿大后の反対を押し切り、この巻で退位する。

朧月夜のことを強く想う。

冷泉帝

藤壺と桐壷帝の息子(実は光源氏と藤壺の子)が新天皇として即位する。

彼の後宮をめぐって、新しい世代の勢力争いが予感される。

権中納言(頭中将)

中納言まで位が上がる。

娘の弘徽殿女御(朱雀帝の母親ではない)を、冷泉帝の後宮に入内させる。

紫の上

明石の君と光源氏の仲を嫉妬する。

花散里

帰京後も光源氏に想われている数少ない女性のうちの一人。

五月雨の頃に光源氏と逢っている様子が描かれる。

藤壺

冷泉帝(息子)が即位したことで、准太上天皇となる。

光源氏と計画して、六条御息所の娘を冷泉帝の後宮に入内させる。

六条御息所

伊勢から帰郷するも、ほどなく逝去する。

光源氏に対して、「娘の斎宮を色恋から遠ざけながら見守ってほしい」と遺言する。

斎宮

六条御息所の娘で大変美しい。

光源氏と藤壺の計らいによって、冷泉帝の後宮に入内する予定。

オーディブルで『源氏物語』全54巻が聞ける!

オーディブルでは、『源氏物語』全54巻が「聴き放題対象作品」です。

2022年1月から、オーディブルは定額(1500円/月)で聴き放題サービスを始めました。

小助
夏目漱石から村上春樹まで、スキマ時間に聴けちゃいます。読むのは辛いという人でも、オーディブルなら楽に聞けるのでおすすめ!

1ヶ月目は無料なので、

オーディブルって自分に合うかなぁ?

と考えている人も、ぜひ気軽に試してみてください。

小助
もちろん無料期間中の解約もOK!

読むのが大変な『源氏物語』も、オーディブル(Audible)で楽に聞いてみませんか?

オーディブルを試す